ルイ1世 (モンパンシエ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ルイ1世・ド・ブルボン
Louis Ier de Bourbon
モンパンシエ伯
Blason comte fr Montpensier (Bourbon).svg
ブルボン=モンパンシエ家の紋章
出生 1405年
死去 1486年
配偶者 ジャンヌ1世・ドーヴェルニュ
  ガブリエル・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュ
子女 ジルベール
ジャン
ガブリエル
シャルロット
父親 ブルボン公ジャン1世
母親 マリー・ド・ベリー
テンプレートを表示
1428年以前の紋章

ルイ1世・ド・ブルボンLouis Ier de Bourbon, comte de Montpensier, 1405年 - 1486年)は、フランス王家傍系ブルボン家の公子。モンパンシエ伯。最初の結婚によりオーヴェルニュのドーファンならびにクレルモン=アン=オーヴェルニュ伯、サンセール伯となった。第1ブルボン=モンパンシエ家の始祖にあたる。「善良なルイ(Louis le bon)」と呼ばれた。

生涯[編集]

ブルボン公ジャン1世とその妻のオーヴェルニュ女公マリー・ド・ベリーの間の三男として生まれた。1428年、オーヴェルニュのドーフィヌ・ジャンヌ1世フランス語版と最初の結婚をした。1436年にジャンヌが死んだ後も、ルイは結婚によって帯びた称号を保持した[1]。ルイの父方の祖母アンヌがジャンヌの同族の伯母であり、このためルイはオーヴェルニュ・ドーファン家の血を引いてもいた。

1442年、オーヴェルニュ伯ベルトラン5世フランス語版の娘ガブリエルと再婚し、間に4人の子女をもうけた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Biographical Dictionary, Vol 4, p. 234.

参考文献[編集]

  • The Biographical Dictionary, Vol 4, (Longman, Brown and Green: London, 1844)

関連項目[編集]

先代:
ジャンヌ1世
オーヴェルニュのドーファン
1428年 - 1486年
1436年までジャンヌ1世と共治
次代:
ジルベール
先代:
マリー・ド・ベリー
モンパンシエ伯
1434年 - 1486年
次代:
ジルベール