アンヌ・ドーヴェルニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンヌ・ドーヴェルニュ
Anne Dauphine d'Auvergne
フォレ女伯
Louis II, Duke of Bourbon zena.jpg
ブルボン公ルイ2世と妻のアンヌ
称号 ブルボン公妃
出生 1358年
死去 1417年9月22日
配偶者 ブルボン公ルイ2世
子女 カトリーヌ
ジャン1世
イザベル
ルイ
父親 オーヴェルニュのドーファン・ベロー2世フランス語版
母親 ジャンヌ・ダルボン
テンプレートを表示

アンヌ・ドーフィヌ・ドーヴェルニュAnne Dauphine d'Auvergne, 1358年 - 1417年9月22日)は、フランスの貴族女性。フォレ女伯およびブルボン公爵夫人。ブルボン公ルイ2世の妻。

生涯[編集]

オーヴェルニュのドーファン・ベロー2世フランス語版と、その最初の妻でアルボン家ドイツ語版出身のジャンヌ・ダルボン(1337年 - 1369年)の間の一人娘として生まれた。1371年、従叔父にあたるブルボン公ルイ2世と結婚した[1]。1372年、母方の叔父のフォレ伯ジャン2世が死ぬと、フォレ伯領を継承した。ただし、アンヌはまだ未成年だったため、母方の祖母ジャンヌ・ド・ブルボン(1312年 - 1402年、ブルボン公ルイ1世の娘)が1382年まで伯領の統治を代行した。

子女[編集]

ルイ2世との間に2男2女の計4人の子女をもうけた。

  • カトリーヌ(1378年 - ?) - 夭逝
  • ジャン1世(1381年 - 1434年) - ブルボン公
  • イザベル(1384年 - 1451年以降)
  • ルイ(1388年 - 1404年) - ボジョレー領主

脚注[編集]

  1. ^ Miroslav Marek (2003年10月15日). “Duc Louis II de Bourbon,(capet22:C1)”. genealogy.euweb.. 2012年10月18日閲覧。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、Anne Dauphine d'Auvergneに関するメディアがあります。