マリア崇拝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マリア崇拝(マリアすうはい、Mariolatry、Marianismo)とは、聖母マリアを崇拝する宗教的行為。キリスト教では禁じられている。

これは、カトリック教会でもマリア崇敬とは区別し、禁じている[1]。しかし、一部のプロテスタント教派は、カトリック教会におけるマリア崇敬を「崇拝」していると捉え、批判している。[2][3][4][5]

「マリア崇拝」(Mariolatry)の用語[編集]

18世紀及び19世紀において、様々なプロテスタント教派が「マリア崇拝」(Mariolatry[6])という用語を使い始めた。この用語はカトリック教会におけるマリア崇敬、聖公会のアングロ-カトリック主義、そして東方正教会における聖母マリアへの信心業の実践について言及したものである。この用語を使用するプロテスタント各教派の見解によると、マリアに対して極端に注意を払うことは、神に対する崇拝から道を逸っているばかりでなく、実際に偶像崇拝に接触するものだとしている[7][8]。 この傾向は、時と共に様々な方向に向かっていき、その間に一部のプロテスタント教派は、マリアに注意に対する彼らの態度を時々和らげ、その他の教派は、21世紀において、マリアへの態度について、ますます反対の立場を強めていった。その例として、2006年5月のイギリスにおける「ウォルシンガムの聖母」の祝典の間、聖公会とカトリック教会は、「聖母行列」を行ったが、これにプロテスタントは、「カトリック教会は、偶像崇拝とマリア崇拝(Mariolatry)」と書かれた看板を持ち、野次を飛ばした[9][10][11]

カトリック教会[編集]

ローマ教皇を最高指導者とするカトリック教会は、以下のように分類し、三位一体の神に捧げられる礼拝(ラトレイアLatria 神礼拝)を、聖母マリアに対して捧げる事はマリア崇拝として禁じている。

  • hyperdulia 被造物の中で最も崇高なものとしての聖母マリアへの崇敬
  • dulia 聖人崇敬 
  • cultus civilis 長上への尊敬

フェミニズム[編集]

フェミニズムにおいては、女性の至高性の表現として肯定的に見られている[12]

脚注[編集]

  1. ^ ジョン A.ハードン『現代カトリック事典』エンデルレ書店
  2. ^ ジャン・カルヴァンキリスト教綱要改革派教会
  3. ^ チャールズ・ホッジ『カトリックとは何ぞや』聖書図書刊行会
  4. ^ H.M.カーソン著『夜明けか黄昏か-現代ローマ・カトリック-』聖書図書刊行会
  5. ^ 『プロテスタントとカトリックの団結ですか?』ICM出版
  6. ^ この語は、オックスフォード・リビング・ディクショナリーによると、「乙女マリアを偶像崇拝すること」となっていることから、ここでは「崇拝」と訳した。Oxford Living Dictionaries: Mariolatry
  7. ^ History of the Christian Church by Philip Schaff 1960 ISBN 0-8028-8049-5 pages 411 and 422
  8. ^ Keegan, Matthew C. (2011, April 27). Book Review: The Virgin Mary in the Light of the Word of God. WordJourney Magazine, Retrieved from http://www.wordjourney.com
  9. ^ The Everything Jesus Book: His Life, His Teachings by Jon Kennedy 2006 ISBN 1-59337-712-6 page 7
  10. ^ Walsingham in Literature and Culture from the Middle Ages to Modernity by Dominic Janes, Gary Fredric Waller 2010 ISBN 0-7546-6924-6 pages 12-13
  11. ^ 稲垣良典『カトリック入門』ちくま新書、第1刷、2016年10月10日。221頁。ISBN 978-4-480-06914-6
  12. ^ ジャネット・K. ボールズ『フェミニズム歴史事典』明石書店 ISBN 4750313254

関連項目[編集]