降架

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フランダースの犬』の最終回に登場したことでも有名なルーベンス作『十字架降架英語版』(アントワープ大聖堂
ルーベンス作 The Descent from the Cross (1617 – 1618)、(リール宮殿美術館

降架(こうか、: Deposition of Christ, Descent from the Cross: Ἀποκαθήλωσις, Apokathelosis)あるいは十字架降架(じゅうじかこうか)とは、磔刑により死んだイエス・キリスト十字架から降ろす場面を描いたキリスト教美術英語版の主題であり、1611 - 1614年ルーベンスの描いたアントワープ大聖堂英語版の祭壇画が有名[1]

ヨハネによる福音書[2]マルコによる福音書[3]ルカによる福音書[4]の3書[注 1]に基づきイエスの死体をアリマタヤのヨセフピラトに願って十字架から降ろした場面を指すが、ユダヤ教の習慣どおりにイエスの身体に香油を塗るために死体を横たえる場面を指すこともある[1]

変遷[編集]

初期の受難表現では「磔刑」の次はすぐ「復活」であるが、880 - 886年ビザンチン写本英語版グレゴリウス説教集英語版』の挿絵では、ヨセフとニコデモがイエスを降ろし聖母とヨハネがこれを見守る場面もある[1]980年頃に書かれた福音書のエグベルト写本では聖母は不在だが、中世末には聖母は不可欠の存在で、10世紀に描かれたカッパドキアのトカレ・カリッセではキリストの右手に接吻したり、1311年ドゥッチオの描いた祭壇画『マエスタ』ではキリストの死体を支えたりしている[1]1178年アンテラミ英語版の彫ったパルマ大聖堂の浮彫では、人数も増え梯子もかけられた[1]。気丈に立っていた聖母がのちには卒倒して、ヨハネやマグダラのマリアなどによって支えられる図像が現れるようになる[1]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ブリタニカ百科事典では、ヨハネによる福音書ではなくページ番号の明記なくマタイによる福音書となっている[1]。なお、マタイによる福音書でも27章58-59にイエスの死体を受け取る記述は有るものの[5]、十字架から降ろす記述は無い。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]