マッチング・モール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マッチング・モール
Matching Mole
出身地 イングランドの旗 イングランド
ケント州カンタベリー
ジャンル プログレッシブ・ロック
カンタベリー・ロック
活動期間 1971年 - 1972年1973年
レーベル CBS
共同作業者 ソフト・マシーン
ハットフィールド&ザ・ノース
801
旧メンバー ビル・マコーミック
ロバート・ワイアット
フィル・ミラー
デイヴ・シンクレア
デイヴ・マクレエ
フランシス・モンクマン
ゲイリー・ウィンド

マッチング・モールMatching Mole)はイギリスプログレッシブ・ロックバンド。 ロバート・ワイアットソフト・マシーン脱退後に結成した。

来歴[編集]

1971年:ロバート・ワイアット、デヴィッド・シンクレア、フィル・ミラー、ビル・マコーミックにより結成。

1972年:ワイアット、シンクレア、ミラー、マコーミックでファースト・アルバム『そっくりモグラ』録音。
     ワイアット、デイヴ・マクレエ、ミラー、マコーミックでセカンド『そっくりモグラの毛語録』録音。その後解散。

1973年:ワイアット、マコーミック、フランシス・モンクマン、ゲイリー・ウィンドによりマッチング・モール再結成を試みサードアルバム用のリハーサルを行うが、ワイアットがパーティーの席上で酔ったまま窓から転落、下半身不随となりドラマー生命を絶たれたため頓挫してしまう。その後ワイアットは周りのミュージシャン仲間の助けにより、シンガー/キーボード・プレイヤーとして再起を果たしている。

特徴[編集]

逸話・その他[編集]

マッチング・モール(そっくりモグラ)というバンド名は、ソフト・マシーン(Soft Machine)のフランス語読みであるマシーヌ・モル(Machine Molle)をもじったもの。

セカンドアルバムのプロデュースはキング・クリムゾンロバート・フリップが行っている。

1973年のマッチング・モール再結成の構想にはヘンリー・カウフレッド・フリスの名前も挙がっていて、フリスも乗り気であった。

2011年10月10日のNHK-FM「今日は一日プログレ三昧 再び」にデイヴ・シンクレアが出演した際、バンド名は「マッチング・モールではなくマシーン・モール」とコメントした。

メンバーと担当楽器[編集]

第1期 1971年12月~1972年3月[編集]

  • ロバート・ワイアット (Robert Wyatt) - drums/vocal/mellotron/piano
  • デヴィッド・シンクレア (David Sinclair) - organ/piano
  • フィル・ミラー (Phil Miller) - guitar
  • ビル・マコーミック (Bill MacCormick) - bass guitar

+

  • デイヴ・マクレエ(Dave MacRae) - electric piano(ゲスト/1st)


アルバム『そっくりモグラ』録音。
マクレエ入りの5人でライブ『オン・ザ・レディオ』収録の2曲録音。

第2期 1972年3月~10月[編集]

  • ロバート・ワイアット (Robert Wyatt) - drums/vocal
  • デイヴ・マクレエ (Dave MacRae) - electric piano/organ/synthesizer
  • フィル・ミラー (Phil Miller) - guitar
  • ビル・マコーミック (Bill MacCormick) - bass guitar

+

  • ブライアン・イーノ (Brian Eno) - V.C.S.3 synthesizer (ゲスト/2nd)
  • デヴィッド・ゲイル (David Gale) - voice (ゲスト/2nd)
  • ジュリー・クリスティ (Julie Christie) - voice (ゲスト/2nd)
  • アルフリーダ・ベンジ (Alfreda Benge) - voice (ゲスト/2nd)


アルバム『そっくりモグラの毛語録』録音。
ライブ『ライヴ・イン・コンサート』、『まっすぐモグラ』、『マーチ』、『オン・ザ・レディオ』収録音源録音。

第3期 1973年5月~6月[編集]

  • ロバート・ワイアット (Robert Wyatt) - drums/vocal
  • ビル・マコーミック (Bill MacCormick) - bass guitar
  • フランシス・モンクマン (Francis Monkman) - keyboard
  • ゲイリー・ウィンド (Gary Windo) - sax


サード・アルバム用のリハーサルを行っていた。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『そっくりモグラ』 - Matching Mole (1972年)
  • 『そっくりモグラの毛語録』 - Matching Mole's Little Red Record (1972年)

ライブ・アルバム[編集]

  • 『ライヴ・イン・コンサート』 - BBC Radio 1 Live In Concert (1994年 第2期) ※『そっくりモグラの毛語録<エクスパンデッド・エディション>』 (2012年)に全曲収録
  • 『まっすぐモグラ』 - Smoke Signals (2001年 第2期)
  • 『マーチ』 - March (2002年 第2期)
  • 『オン・ザ・レディオ』 - On The Radio (2006年 第1期~第2期)

オムニバス[編集]

  • ロバート・ワイアット 『フロッサム・アンド・ジッサム』 - Flotsam Jetsam (1994年 「No 'Alf Measures」を収録 第2期)
  • ロバート・ワイアット Going Back A Bit : A Little History Of Robert Wyatt (1994年 「O Caroline」、「Gloria Groom」、「God Song」を収録 第1期~第2期)

その他[編集]

  • ロバート・ワイアット 『ロック・ボトム』 - Rock Bottom (1974年)
マッチング・モールのサードアルバム用に用意されていた楽曲を収録している。

関連項目[編集]