ハットフィールド・アンド・ザ・ノース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハットフィールド・アンド・ザ・ノース
Hatfield and the North
出身地 イングランドの旗 イングランド カンタベリー
ジャンル カンタベリー・ミュージック
プログレッシブ・ロック
ジャズ・ロック
サイケデリック・ロック
実験音楽
活動期間 1974年1975年
2005年
旧メンバー フィル・ミラー
ピップ・パイル
リチャード・シンクレア
スティーヴ・ミラー
デイヴ・シンクレア
デイヴ・スチュワート

ハットフィールド・アンド・ザ・ノースHatfield And The North )はイギリスプログレッシブ・ロックバンド。

概要[編集]

プログレッシブ・ロックの中でもカンタベリー系と呼ばれるバンドの一つである。 1972年にピップ・パイル、リチャード・シンクレア、スティーヴ・ミラー、フィル・ミラーの4人で結成。スティーヴ・ミラー脱退後、デイヴ・スチュワートが加入し1973年にデビュー。1975年解散。
1990年、2005年に再結成。2005年には来日公演も行われたが、デイヴ・スチュワートは不参加であった。

来歴[編集]

1972年:スティーヴ・ミラー、フィル・ミラー、リチャード・シンクレア、ピップ・パイルにより結成。
      ミラー脱退、デヴィッド・シンクレア加入。

1973年:デヴィッド・シンクレア脱退、、デイヴ・スチュワート加入。
     ミラー、シンクレア、パイル、スチュワートで1st「Hatfield And The North」録音。
     11月のギグでギルガメッシュと共演。ここで二つのバンドはダブル・カルテットとしてアラン・ガウエン作曲の組曲を演奏した。

1975年:ミラー、シンクレア、パイル、スチュワートで2nd「The Rotters' Club」録音。
      6月解散。ミラー、スチュワートはナショナル・ヘルスを結成。(パイルは後に合流)

1990年:ミラー、シンクレア、パイル、ソフィア・ドマンシッチによりTV番組の企画で一時的に再結成。

2005年:ミラー、シンクレア、パイル、アレックス・マグワイアにより再結成、来日公演も行われた。
     (パイルが術後であったため、ドラムの補強にマーク・フレッチャーを迎えた)

2006年:パイル死去。残りのギグはマーク・フレッチャーを迎えて行った。

特徴[編集]

逸話・その他[1][編集]

1973年11月に第3期ハットフィールド・アンド・ザ・ノースは第2期ギルガメッシュと共演、ダブル・カルテットとしてガウエン作曲の40分に及ぶ組曲を演奏した。演奏メンバーは

  • デイヴ・スチュワート(Dave Stewart) - electric piano/organ/piano
  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • リチャード・シンクレア(Richard Sinclair) - bass guitar
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums
  • アラン・ガウエン(Alan Gowen) - synthesizer/electric piano/piano
  • フィル・リー(Phil Lee) - guitar
  • ニール・マーレイ(Neil Murray) - bass guitar
  • マイク・トラヴィス(Mike Travis) - drums

このメンバーでダブル・カルテットのレコーディングの話があったが、実現しなかった。

このコンセプトが後にナショナル・ヘルス結成に繋がった。

メンバーと担当楽器[編集]

第1期(デリヴァリー第4期) 1972年9月~10月[編集]

  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • リチャード・シンクレア(Richard Sinclair) - bass guitar/vocal
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums
  • スティーヴ・ミラー(Steve Miller) - piano/electric piano

+

  • ディディエ・マレエブ(Didier Malherbe) - flute (1972年9月のギグにゲスト参加)


この編成をデリヴァリー第4期とする説もある。
“One For You”、“Will My Thirst Play Me Tricks / The Ant About To Be Crushed Ponders Not The Where Withal Of Boot Leather”を録音。

第2期 1972年10月~1973年1月[編集]

  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • リチャード・シンクレア(Richard Sinclair) - bass guitar/vocal
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums
  • デイヴィッド・シンクレア(David Sinclair) - organ

第3期 1973年1月~1975年6月[編集]

  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • リチャード・シンクレア(Richard Sinclair) - bass guitar/vocal/guitar(2nd)
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums
  • デイヴ・スチュワート(Dave Stewart) - electric piano/organ/piano/synthesizer/tone generator

+

  • ザ・ノーセッツ(The Northettes) - vocal (ゲスト/1st,2nd)

   ・・・アマンダ・パーソンズ(Amanda Parsons)
   ・・・バーバラ・ガスキン(Barbara Gaskin)
   ・・・アン・ローゼンタール(Ann Rosenthal)

  • ジェフ・リー(Geoff Leigh) - sax/flute (ゲスト/1st)
  • ジェレミー・ベイネス(Jeremy Baines) - pixiephone/flute (ゲスト/1st)
  • ロバート・ワイアット(Robert Wyatt) - vocal (ゲスト/1st)
  • ディディエ・マレエブ(Didier Malherbe) - sax (ゲスト/1st)
  • シリル・エアーズ(Cyrille Ayers) - vocal (ゲスト/1st)
  • サム・エリッジ(Sam Ellidge) - voice (ゲスト/1st)
  • ジミー・ヘイスティングス(Jimmy Hastings) - flute/sax (ゲスト/2nd)
  • モント・キャンベル(Mont Campbell) - french horn (ゲスト/2nd)
  • リンゼイ・クーパー(Lindsay Cooper ) - oboe/bassoon( ゲスト/2nd)
  • ティム・ホジキンソン(Tim Hodgkinson) - clarinet (ゲスト/2nd)


1st「Hatfield And The North」、2nd「The Rotters' Club」録音。

第4期 1990年3月[編集]

  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • リチャード・シンクレア(Richard Sinclair) - bass guitar/vocal
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums
  • ソフィア・ドマンシッチ(Sophia Domancich) - keyboard


ライブ「Live 1990」録音。

第5期 2005年~2006年8月[編集]

  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • リチャード・シンクレア(Richard Sinclair) - bass guitar/vocal
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums
  • アレックス・マグワイア(Alex Maguire) - keyboard

+

  • マーク・フレッチャー(Mark Fletcher) - drums (2005年6月、10月のギグにゲスト参加)
  • ロル・コックスヒル(Lol Coxhill) - soprano sax (2006年5月のギグにゲスト参加)


2005年に初来日公演を行った。(パイルが術後であったため、ドラムの補強にマーク・フレッチャーを迎えた)

第6期 2006年10月[編集]

  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • リチャード・シンクレア(Richard Sinclair) - bass guitar/vocal
  • アレックス・マグワイア(Alex Maguire) - keyboard
  • マーク・フレッチャー(Mark Fletcher) - drums

+

  • ダグ・ボイル(Doug Boyle) - guitar (2006年10月のギグにゲスト参加)

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Hatfield And The North (1974年 第3期)
  • The Rotters Club (1975年 第3期)

ライブ・アルバム[編集]

  • Live 1990 (1990年 第4期)
  • Hatwise Choice (2005年 第3期)
  • Hattitude (2006年 第3期)
ギルガメッシュとのダブル・カルテット用の組曲の一部を第3期のメンバーで再録した"Extract"を収録している。

コンピレーション[編集]

  • Afters (1979年 第3期)

シングル[編集]

  • Let's Eat / Fitter Stoke Has A Bath (1974年 第3期)

オムニバス[編集]

  • V (1975年“Your Majeesty Is Like A Cream Donut”、“Oh What A Lonely Lifetime”で参加 第3期)
  • Over The Rainbow (1975年“Halfway Between Heaven And Earth”で参加 第3期)

その他[編集]

  • Lol Coxhill & Phil Miller / 「Coxhill/Miller,Miller/Coxhill」 (1973年)
    第1期編成での“One For You”、“Will My Thirst Play Me Tricks / The Ant About To Be Crushed Ponders Not The Where Withal Of Boot Leather”を収録している。
  • Lol Coxhill & Phil Miller / 「Coxhill/Miller,Miller/Coxhill」+「゛THE STORY SO FAR…゛゛ …OH REALLY?゛」 (2007年)
    上記を含むCDにデリヴァリー第5期のライブ音源“Betty (You Pays Your Money, You Takes Your Chances)”、“ God Song”、“ Bossa Nochance / Big Jobs”を追加収録している。“ Bossa Nochance / Big Jobs”は後に1stに収録される曲である。
  • Gilgameshi / Arriving Twice (2000年)
    ギルガメッシュとのダブル・カルテット用の組曲の一部をギルガメッシュ第3期のメンバーで再録した"Extract"を収録している。)

脚注[編集]

  1. ^ Gilgameshi / Arriving Twice ライナーノーツ 2000年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]