ハットフィールド・アンド・ザ・ノース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハットフィールド・アンド・ザ・ノース
Hatfield and the North
出身地 イングランドの旗 イングランド カンタベリー
ジャンル カンタベリー・ミュージック
プログレッシブ・ロック
ジャズ・ロック
サイケデリック・ロック
実験音楽
活動期間 1972年 - 1975年
2005年 - 2006年
旧メンバー フィル・ミラー
ピップ・パイル
リチャード・シンクレア
スティーヴ・ミラー
デイヴ・シンクレア
デイヴ・スチュワート

ハットフィールド・アンド・ザ・ノースHatfield And The North)は、イギリスプログレッシブ・ロックバンド。

概要[編集]

プログレッシブ・ロックの中でもカンタベリー系と呼ばれるバンドの一つである。 バンド・デリヴァリーが発展する形で、1972年ピップ・パイルリチャード・シンクレア、スティーヴ・ミラー、フィル・ミラーの4人により結成。スティーヴ・ミラー脱退後、デイヴ・スチュワートが加入し1973年にデビュー。1975年解散。
1990年、TVショーのため一時的に再結成。2005年には再結成してツアーを行った。2005年には来日公演も行われたが、デイヴ・スチュワートは不参加であった。

来歴[編集]

1972年:スティーヴ・ミラー、フィル・ミラー、リチャード・シンクレア、ピップ・パイルにより結成。
      ミラー脱退、デイヴ・シンクレア加入。

1973年:デイヴ・シンクレア脱退、、デイヴ・スチュワート加入。
     ミラー、シンクレア、パイル、スチュワートで1st『ハットフィールド&ザ・ノース』録音。
     11月のギグでギルガメッシュと共演。ここで二つのバンドはダブル・カルテットとしてアラン・ゴーウェン作曲の組曲を演奏した。

1975年:ミラー、シンクレア、パイル、スチュワートで2nd『ザ・ロッターズ・クラブ』録音。
      6月解散。ミラー、スチュワートはナショナル・ヘルスを結成(パイルも後に合流)。

1990年:ミラー、シンクレア、パイル、ソフィア・ドマンシッチによりTV番組の企画で一時的に再結成。

2005年:ミラー、シンクレア、パイル、アレックス・マグワイアにより再結成、来日公演も行われた。
     (パイルが術後であったため、ドラムの補強にマーク・フレッチャーを迎えた)

2006年:パイル死去。残りのギグはマーク・フレッチャーを迎えて行った。

特徴[編集]

逸話・その他[編集]

1973年11月に第3期ハットフィールド・アンド・ザ・ノースは第2期ギルガメッシュと共演、ダブル・カルテットとしてアラン・ゴーウェン作曲の40分に及ぶ組曲を演奏した。演奏メンバーは

  • デイヴ・スチュワート (Dave Stewart) - エレクトリック・ピアノ、オルガン、ピアノ
  • フィル・ミラー (Phil Miller) - ギター
  • リチャード・シンクレア (Richard Sinclair) - ベース
  • ピップ・パイル (Pip Pyle) - ドラム
  • アラン・ゴーウェン (Alan Gowen) - シンセサイザー、エレクトリック・ピアノ、ピアノ
  • フィル・リー (Phil Lee) - ギター
  • ニール・マーレイ (Neil Murray) - ベース
  • マイク・トラヴィス (Mike Travis) - ドラム

このメンバーでダブル・カルテットのレコーディングの話があったが、実現しなかった[1]

このコンセプトが後にナショナル・ヘルス結成に繋がった。

メンバーと担当楽器[編集]

第1期 (デリヴァリー第4期) 1972年9月 - 10月[編集]

+

  • ディディエ・マレルブ (Didier Malherbe) - フルート (1972年9月のギグにゲスト参加)

この編成をデリヴァリー第4期とする説もある。
「One For You」「Will My Thirst Play Me Tricks / The Ant About To Be Crushed Ponders Not The Where Withal Of Boot Leather」を録音。

第2期 1972年10月 - 1973年1月[編集]

  • フィル・ミラー (Phil Miller) - ギター
  • リチャード・シンクレア (Richard Sinclair) - ベース、ボーカル
  • ピップ・パイル (Pip Pyle) - ドラム
  • デイヴ・シンクレア (David Sinclair) - オルガン

第3期 1973年1月 - 1975年6月[編集]

  • フィル・ミラー (Phil Miller) - ギター
  • リチャード・シンクレア (Richard Sinclair) - ベース、ボーカル、ギター
  • ピップ・パイル (Pip Pyle) - ドラム
  • デイヴ・スチュワート (Dave Stewart) - エレクトリック・ピアノ、オルガン、ピアノ、シンセサイザー、トーン・ジェネレーター

+

  • ザ・ノーセッツ (The Northettes) - ボーカル (ゲスト/1st、2nd)
    • アマンダ・パーソンズ (Amanda Parsons)
    • バーバラ・ガスキン (Barbara Gaskin)
    • アン・ローゼンタール (Ann Rosenthal)
  • ジェフ・リー (Geoff Leigh) - サックス、フルート (ゲスト/1st)
  • ジェレミー・ベイネス (Jeremy Baines) - ピクシーフォン、フルート (ゲスト/1st)
  • ロバート・ワイアット (Robert Wyatt) - ボーカル (ゲスト/1st)
  • ディディエ・マレルブ (Didier Malherbe) - サックス (ゲスト/1st)
  • シリル・エアーズ (Cyrille Ayers) - ボーカル (ゲスト/1st)
  • サム・エリッジ (Sam Ellidge) - ボイス (ゲスト/1st)
  • ジミー・ヘイスティングス (Jimmy Hastings) - フルート、サックス (ゲスト/2nd)
  • モント・キャンベル (Mont Campbell) - フレンチ・ホルン (ゲスト/2nd)
  • リンゼイ・クーパー (Lindsay Cooper ) - オーボエ、バスーン (ゲスト/2nd)
  • ティム・ホジキンソン (Tim Hodgkinson) - クラリネット (ゲスト/2nd)

1stアルバム『ハットフィールド&ザ・ノース』、2ndアルバム『ザ・ロッターズ・クラブ』録音。

第4期 1990年3月[編集]

  • フィル・ミラー (Phil Miller) - ギター
  • リチャード・シンクレア (Richard Sinclair) - ベース、ボーカル
  • ピップ・パイル (Pip Pyle) - ドラム
  • ソフィア・ドマンシッチ (Sophia Domancich) - キーボード

ライブ・アルバム『ライヴ1990』録音。

第5期 2005年 - 2006年8月[編集]

  • フィル・ミラー (Phil Miller) - ギター
  • リチャード・シンクレア (Richard Sinclair) - ベース、ボーカル
  • ピップ・パイル (Pip Pyle) - ドラム
  • アレックス・マグワイア (Alex Maguire) - キーボード

+

  • マーク・フレッチャー (Mark Fletcher) - ドラム (2005年6月、10月のギグにゲスト参加)
  • ロル・コックスヒル (Lol Coxhill) - ソプラノ・サックス (2006年5月のギグにゲスト参加)

2005年に初来日公演を行った。(パイルが術後であったため、ドラムの補強にマーク・フレッチャーを迎えた)

第6期 2006年10月[編集]

  • フィル・ミラー (Phil Miller) - ギター
  • リチャード・シンクレア (Richard Sinclair) - ベース、ボーカル
  • アレックス・マグワイア (Alex Maguire) - キーボード
  • マーク・フレッチャー (Mark Fletcher) - ドラム

+

  • ダグ・ボイル (Doug Boyle) - ギター (2006年10月のギグにゲスト参加)

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『ハットフィールド&ザ・ノース』 - Hatfield And The North (1974年 第3期)
  • 『ザ・ロッターズ・クラブ』 - The Rotters Club (1975年 第3期)

ライブ・アルバム[編集]

  • 『ライヴ1990』 - Live 1990 (1990年 第4期)
  • Hatwise Choice (2005年 第3期)
  • Hattitude (2006年 第3期) ※ギルガメッシュとのダブル・カルテット用の組曲の一部を第3期のメンバーで再録した「Extract」を収録している。

コンピレーション[編集]

  • 『アフターズ』 - Afters (1979年 第3期)

シングル[編集]

  • Let's Eat / Fitter Stoke Has A Bath (1974年 第3期)

オムニバス[編集]

  • V (1975年 「Your Majeesty Is Like A Cream Donut」「Oh What A Lonely Lifetime」を収録 第3期)
  • Over The Rainbow (1975年 「Halfway Between Heaven And Earth」を収録 第3期)

その他[編集]

  • ロル・コックスヒル&スティーヴ・ミラー Miller/Coxhill (1973年)
    ※第1期編成での「One For You」「Will My Thirst Play Me Tricks / The Ant About To Be Crushed Ponders Not The Where Withal Of Boot Leather」を収録
  • ロル・コックスヒル&スティーヴ・ミラー『ストーリー・ソー・ファー/オー・リアリー?』 - The Story So Far.../...Oh Really? (2007年)
    ※上記『Miller/Coxhill』と『The Story So Far.../...Oh Really?』(1974年)の2in1CD。デリヴァリー第5期のライブ音源「Betty (You Pays Your Money, You Takes Your Chances)」「God Song」「Bossa Nochance / Big Jobs」を追加収録している。「Bossa Nochance / Big Jobs」は後に1stアルバムに収録される曲である。
  • ギルガメッシュ『アライヴィング・トゥワイス』 - Arriving Twice (2000年)
    ※1973-1975年にかけて録音されていた未発表デモ/リハーサル音源をCD化しており、ギルガメッシュとのダブル・カルテット用の組曲の一部をギルガメッシュ第3期のメンバーで再録した「Extract」を収録

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gilgamesh 『Arriving Twice』 ライナーノーツ 2000年

外部リンク[編集]