ナショナル・ヘルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナショナル・ヘルス
National Health
出身地 イングランドの旗 イングランド カンタベリー
ジャンル カンタベリー・ロック
プログレッシブ・ロック
ジャズ・ロック
サイケデリック・ロック
実験音楽
活動期間 1975年 - 1981年
旧メンバー デイヴ・スチュワート
アラン・ゴーウェン
アマンダ・パーソンズ
フィル・ミラー
フィル・リー
モント・キャンベル
ビル・ブルーフォード
スティーヴ・ヒレッジ
ジョン・ミッチェル
ニール・マーレイ
ピップ・パイル
ジョン・グリーヴス
ジョージー・ボーン
リンジー・クーパー

ナショナル・ヘルスNational Health)は、イギリスカンタベリー系プログレッシブ・ロック・バンド。

来歴[編集]

1975年:モント・キャンベル、デイヴ・スチュワートアラン・ゴーウェンフィル・ミラー、フィル・リー、アマンダ・パーソンズにより結成。結成当初はハットフィールド・アンド・ザ・ノースギルガメッシュ の合体プロジェクトとして発足した。ドラマーは固定しておらず様々なドラマーが臨時で参加していた。

1976年:キャンベル脱退、ニール・マーレイ加入。ビル・ブルーフォードが正式メンバーとなる。

1977年:ブルーフォード脱退(UKブルーフォード)、ピップ・パイル加入、更にゴーウェン、パーソンズ脱退。スチュワート、ミラー、マーレイ、パイルで、1stアルバム『ナショナル・ヘルス』録音。元メンバーのゴーウェン、パーソンズがゲストで全面的に参加した。

1978年:マーレイ脱退(ホワイトスネイクへ)、ジョン・グリーヴス加入。スチュワート、ミラー、グリーヴス、パイルで、2ndアルバム『オブ・キューズ・アンド・キュアーズ』録音。ジョージー・ボーン、リンジー・クーパー加入。メンバーの半分が元ヘンリー・カウとなる。スチュワート脱退(ブルーフォードへ)、更にボーン、クーパー脱退。スチュワートに代わる適当なキーボード奏者が見つからなかったため、ツイン・ギター編成にしようと試みフランス人のアラン・エカートを加えリハーサルを行うが、結局上手くいかずに断念。

1979年:ゴーウェン復帰。

1980年:ゴーウェンの体調悪化のため解散。

1981年:ゴーウェン白血病により死亡。ゴーウェン追悼のため再結成、3rdアルバム『D.S.アル・コーダ』録音。

特徴[編集]

音楽性[編集]

結成当初はハットフィールド・アンド・ザ・ノースとギルガメッシュの合体プロジェクトとして発足したが、主導権を握っているのはキャンベルとスチュワートであり、音楽的にはエッグのサウンドの発展型と言える。特にキャンベルの書く複雑な曲が特徴的。

キャンベル脱退後から2ndアルバムの頃まではスチュワートが完全に主導権を握り、スチュワートのオルガン、ミラーのギターを核としたハットフィールド・アンド・ザ・ノースをよりシリアスにしたサウンドとなった。

2ndアルバム録音後にボーン、クーパーが加入してからは、メンバーの半分が元ヘンリー・カウとなりフリー・インプロヴィゼーション色が強くなった。

スチュワート脱退、ゴーウェン復帰後も、インプロヴィゼーション色が強く、ヘンリー・カウからの影響が色濃く残っている。演奏面ではミラーのギター、ゴーウェンのシンセが核となっている。

再結成後は第4期のメンバーだが、1stアルバム、2ndアルバムと比較するとインプロヴィゼーションの比率が高い。

逸話・その他[編集]

  • ナショナル・ヘルスと言うバンド名は、スチュワート愛用のメガネの事を示す。イギリスでは国がメガネを支給してくれるシステムがあり、そのことを「ナショナル・ヘルス」と言ってスチュワートを揶揄したのが始まり。
  • 1973年11月にハットフィールド・アンド・ザ・ノースとギルガメッシュが共演、ダブル・カルテットとして演奏した。このコンセプトがナショナル・ヘルス結成に繋がった。
  • 「Binoculars」という曲のイントロがサンプリングされ、アメリカのバンド デフトーンズ の「Black Moon」という曲に使用されている。

メンバーと担当楽器[編集]

第1期 1975年7月-1976年[編集]

  • モント・キャンベル (Mont campbell) - ベース、フレンチホルン
  • デイヴ・スチュワート (Dave Stewart) - オルガン、エレクトリック・ピアノ、ピアノ、クラヴィネット
  • アラン・ゴーウェン (Alan Gowen) - シンセサイザー、エレクトリック・ピアノ、ピアノ
  • フィル・ミラー (Phil Miller) - ギター
  • フィル・リー (Phil Lee) - ギター (1975年末に脱退)
  • アマンダ・パーソンズ (Amanda Parsons) - ボーカル

+


ライブ・アルバム『オリジナル・ナショナル・ヘルス』録音。

第2期 1976年-1977年[編集]

  • デイヴ・スチュワート (Dave Stewart) - オルガン、エレクトリック・ピアノ、ピアノ、クラヴィネット
  • アラン・ゴーウェン (Alan Gowen) - シンセサイザー、エレクトリック・ピアノ、ピアノ
  • フィル・ミラー (Phil Miller) - ギター
  • ニール・マーレイ (Neil Murray) - ベース
  • ビル・ブルーフォード (Bill Bruford) - ドラム
  • アマンダ・パーソンズ (Amanda Parsons) - ボーカル

第3期 1977年[編集]

  • デイヴ・スチュワート (Dave Stewart) - オルガン、エレクトリック・ピアノ、ピアノ、クラヴィネット
  • フィル・ミラー (Phil Miller) - ギター
  • ニール・マーレイ (Neil Murray) - ベース
  • ピップ・パイル (Pip Pyle) - ドラム

+

  • ジョン・ミッチェル (John Mitchell) - パーカッション (ゲスト/1st)
  • アラン・ゴーウェン (Alan Gowen) - シンセサイザー、エレクトリック・ピアノ、ピアノ (ゲスト/1st)
  • アマンダ・パーソンズ (Amanda Parsons) - ボーカル (ゲスト/1st)
  • ジミー・ヘイスティングス (Jimmy Hastings) - フルート、クラリネット (ゲスト/1st)


1stアルバム『ナショナル・ヘルス』録音。

第4期 1978年[編集]

  • デイヴ・スチュワート (Dave Stewart) - オルガン、エレクトリック・ピアノ、ピアノ、クラヴィネット、シンセサイザー
  • フィル・ミラー (Phil Miller) - ギター
  • ジョン・グリーヴス (John Greaves) - ベース、ボーカル
  • ピップ・パイル (Pip Pyle) - ドラム

+

  • ジョージー・ボーン (Georgie Born) - チェロ (ゲスト/2nd)
  • ポール・ニーマン (Paul Nieman) - トロンボーン (ゲスト/2nd)
  • フィル・ミントン (Phil Minton) - トランペット (ゲスト/2nd)
  • ジミー・ヘイスティングス (Jimmy Hastings) - フルート、クラリネット (ゲスト/2nd)
  • キース・トンプソン (Keith Tompson) - オーボエ (ゲスト/2nd)
  • ピーター・ブレグヴァド (Peter Blegvad) - ボイス (ゲスト/2nd)


2ndアルバム『オブ・キューズ・アンド・キュアーズ』録音。

第5期 1978年中旬-末[編集]

  • デイヴ・スチュワート (Dave Stewart) - オルガン、エレクトリック・ピアノ、ピアノ、クラヴィネット、シンセサイザー
  • フィル・ミラー (Phil Miller) - ギター
  • ジョン・グリーヴス (John Greaves) - ベース、ボーカル
  • ピップ・パイル (Pip Pyle) - ドラム
  • ジョージー・ボーン (Georgie Born) - チェロ
  • リンジー・クーパー (Lindsay Cooper ) - オーボエ、バスーン

第6期 1978年末[編集]

  • フィル・ミラー (Phil Miller) - ギター
  • ジョン・グリーヴス (John Greaves) - ベース、ボーカル
  • ピップ・パイル (Pip Pyle) - ドラム
  • アラン・エカート (Alain Eckert) - ギター


リハーサルのみ。

第7期 1979年[編集]

  • フィル・ミラー (Phil Miller) - ギター
  • アラン・ゴーウェン (Alan Gowen) - シンセサイザー、エレクトリック・ピアノ、ピアノ
  • ジョン・グリーヴス (John Greaves) - ベース、ボーカル
  • ピップ・パイル (Pip Pyle) - ドラム

+

  • アラン・エカート (Alain Eckert) - ギター (1979年4月のギグにゲスト参加)
  • ディディエ・マレルブ (Didier Malherbe) - サックス (1979年5月のギグにゲスト参加)


ライブ・アルバム『プレイタイム』録音。(エカート入りの音源も含む)
ライブ・アルバム『オリジナル・ナショナル・ヘルス』1曲録音。

第8期 (再結成第4期) 1981年[編集]

  • デイヴ・スチュワート (Dave Stewart) - キーボード
  • フィル・ミラー (Phil Miller) - ギター
  • ジョン・グリーヴス (John Greaves) - ベース、ボーカル
  • ピップ・パイル (Pip Pyle) - ドラム

+

  • テッド・エメット (Ted Emmett) - トランペット (ゲスト/3rd)
  • アニー・ホワイトヘッド (Annie Whitehead) - トロンボーン (ゲスト/3rd)
  • アマンダ・パーソンズ (Amanda Parsons) - ボーカル (ゲスト/3rd)
  • バーバラ・ガスキン (Barbara Gaskin) - ボーカル (ゲスト/3rd)
  • ジミー・ヘイスティングス (Jimmy Hastings) - フルート (ゲスト/3rd)
  • エルトン・ディーン (Elton Dean) - サクセロ (ゲスト/3rd)
  • リチャード・シンクレア (Richard Sinclair) - ボーカル (ゲスト/3rd)


アラン・ゴーウェン追悼のため再結成し、3rdアルバム『D.S.アル・コーダ』録音。すべてゴーウェンの作品である。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『ナショナル・ヘルス』 - National Health (1978年 第3期)
  • 『オブ・キューズ・アンド・キュアーズ』 - Of Queues And Cures (1978年 第4期)
  • 『D.S.アル・コーダ』 - D.S. Al Coda (1982年 第8期) ※旧邦題『最終楽章』

ライブ・アルバム[編集]

  • 『オリジナル・ナショナル・ヘルス』 - Missing Pieces (1996年 第1期、第7期)
  • 『プレイタイム』 - Playtime (2001年 第7期)

コンピレーション[編集]

  • Complete (1990年 第1期、第3期~第4期、第8期)
1st、2nd、3rd全曲に加え、第1期の演奏の抜粋、1990年のスチュワート、ミラーによる2ndの曲の再演が収録されている。

その他[編集]

  • ゴーウェン、ミラー、シンクレア、トムキンス: 『ビフォー・ア・ワード・イズ・セッド』 - Before A Word Is Said (1981年)
ゴーウェンの死亡2週間前に録音された遺作。一応ナショナル・ヘルスの結成当初のコンセプトであるハットフィールド・アンド・ザ・ノース(Miller、Sinclair)とギルガメッシュ(Gowen、Tomkins) の合体プロジェクト

関連項目[編集]