ナショナル・ヘルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナショナル・ヘルス
National Health
出身地 イングランドの旗 イングランド カンタベリー
ジャンル カンタベリー・ミュージック
プログレッシブ・ロック
ジャズ・ロック
サイケデリック・ロック
実験音楽
活動期間 1975年1981年
旧メンバー デイヴ・スチュワート
アラン・ガウエン
アマンダ・パーソンズ
フィル・ミラー
フィル・リー
モント・キャンベル
ビル・ブルーフォード
スティーヴ・ヒレッジ
ジョン・ミッチェル
ニール・マーレイ
ピップ・パイル
ジョン・グリーヴス
ジョージー・ボーン
リンゼイ・クーパー

ナショナル・ヘルスNational Health )はイギリスカンタベリー系プログレッシブ・ロックバンド。

来歴[編集]

1975年:モント・キャンベル、デイヴ・スチュワート、アラン・ガウエン、フィル・ミラー、フィル・リー、アマンダ・パーソンズにより結成。
     結成当初はハットフィールド・アンド・ザ・ノースギルガメッシュ の合体プロジェクトとして発足した。
     ドラマーは固定しておらず様々なドラマーが臨時で参加していた。

1976年:キャンベル脱退、ニール・マーレイ加入。ビル・ブルーフォードが正式メンバーとなる。

1977年:ブルーフォード脱退(UKブルーフォード)、ピップ・パイル加入、更にガウエン、パーソンズ脱退。
     スチュワート、ミラー、マーレイ、パイルで、1stアルバム『ナショナル・ヘルス』録音。
     元メンバーのガウエン、パーソンズがゲストで全面的に参加した。

1978年:マーレイ脱退(ホワイトスネイクへ)、ジョン・グリーヴス加入。
     スチュワート、ミラー、グリーヴス、パイルで、2ndアルバム『オブ・キューズ・アンド・キュアーズ』録音。
     ジョージー・ボーン、リンゼイ・クーパー加入。メンバーの半分が元ヘンリー・カウとなる。
     スチュワート脱退(ブルーフォードへ)、更にボーン、クーパー脱退。
     スチュワートに代わる適当なキーボード奏者が見つからなかったため、ツイン・ギター編成にしようと試みフランス人の
     アラン・エカートを加えリハーサルを行うが、結局上手くいかずに断念。

1979年:ガウエン復帰。

1980年:ガウエンの体調悪化のため解散。

1981年:ガウエン白血病により死亡。ガウエン追悼のため第4期メンバーで再結成、3rdアルバム『D.S.アル・コーダ』録音。

特徴[編集]

音楽性[編集]

結成当初はハットフィールド・アンド・ザ・ノースとギルガメッシュの合体プロジェクトとして発足したが、主導権を握っているのはキャンベルとスチュワートであり、音楽的にはエッグのサウンドの発展型と言える。特にキャンベルの書く複雑な曲が特徴的。

キャンベル脱退後~2ndまではスチュワートが完全に主導権を握り、スチュワートのオルガン、ミラーのギターを核としたハットフィールド・アンド・ザ・ノースをよりシリアスにしたサウンドとなった。

2nd録音後にボーン、クーパーが加入してからは、メンバーの半分が元ヘンリー・カウとなりフリー・インプロヴィゼーション色が強くなった。

スチュワート脱退、ガウエン復帰後も、インプロヴィゼーション色が強く、ヘンリー・カウからの影響が色濃く残っている。演奏面ではミラーのギター、ガウエンのシンセが核となっている。

再結成後は第4期のメンバーだが、1st、2ndと比較するとインプロヴィゼーションの比率が高い。

逸話・その他[編集]

ナショナル・ヘルスと言うバンド名は、スチュワート愛用のメガネの事を示す。イギリスでは国がメガネを支給してくれるシステムがあり、そのことを「ナショナル・ヘルス」と言ってスチュワートを揶揄したのが始まり。

1973年11月にハットフィールド・アンド・ザ・ノースとギルガメッシュが共演、ダブル・カルテットとして演奏した。このコンセプトがナショナル・ヘルス結成に繋がった。

「Binoculars」という曲のイントロがサンプリングされ、アメリカのバンド デフトーンズ の「Black Moon」という曲に使用されている。

メンバーと担当楽器[編集]

第1期 1975年7~1976年[編集]

  • モント・キャンベル(Mont campbell) - bass guitar/french horn
  • デイヴ・スチュワート(Dave Stewart) - organ/electric piano/piano/clavinet
  • アラン・ガウエン(Alan Gowen) - synthesizer/electric piano/piano
  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • フィル・リー(Phil Lee) - guitar (1975年末に脱退)
  • アマンダ・パーソンズ(Amanda Parsons) - vocal

+

  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums
  • ビル・ブルーフォード(Bill Bruford) - drums
  • リチャード・バージェス(Richard Burgess) - drums
  • クリス・カトラー(Chris Cutler) - drums
  • ジョン・ミッチェル(John Mitchell) - drums
  • スティーヴ・ヒレッジ(Steve Hillage) - guitar


ライブ『Missing Pieces』録音。

第2期 1976年~1977年[編集]

  • デイヴ・スチュワート(Dave Stewart) - organ/electric piano/piano/clavinet
  • アラン・ガウエン(Alan Gowen) - synthesizer/electric piano/piano
  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • ニール・マーレイ(Neil Murray) - bass guitar
  • ビル・ブルーフォード(Bill Bruford) - drums
  • アマンダ・パーソンズ(Amanda Parsons) - vocal

第3期 1977年[編集]

  • デイヴ・スチュワート(Dave Stewart) - organ/electric piano/piano/clavinet
  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • ニール・マーレイ(Neil Murray) - bass guitar
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums

+

  • ジョン・ミッチェル(John Mitchell) - percussion (ゲスト/1st)
  • アラン・ガウエン(Alan Gowen) - synthesizer/electric piano/piano (ゲスト/1st)
  • アマンダ・パーソンズ(Amanda Parsons) - vocal (ゲスト/1st)
  • ジミー・ヘイスティングス(Jimmy Hastings) - flute/clarinet (ゲスト/1st)


1st『ナショナル・ヘルス』録音。

第4期 1978年[編集]

  • デイヴ・スチュワート(Dave Stewart) - organ/electric piano/piano/clavinet/synthesizer
  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • ジョン・グリーヴス(John Greaves) - bass guitar/vocal
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums

+

  • ジョージー・ボーン(Georgie Born) - cello (ゲスト/2nd)
  • ポール・ニーマン(Paul Nieman) - trombone (ゲスト/2nd)
  • フィル・ミントン(Phil Minton) - trumpet (ゲスト/2nd)
  • ジミー・ヘイスティングス(Jimmy Hastings) - flute/clarinet (ゲスト/2nd)
  • キース・トンプソン(Keith Tompson) - oboe (ゲスト/2nd)
  • ピーター・ブレグヴァッド(Peter Blegvad) - voice (ゲスト/2nd)


2nd『オブ・キューズ・アンド・キュアーズ』録音。

第5期 1978年中旬~末[編集]

  • デイヴ・スチュワート(Dave Stewart) - organ/electric piano/piano/clavinet/synthesizer
  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • ジョン・グリーヴス(John Greaves) - bass guitar/vocal
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums
  • ジョージー・ボーン(Georgie Born) - cello
  • リンゼイ・クーパー(Lindsay Cooper ) - oboe/bassoon

第6期 1978年末[編集]

  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • ジョン・グリーヴス(John Greaves) - bass guitar/vocal
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums
  • アラン・エカート(Alain Eckert) - guitar


リハーサルのみ。

第7期 1979年[編集]

  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • アラン・ガウエン(Alan Gowen) - synthesizer/electric piano/piano
  • ジョン・グリーヴス(John Greaves) - bass guitar/vocal
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums

+

  • アラン・エカート(Alain Eckert) - guitar (1979年4月のギグにゲスト参加)
  • ディディエ・マレエブ(Didier Malherbe) - sax (1979年5月のギグにゲスト参加)


ライブ『プレイタイム』録音。(エカート入りの音源も含む)
ライブ『Missing Pieces』1曲録音。

第8期(再結成第4期) 1981年[編集]

  • デイヴ・スチュワート(Dave Stewart) - keyboard
  • フィル・ミラー(Phil Miller) - guitar
  • ジョン・グリーヴス(John Greaves) - bass guitar/vocal
  • ピップ・パイル(Pip Pyle) - drums

+

  • テッド・エメット(Ted Emmett) - trumpet (ゲスト/3rd)
  • アニー・ホワイトヘッド(Annie Whitehead) - trombone (ゲスト/3rd)
  • アマンダ・パーソンズ(Amanda Parsons) - vocal (ゲスト/3rd)
  • バーバラ・ガスキン(Barbara Gaskin) - vocal (ゲスト/3rd)
  • ジミー・ヘイスティングス(Jimmy Hastings) - flute (ゲスト/3rd)
  • エルトン・ディーン(Elton Dean) - saxello (ゲスト/3rd)
  • リチャード・シンクレア(Richard Sinclair) - vocal (ゲスト/3rd)


アラン・ガウエン追悼のため再結成し、3rd『D.S.アル・コーダ』録音。全てガウエンの作品である。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『ナショナル・ヘルス』 - National Health (1978年 第3期)
  • 『オブ・キューズ・アンド・キュアーズ』 - Of Queues And Cures (1978年 第4期)
  • 『D.S.アル・コーダ』 - D.S.Al Coda (1982年 第8期)

ライブ・アルバム[編集]

  • 『オリジナル・ナショナル・ヘルス』 - Missing Pieces (1996年 第1期、第7期)
  • 『プレイタイム』 - Playtime (2001年 第7期)

コンピレーション[編集]

  • Complete (1990年 第1期、第3期~第4期、第8期)

   1st、2nd、3rd全曲に加え、第1期の演奏の抜粋、1990年のスチュワート、ミラーによる2ndの曲の再演が収録されている。

その他[編集]

  • Gowen Miller Sinclair Tomkins / Before A Word Is Said (1981年)

   ガウエンの死亡2週間前に録音された遺作。
   一応ナショナル・ヘルスの結成当初のコンセプトであるハットフィールド・アンド・ザ・ノース(Miller、Sinclair)と
   ギルガメッシュ(Gowen、Tomkins) の合体プロジェクト

関連項目[編集]