ボーイズ・ドント・クライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボーイズ・ドント・クライ
Boys Don't Cry
監督 キンバリー・ピアース
脚本 アンディ・ビーネン
キンバリー・ピアース
製作 ジェフリー・シャープ
ジョン・ハート
エバ・コロドナー
クリスティーン・ヴェイコン
製作総指揮 パメラ・コフラー
ジョナサン・セリング
キャロライン・カプラン
ジョン・スロス
出演者 ヒラリー・スワンク
クロエ・セヴィニー
音楽 ネイサン・ラーソン
撮影 ジム・デノールト
編集 リー・パーシー
トレイシー・グレンジャー
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年10月8日
日本の旗 2000年7月8日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,000,000[1]
興行収入 $11,540,607[1]
テンプレートを表示

ボーイズ・ドント・クライ』(原題:Boys Don't Cry)は、1999年に製作されたアメリカ映画

キンバリー・ピアース監督。ブランドン・ティーナとして知られる、ネブラスカ州で殺害された実在の人物の人生を描く。

主演のヒラリー・スワンクアカデミー主演女優賞ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門) を受賞。また、インディペンデント・スピリット賞ニューヨーク映画批評家協会賞ロサンゼルス映画批評家協会賞全米映画批評家協会賞においても主演女優賞を受賞した。

ストーリー[編集]

ネブラスカ州リンカーンに住むブランドンは、性同一性障害で、身体的には女性ながら本人の性自認は男性である。

軽犯罪を犯したために街を出る必要に迫られたブランドンは、フォールズタウンという街でジョンとトムという二人のならず者に出会う。ブランドンはジョンの愛人の娘のラナと恋に落ちるが、ある事件がきっかけでブランドンが身体的に女性であるということが明らかになってしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ブランドン・ティーナ ヒラリー・スワンク 本田貴子
ラナ クロエ・セヴィニー 石塚理恵
ジョン ピーター・サースガード 大塚芳忠
トム ブレンダン・セクストン3世 山野井仁
キャンディス アリシア・ゴランソン 伊藤美紀
ラナの母 ジーネッタ・アーネット 火野カチコ
ロニー マット・マクグラス 藤原啓治
ケイト アリソン・フォランド 阿部桐子
ブライアン ロブ・キャンベル 仲野裕

各国のレイティング[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Boys Don't Cry”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年6月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]