ボノボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボノボ
ボノボ
ボノボ Pan paniscus
保全状況評価[a 1][a 2]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目(霊長目) Primates
亜目 : 真猿亜目 Haplorhini
下目 : 狭鼻下目 Catarrhini
上科 : ヒト上科 Hominoidea
: ヒト科 Hominidae
亜科 : ヒト亜科 Homininae
: ヒト族 Hominini
亜族 : チンパンジー亜族 Panina
: チンパンジー属 Pan
: ボノボ P. paniscus
学名
Pan paniscus Schwartz1929
和名
ボノボ
英名
Bonobo
Pygmy chimpanzee

Bonobo distribution.PNG

ボノボPan paniscus)は、ヒト科チンパンジー属に分類される霊長類。以前はピグミーチンパンジーと呼ばれた。

分布[編集]

コンゴ民主共和国中西部[1][2]固有種

形態[編集]

体長オス73-83センチメートル、メス70-76センチメートル[2]体重オス39キログラム、メス31キログラム[2]。体型は細い[1][2]。頭部の体毛は中央部で左右に分かれる[2]。側頭部の体毛が直立し、外観では耳介が不明瞭[1][2]。チンパンジーに比べて上半身が小さく、それに比例して脳容量も小さい。赤ん坊はか細く、頼りない状態が長く続く。

顔の皮膚は黒い[1][2]。四肢は細長い[1][2]

メスは発情すると性皮が膨張しピンク色になる[2]

生態[編集]

ボノボの群れ

野生のボノボの生態は、保護を目的として研究が進められた。また、加納隆至らは、コンゴの赤道州ワンバ地区で直接観察による調査を開始した。この調査は、内戦の影響による中断を経て、現在でも黒田末寿古市剛史伊谷原一らによって20年以上の長期にわたり続けられている。

野生のボノボは、低地にある熱帯雨林に生息する[2]

食性は雑食で、植物の葉、芽、蜂蜜昆虫ミミズ、小型爬虫類、小型哺乳類などを食べる[2]

昼行性で、夜間になると樹上に日ごとに違う寝床を作って休む[2]

基本的には樹上棲で、前肢の指関節外側を接地して地表を四足歩行(ナックルウォーク)することもある[2]。チンパンジーよりも直立二足歩行が得意で、食物を運ぶときなどに数十メートルを直立二足歩行することもある[3]。黒田末寿は、直立二足歩行がボノボの母親依存と言語獲得能力に関係しているのではないかと見ている[4]

授乳期間は4年。生後8-11年で思春期を迎え、生後14年で初産を迎える[2]。寿命は40年と考えられている[2]

人間だけが行うと考えられていた正常位での性行動をボノボも行うことが発見されている。また、個体間で緊張が高まると擬似的な交尾行動、オス同士で尻をつけあう、メス同士で性皮をこすりつけあうなどの行動により緊張をほぐす[2]

22-58平方キロメートルの行動圏内で生活し、1日あたり1.2-2.4キロメートルを移動する[2]。複数頭の異性が含まれる50-120頭の群れを形成して生活し、複数頭の異性が含まれる6-15頭の群れに分散することが多い[2]。父系社会で、オスは産まれた群れに留まり、メスは思春期を迎えると別の群れに移動する[2]

ボノボ同士の闘争は、チンパンジーと異なりほとんど観察されていない。そのため、平和的な動物であると考えられることが多い。ただし、雑食性で小動物や他種のサルを狩ることはある[5]

ボノボは動物園での飼育も行われている。野生に比べ、飼育されたボノボは毛の抜け落ちることが多い。健康状態やストレスが原因だと考えられている。

知性[編集]

枝を使い、シロアリを釣り上げるボノボ
クンニリングスするボノボの性行動は人間のそれに近いことで知られる

野生のボノボは、多くの道具を使うことが知られている野生のチンパンジーとは異なり,道具使用の報告がほぼ皆無である。一方、飼育下のボノボはチンパンジーと同様に、積木を高く積み上げたりカップを重ねたりする[6]

カンジとパンバニーシャ[編集]

スー・サベージ・ランボー英語版らはボノボに言葉を教えるプロジェクトを行い、カンジ (ボノボ)英語版パンバニーシャ英語版という2頭のボノボが英語を理解することを確認した[7][8]。また、このプロジェクトで飼育したボノボは以下の事を自ら、または人間に声のみによる指示を受け行った。

  • 薪を集め、マッチで火をつけ、たき火をする
  • たき火でマシュマロを焼く
  • 特殊なキーボードを使い、人間と会話する
  • ルールを正確に理解し、パックマンで遊ぶ

パックマンのルールでは、普段はパックマンが敵に触れるとアウトになってしまうのに対し、「パワーエサ」と呼ばれるアイテムを取ってから一定時間の間は敵に触れることでボーナス点を取ることができる。つまり条件によって自分と敵との強弱の立場が逆転する。ボノボはこの複雑なルールを理解し、普段は敵から逃げ、パワーエサを取ってから一定時間敵を追いかけることができる。

スー・サベージ・ランボーのプロジェクトは2000年2月13日にNHKスペシャル『カンジとパンバニーシャ 天才ザルが見せた驚異の記録』で放送され[9]、この番組のビデオも市販された[10]

人間との関係[編集]

種小名paniscusは属名と同義で、ギリシャ神話の神パンに由来する[1]

生息地では食用とされることもある。例外的にワンバ地区では食用とすることが禁忌とされていたため、保護区に指定された[2]

開発や内戦による生息地の破壊、食用の狩猟などにより生息数は減少している[2]

本種は1928年に初めて発見された。興味深いことに発見地は生息地であるアフリカではなく、ヨーロッパであった。ドイツ人の動物学者エルンスト・シュヴァルツ(Ernst Schwarz)が、ブリュッセル近郊テルヴューレン(Tervuren)にあるベルギー領コンゴ博物館(現在の王立中央アフリカ博物館)のチンパンジー標本を比較していた際に、これが従来のチンパンジーとは異なる新種であることを発見した。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 岩本光雄 「サルの分類名(その4:類人猿)」『霊長類研究』Vol.3 No.2、日本霊長類学会、1987年、126頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ6 アフリカ』、講談社2000年、30、148頁。
  3. ^ NHKスペシャル『アフリカ・ザイール 謎の類人猿 ボノボ』(NHK総合1996年1月7日出典
  4. ^ 黒田末寿『人類進化再考/社会生成の考古学』以文社、1999、pp.262-3.
  5. ^ Matt Kaplan (2008年10月13日). ““愛のサル”ボノボ、他のサルを食べる”. ナショナルジオグラフィック ニュース. http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=56747176&expand 2010年3月9日閲覧。 
  6. ^ チンパンジー研究者からみたボノボ | 京都大学霊長類研究所 - チンパンジーアイ
  7. ^ Brakke, K. E. and Savage-Rumbaugh, E. S. (1995) The development of language skills in bonobo and chimpanzee: I. Comprehension. Language and Communication 2, 121-148.
  8. ^ TED - スーザン・サベージ・ランボー 天才サルを語る
  9. ^ NHKスペシャル放送記録全記録
  10. ^ CiNii - カンジとパンバニーシャ : 天才ザルが見せた驚異の記録

参考文献[編集]

  • 黒田末寿『ピグミー・チンパンジー/未知の類人猿』筑摩書房、1982。新版:以文社、1992。
  • 黒田末寿『人類進化再考/社会生成の考古学』以文社、1999。
  • サベージ=ランバウ『カンジ/言葉をもった天才ザル』NHK出版、1993。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ CITES homepage
  2. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • Fruth, B., Benishay, J.M., Bila-Isia, I., Coxe, S., Dupain, J., Furuichi, T., Hart, J., Hart, T., Hashimoto, C., Hohmann, G., Hurley, M., Ilambu, O., Mulavwa, M., Ndunda, M., Omasombo, V., Reinartz, G., Scherlis, J., Steel, L. & Thompson, J. 2008. Pan paniscus. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.