黒田末寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒田 末寿(くろだ すえひさ、1947年 - )は、日本の自然人類学者、滋賀県立大学名誉教授。

来歴・人物[編集]

岡山県生まれ。1971年京都大学理学部卒業、同大学院博士課程修了、1981年「ピグミーチンパンジーの社会学的研究」で京大理学博士。1982年『ピグミーチンパンジー』で読売文学賞受賞。京大理学部助手、助教授、1994年滋賀県立大学人間文化学部助教授、教授。

1974年から1987年までザイール(現コンゴ民主共和国)でピグミーチンパンジーを研究、1989年からコンゴでゴリラとチンパンジーを研究。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ピグミーチンパンジー 未知の類人猿』筑摩書房・ちくまぶっくす 1982 のち筑摩叢書、以文社
  • 『人類進化再考 社会生成の考古学』以文社 1999
  • 『自然学の未来 自然への共感』弘文堂 シリーズ「現代の地殻変動」を読む 2002

共著[編集]

  • 『人類の起源と進化』市川光雄片山一道共著 有斐閣双書Gシリーズ 1987
  • 『アフリカを歩く フィールドノートの余白に』加納隆至、橋本千絵共編著 以文社 2002

参考[編集]