加納隆至

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

加納隆至(かのうたかよし、1938年- )は、日本の霊長類学者、京都大学霊長類研究所名誉教授。今西錦司伊谷純一郎に師事。チンパンジーボノボを調査。西田利貞伊沢紘生とは大学院の同級生。

経歴[編集]

1963年京都大学理学部卒、1968年 ジョージア州エモリー大学附属ヤーキース霊長類研究所勤務、1970年琉球大学保健学部助教授、1971年 京都大学 理学博士「タンガニイカ湖東岸のオープンランドにおけるチンパンジーの分布と適応」、1984年 琉球大学教授、1987年京都大学霊長類研究所教授、2001年定年退官、名誉教授。

著書[編集]

共編著[編集]

論文[編集]

参考[編集]

  • 退官にあたって 加納隆至 霊長類研究所年報 2001-10-01