ウロコオリス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウロコオリス科
ヒメウロコオリス
ヒメウロコオリス Anomalurus pusillus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 齧歯目 Rodentia
亜目 : ウロコオリス形目
Anomaluromorpha
: ウロコオリス科 Anomaluridae
学名
Anomaluridae Gervais, 1849[1]
タイプ属
Anomalurus Waterhouse, 1842
和名
ウロコオリス科[2]
亜科・属

ウロコオリス科(ウロコオリスか、Anomaluridae)は、齧歯目に含まれる科。

分布[編集]

アフリカ大陸西部および中部[2]

形態[編集]

最大種はロードダービーウロコオリスで体長27 - 37.9センチメートル、体重450 - 1,090グラム[2]。尾はやや短く、細い体毛で被われる[2]。尾基部の腹面の皮膚が角質化し鱗状に重なり合う[2][3]

多くの種で前肢と後肢の間、後肢と尾の間に伸びた皮膚(飛膜)がある[2]。マクナシウロコオリスには飛膜がない[3]。肘や上腕部から軟骨が突出し飛膜を支える[2][3]

分類[編集]

2002年に発表されたミトコンドリアDNAシトクロムbと12S rRNAの塩基配列を決定し最大節約法最尤法による系統解析では、トビウサギ科と近縁であることが示唆されている[4]

分類はMSW3(Dieterlen, 2005)、和名は(今泉, 1986)に従う[1][5]

生態[編集]

熱帯や亜熱帯の原生林に生息する[2]夜行性と考えられ、昼間は樹洞や幹で休む種もいる[2]。ピグミーウロコオリス属は樹洞で100匹に達するコロニーを形成した例がある[2]。樹間を皮膜を広げて最大200メートルまで滑空し、ピグミーウロコオリスは6.5キロメートルの距離を移動した報告例がある[2]

食性は雑食で、植物の果実樹皮昆虫などを食べる種もいる[2][3]

画像[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Fritz Dieterlen, "Anomaluridae". Mammal Species of the World, (3rd ed.), Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, pp. 1532-1534.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Theodore E. Fleming「ウロコオリス、ポケットマウス」今泉吉晴訳『動物大百科5 小型草食獣』今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編、平凡社1986年、46-47頁。
  3. ^ a b c d 2001. "Anomaluridae" (On-line), Animal Diversity Web. Accessed September 30, 2015 at http://animaldiversity.org/accounts/Anomaluridae/
  4. ^ Claudine Montgelarda, b, Sophie Bentzc, Claire Tirardd, Olivier Verneauc, Francois M. Catzeflis, "Molecular Systematics of Sciurognathi (Rodentia): The Mitochondrial Cytochrome b and 12S rRNA Genes Support the Anomaluroidea (Pedetidae and Anomaluridae)", Molecular Phylogenetics and Evolution, Volume 22, Issue 2, 2002, pp. 220?233.
  5. ^ 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 「げっ歯目・ウサギ目・ハネジネズミ目全種リスト」『動物大百科5 小型草食獣』、平凡社、1986年、157頁。

関連項目[編集]