ペーター・デュットマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ペーター・デュットマン
Peter Düttmann
渾名 ボニファティウス
生誕 1923年5月23日
ドイツの旗 ドイツ国
Flagge Großherzogtum Hessen ohne Wappen.svg ヘッセン国民国
ギーセン
死没 2001年1月9日(2001-01-09)(77歳)
ドイツの旗 ドイツ
Flag of Baden-Württemberg.svg バーデン=ヴュルテンベルク州
ラインフェルデン=エヒターディンゲン
所属組織 War Ensign of Germany (1938-1945).svg ドイツ国防軍空軍
軍歴 1941–45
最終階級 少尉
テンプレートを表示

ペーター・デュットマン(ドイツ語: Peter "Bonifazius" Düttmann1923年5月23日 - 2001年1月9日)は、ドイツの軍人。最終階級は空軍少尉。第二次世界大戦では、独ソ戦において戦闘機メッサーシュミット Bf109を操り、総出撃回数398回、総撃墜数152機を記録したエース・パイロットとして知られる。その戦功により騎士鉄十字章を受章した。

経歴[編集]

第二次世界大戦中、デュットマンはドイツ空軍東部予備戦闘飛行隊に所属した後、1943年5月7日第52戦闘航空団(JG52)へ配属された。彼は終戦までJG52に務め、ハインツ・エヴァルト英語版ハインツ・ザクセンベルクなどと編隊を組んでいる。1943年5月21日に初の戦果を上げた彼は、その年の終わりまでにさらに24機撃墜を記録した。7月11日、アメリカの攻撃機A-20の編隊と遭遇し、被弾。不時着水を余儀なくされた。さらに約1か月後の8月9日には胴体着陸を行っており、17時間ほど行方不明となった。そして約2週間後の8月23日、今度はソ連軍の高射砲に砲撃され、搭乗機体が発火。このときも胴体着陸を行っている。

デュットマンはさらに記録を伸ばし、1944年5月7日には総撃墜数が91機に達した。その後、戦闘疲労により5月末から9月まで休養した。復帰後の9月24日に総撃墜数100機を記録している。11月13日、彼はソ連の攻撃機Il-2に上空約300メートルで撃墜されるが、生還を果たした。12月23日にJG52第5中隊中隊長に就任。終戦直前の1945年4月26日、大戦最後の撃墜を記録した。

最終的に総出撃数398回、総撃墜数152機を記録し、他にM4シャーマン戦車を2両撃破している。大戦を通じて、被撃墜や不時着が17回あったが全てにおいて無傷で生還している。

デュットマンは騎士鉄十字章を受章しているが、大戦末期にはその一つ上のクラスである柏葉付騎士鉄十字章受章の推薦をされていた。

叙勲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Obermaier 1989, p. 104.
  2. ^ Patzwall & Scherzer 2001, p. 95.
  3. ^ Fellgiebel 2000, p. 167.
  4. ^ Scherzer 2007, p. 283.

参考文献[編集]

  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 – Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Obermaier, Ernst (1989) (German). Die Ritterkreuzträger der Luftwaffe Jagdflieger 1939 – 1945 [The Knight's Cross Bearers of the Luftwaffe Fighter Force 1939 – 1945]. Mainz, Germany: Verlag Dieter Hoffmann. ISBN 978-3-87341-065-7. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II [The German Cross 1941 – 1945 History and Recipients Volume 2]. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Miltaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Weal, John (2001). Bf 109 Aces of the Russian Front. Oxford, UK: Osprey Publishing. ISBN 978-1-84176-084-1. http://books.google.com/books?id=IzJUlCpm4zMC&printsec=frontcover. 

外部リンク[編集]