フランツ=ヨーゼフ・ベーレンブロク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランツ=ヨーゼフ・ベーレンブロク
Franz-Josef Beerenbrock
生誕 1920年4月9日
Flag of Germany (3-2 aspect ratio).svgヴァイマル共和国
Flag of Prussia (1892-1918).svgプロイセン自由州
ノルトライン=ヴェストファーレン州
レックリングハウゼン郡
ダッテルン
死没 (2004-12-13) 2004年12月13日(84歳没)
ドイツの旗 ドイツ
ノルトライン=ヴェストファーレン州
ミュンスター行政管区
コースフェルト郡
オルフェン
所属組織 Balkenkreuz.svgドイツ国防軍空軍
Bundeswehr Kreuz.svgドイツ連邦軍空軍
軍歴 1938年 - 1945年
最終階級 少尉
テンプレートを表示

フランツ=ヨーゼフ・ベーレンブロクFranz-Josef Beerenbrock1920年4月9日 - 2004年12月13日)はドイツ空軍軍人第二次世界大戦では約400回の出撃で117機を撃墜したエース・パイロットであり、その戦功から柏葉付騎士鉄十字章を授与された。

経歴[編集]

1920年4月9日ヴァイマル共和国プロイセン自由州ノルトライン=ヴェストファーレン州レックリングハウゼン郡ダッテルンで生まれた。1938年10月1日、高射砲部隊に入隊し、1939年にパイロット訓練を受けた。1941年3月、第51戦闘飛行隊(JG 51)第12飛行中隊に転属。6月24日にはSBを2機撃墜し初戦果を記録している。1942年8月1日カール=ゴットフリート・ノルトマンの僚機として9機を撃墜し、ドイツ空軍のパイロットで15人目となる100機撃墜を達成[1]。JG 51では当時最多の撃墜数だった。8月3日柏葉付騎士鉄十字章を授与され、少尉に昇進。11月、JG 51第10飛行中隊の中隊長となった。

11月9日、数で優勢なソ連の戦闘機パイロットと戦闘になり、3機を撃墜したが搭乗するメッサーシュミット Bf109 F-2ラジエーターに被弾した。ソ連の領土に墜落し、ベーレンブロクは捕虜になった。

大戦終結後の1949年12月中旬に西ドイツに帰国。1955年1月1日ドイツ連邦軍の士官としてドイツ空軍に入隊した。

ベーレンブロクは第二次世界大戦で出撃回数約400回、総撃墜数117機を記録した。そのすべてが東部戦線で記録したもので、少なくとも12機はIl-2である。

2004年12月13日、ノルトライン=ヴェストファーレン州ミュンスター行政管区コースフェルト郡オルフェンで亡くなった。満84歳没(享年85)。

叙勲[編集]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Obermaier 1989, p. 243.
  2. ^ Thomas 1997, p. 35.
  3. ^ Patzwall & Scherzer 2001, p. 32.
  4. ^ a b Scherzer 2007, p. 210.

参考文献[編集]

  • Bergstrom, Christer. Red Star – Black Cross: Russian and German Fighter Pilots in Combat 1941–1945
  • Obermaier, Ernst (1989) (German). Die Ritterkreuzträger der Luftwaffe Jagdflieger 1939 – 1945 [The Knight's Cross Bearers of the Luftwaffe Fighter Force 1939 – 1945]. Mainz, Germany: Verlag Dieter Hoffmann. ISBN 978-3-87341-065-7. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II [The German Cross 1941 – 1945 History and Recipients Volume 2]. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Militaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2.