ヴァルター・シュック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴァルター・シュック
Walter Schuck
渾名 ゾーンデル
生誕 1920年7月30日
Flag of Saar 1920-1935.svg ザール盆地地域フランケンホルツ
死没 2015年3月27日
所属組織 War Ensign of Germany (1938-1945).svg ドイツ国防軍空軍
軍歴 1937–45
最終階級 中尉
テンプレートを表示

ヴァルター・シュック(ドイツ語: Walter Schuck1920年7月30日 - 2015年3月27日[1])は、ドイツの軍人。最終階級は空軍中尉。第二次世界大戦では総撃墜数206機を記録したエース・パイロットであり、その戦功から柏葉付騎士鉄十字章を受章した。

経歴[編集]

シュックは第二次世界大戦勃発当初の1940年10月、第3戦闘航空団(JG3)へ配属された。1942年4月からは第5戦闘航空団(JG5)第7飛行中隊へ配属替えとなり、北欧へ派遣された。5月15日に初の戦果を上げた彼は、約1年後の1943年8月2日までに計54機を撃墜しており、その途中でドイツ十字章を受章している。10月13日には軍曹へと昇進した。

1944年4月8日、シュックは計84機撃墜の戦功により騎士鉄十字章を受章した。6月1日に少尉へと昇進した彼の撃墜数はさらに伸び、6月12日には計100機撃墜を記録するに至っている。9月30日、僅か3か月で約70機を撃墜した彼は柏葉付騎士鉄十字章を受章しているが、その時の総撃墜数は172機にも上る。1945年1月1日、中尉へと昇進した彼は、JG5第10飛行中隊中隊長に就任した。その後、2月に第7戦闘航空団(JG7)第3飛行中隊へと転属となり、搭乗機もメッサーシュミット Bf109からメッサーシュミット Me262へと変更しているが、Me262でも8機撃墜を記録し、JG7第3飛行中隊中隊長へと就任した。最終的に、第二次世界大戦を通して206機の撃墜を記録している。終戦間近、アメリカ陸軍航空軍との交戦で撃墜される[2]ものの、パラシュート脱出を図り事なきを得ている。

2015年3月に死去するまで、シュックは数少ない存命している3桁撃墜のパイロットとして知られていた。彼の死去に伴い、3桁撃墜の存命パイロットはエーリッヒ・ルドルファー(222機~224機)のみとなっていたが、ルドルファーは2016年に亡くなった。

叙勲[編集]

著書[編集]

ヴァルター・シュック:Abschuss! Von der Me 109 zur Me 262. Helios, Aachen 2007, ISBN 978-3-938208-44-1

脚注[編集]

  1. ^ Jagdgeschwader 5 Eismeer und 7 Nowotny
  2. ^ Colonel Joe Peterburs USAF - Dinner Speaker for May 22, 2008
  3. ^ a b Veit Scherzer: Die Ritterkreuzträger 1939-1945, Scherzers Militaer-Verlag, Ranis/Jena 2007, ISBN 978-3-938845-17-2, S.686

参考文献[編集]

  • Ernst Obermaier: Die Ritterkreuzträger der Luftwaffe Band I: Jagdflieger, ISBN 3-87341-065-6
  • Toliver, Raymond F./Constable, Trevor J. (1992): Das waren die deutschen Jagdfliegerasse 1939-1945. 14. Auflage. Stuttgart, Motorbuch-Verlag. (ISBN 3-87943-193-0).
  • Edward H. Sims: Jagdflieger - Die großen Gegner von einst Motorbuchverlag Stuttgart 16. Aufl. 1996, ISBN 3-87943-115-9 S.33
  • Mike Spick:Die Jägerasse der deutschen Luftwaffe.Verlag: Bernard & Graefe (Januar 2000), ISBN 3-7637-5978-6