ホルスト・アデマイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ホルスト・アデマイト
Horst Ademeit
生誕 1912年2月8日
Flag of the German Empire.svg ドイツ帝国
Flag of Prussia (1892-1918).svg プロイセン王国
ヴロツワフ
死没 1944年8月7日
Flag of the NSDAP (1920–1945).svg ドイツ占領下ラトビア
ダウガフピルス
所属組織 War Ensign of Germany (1938-1945).svg ドイツ国防軍空軍
軍歴 1936–44
最終階級 少佐
テンプレートを表示

ホルスト・アデマイト(ドイツ語: Horst Ademeit1912年2月8日 - 1944年8月7日)は、ドイツの軍人。最終階級は空軍少佐。第二次世界大戦では総撃墜数166機を記録したエース・パイロット[1]であり、その戦功から柏葉付騎士鉄十字章を受章した。

経歴[編集]

前半生[編集]

1912年2月8日ドイツ帝国プロイセン王国ヴロツワフに生まれたアデマイトは、ケーニヒスベルク大学へ進学した。また、化学系はベルリン工科大学ブラウンシュヴァイク工科大学で学び、卒業に際して学位記が交付された。

1936年8月1日ドイツ国防軍空軍へ入隊[2]し、1938年12月9日には予備役士官候補生となった[2]

第二次世界大戦[編集]

1940年春、伍長だったアデマイトはドイツ空軍第54戦闘航空団(JG54)第3中隊へ配属され、バトル・オブ・ブリテンに参戦した。1940年9月18日に初撃墜を記録するが、その後チャンネル諸島上空で搭乗機が撃墜された。しかし彼は自力で脱出し、ゼーノートディーンストに救助され、無傷で済んでいる。

1941年6月のバルバロッサ作戦により、アデマイトはJG54第I飛行隊として独ソ戦に参戦した。その後驚異的なスピードで撃墜数を伸ばしていき、1944年1月15日に通算撃墜数100機を記録した。1944年2月4日にはJG54第I飛行隊の飛行隊長に就任している。

1944年8月7日フォッケウルフ Fw190 A-5で飛行中、ソ連の攻撃機Il-2に遭遇した。アデマイトは離脱を図ったが、その後消息が途絶えた[3]

第二次世界大戦を通し、アデマイトは総出撃数600回以上、総撃墜数166機を記録し、死後少佐へと昇進した[3]

叙勲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Spick 1996, pp. 3–4.
  2. ^ a b Stockert 2007, p. 29.
  3. ^ a b c Obermaier 1989, p. 60.
  4. ^ a b Thomas 1997, p. 2.
  5. ^ Patzwall 2008, p. 40.
  6. ^ Patzwall & Scherzer 2001, p. 11.
  7. ^ a b Scherzer 2007, p. 188.
  8. ^ Fellgiebel 2000, p. 113.
  9. ^ Fellgiebel 2000, p. 79.

参考文献[編集]

  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 – Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Obermaier, Ernst (1989) (German). Die Ritterkreuzträger der Luftwaffe Jagdflieger 1939 – 1945 [The Knight's Cross Bearers of the Luftwaffe Fighter Force 1939 – 1945]. Mainz, Germany: Verlag Dieter Hoffmann. ISBN 978-3-87341-065-7. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II [The German Cross 1941 – 1945 History and Recipients Volume 2]. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Patzwall, Klaus D. (2008) (German). Der Ehrenpokal für besondere Leistung im Luftkrieg [The Honor Goblet for Outstanding Achievement in the Air War]. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-08-3. 
  • Schaulen, Fritjof (2003) (German). Eichenlaubträger 1940 – 1945 Zeitgeschichte in Farbe I Abraham – Huppertz [Oak Leaves Bearers 1940 – 1945 Contemporary History in Color I Abraham – Huppertz]. Selent, Germany: Pour le Mérite. ISBN 978-3-932381-20-1. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Miltaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Spick, Mike (1996). Luftwaffe Fighter Aces. New York: Ivy Books. ISBN 978-0-8041-1696-1. 
  • Stockert, Peter (2007) (German). Die Eichenlaubträger 1939–1945 Band 5 [The Oak Leaves Bearers 1939–1945 Volume 5]. Bad Friedrichshall, Germany: Friedrichshaller Rundblick. OCLC 76072662. 
  • Thomas, Franz (1997) (German). Die Eichenlaubträger 1939–1945 Band 1: A–K [The Oak Leaves Bearers 1939–1945 Volume 1: A–K]. Osnabrück, Germany: Biblio-Verlag. ISBN 978-3-7648-2299-6. 

外部リンク[編集]