ペン・ヌート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ペン・ヌート
ប៉ែន នួត
ペン・ヌート(1947年)
生年月日 (1906-04-01) 1906年4月1日
出生地 フランス領インドシナ連邦
カンボジア王国プノンペン
没年月日 (1985-05-18) 1985年5月18日(79歳没)
死没地 フランスの旗 フランスオー=ド=セーヌ県シャトネ=マラブリー
出身校 フランコ・クメール学校
所属政党 フンシンペックサンクム→民主党

在任期間 1953年11月9日 - 11月22日
元首 ノロドム・シハヌーク

在任期間 1954年4月18日 - 1955年1月26日
元首 ノロドム・シハヌーク

在任期間 1958年1月17日 - 4月24日
元首 ノロドム・スラマリット

在任期間 1961年1月28日 - 11月17日
元首 ノロドム・シハヌーク

在任期間 1968年1月31日 - 1969年8月14日
国家元首 ノロドム・シハヌーク

その他の職歴
民主カンプチアの旗 民主カンプチア 初代首相
1975年4月17日 - 1976年4月4日
テンプレートを表示

サムデク・ペン・ヌートクメール語: ប៉ែន នួត, ラテン文字転写: Samdech Penn Nouth, 1906年4月1日 - 1985年5月18日)は、カンボジア政治家

ノロドム・シハヌークの側近で、フランス保護領カンボジアカンボジア王国民主カンプチアと国の政体が変わる中で首相を六度務めた。

生涯[編集]

はじめフランスのインドシナ総督府の保護下にあったカンボジアでカンダル州副知事や財相などの要職を務めていた。

カンボジアがフランスから独立するとノロドム・シハヌークから初代首相に任じられた。以降何度も首相に任命されたほか、1955年アジア・アフリカ会議のカンボジア代表や駐仏大使などを歴任した。

1970年ロン・ノルのクーデターによってシハヌークが追放されると、シハヌークに付き従って中華人民共和国北京市に亡命した。

1975年クメール・ルージュが政権を握って、民主カンプチアが成立すると帰国して首相に任じられるが、実権はなく飾り物に過ぎなかった。

首相辞任後は中華人民共和国を経てフランスに亡命、同地で死去した。