ノロドム・スラマリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノロドム・スラマリット
នរោត្ដម សុរាម្រិត
カンボジア国王
King Norodom Suramarit of Cambodia.JPG
国王をかたどった蝋人形
在位 1955年3月3日 - 1960年4月3日
全名 នរោត្ដម សុរាម្រិត
ノロドム・スラマリット
出生 (1896-03-06) 1896年3月6日
Flag of Cambodia under French protection.svg フランス領インドシナ、カンボジア王国、プノンペン
死去 (1960-04-03) 1960年4月3日(64歳没)
Flag of Cambodia.svg カンボジアプノンペン
配偶者 シソワット・コサマック
子女
父親 ノロドム・スタロット
母親 バガワティ・バガナジャ
宗教 上座部仏教
テンプレートを表示

ノロドム・スラマリットクメール語: នរោត្ដម សុរាម្រិត / Norodom Suramarit, 1896年3月6日 - 1960年4月3日)はカンボジア国王(在位:1955年3月3日 - 1960年4月3日)。

生涯[編集]

ノロドム王の王子ノロドム・スタロットの子としてプノンペンで生まれる。父ノロドム・スタロットの従弟であるシソワット・モニヴォン王の王女コサマック(従って父方の再従兄妹同士)を妃とし、夫妻の長男がノロドム・シハヌークである。

1930年代半ばまではモニヴォン王の後継と考えられ、30年代末にもシソワット家のモニレット親王とともに、再び後継候補とされた[1]。しかし、フランスの政策により、1941年に息子のシハヌークが王位を継承した。

1955年3月3日に政治活動への参加のため退位したシハヌークから王位を譲られて即位した。スラマリット国王の治世は、首相に就任したシハヌークの強力な国政指導と厳正な中立政策により、平和な時代が続いた。しかし健康を害したスラマリット国王は、1960年4月3日に在位5年で死去した。以後カンボジアの王位は1970年ロン・ノルクーデターによる王制廃止まで空位となった。国王空位の間、シハヌークが国家元首として政務に当たり、コサマック王妃が国王の「象徴」とみなされた[2]

脚注[編集]

  1. ^ オズボーン(1996年)、27ページ
  2. ^ オズボーン(1996年)、134ページ

参考文献[編集]

先代:
ノロドム・シハヌーク
カンボジアの旗 カンボジア王国国王
1955年 - 1960年
次代:
1960年から1970年まで
空位
1970年から1993年まで
王政廃止
1993年から
ノロドム・シハヌーク