ペイン・オヴ・サルヴェイション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペイン・オブ・サルヴェイション
Pain of Salvation
Hellfest2017PainOf Salvation 02.jpg
フランス・クリソン公演 (2017年6月)
基本情報
別名 Reality (1984年-1991年)
出身地  スウェーデン
セーデルマンランド県 エスキルストゥーナ
ジャンル プログレッシブ・ロック[1]
プログレッシブ・メタル[1]
アート・ロック
エクスペリメンタル・ロック
ニュー・メタル
活動期間 1984年 - 現在
レーベル Inside Out Music
公式サイト painofsalvation.com
メンバー ダニエル・ギルデンロウ (Vo/G)
ヨハン・ハルグレン (G)
グスタフ・イェルム (B)
ダニエル・カールソン (Key)
レオ・マーガリット (Ds)
旧メンバー ヨハン・ランゲル (Ds)
クリストファー・ギルデンロウ (B)
フレドリック・ヘルマンソン (Key)
ほか別記参照
バンド ロゴ

ペイン・オブ・サルヴェイションPain of Salvation)は、スウェーデン出身のプログレッシブ・ロック・バンド[1]

略称PoS。アルバムの物語性が高く、また様々な音楽ジャンルから影響を受けたアプローチを見せている。

略歴[編集]

創始者ダニエル・ギルデンロウ(Vo/G) 2010年

[2]

  • 1984年、バンドの原型となる「Reality」が当時11歳だったダニエル・ギルデンロウにより結成される。
  • 1987年、史上最年少でスウェーデンの音楽コンテスト「Rock-SM」に出場し、ダニエルはベスト・ボーカリストを受賞。同年、同じく最年少でビートルズ・フェスティバルにも参加。
  • 1990年、バンドのメンバー交代が行われる。ベースはヨアキム・ストランドバーグからマグナス・ヨハンソンを経て、のちにメシュガーに加入するグスタフ・イェルムへ、ドラムはミカエル・パターソンからヨハン・ランゲルへと交代した。
  • 1991年ペイン・オブ・サルヴェイションとして初めてのライブを行う。
  • 1994年、ベースのグスタフが脱退し、後任にダニエルの実弟であるクリストファー・ギルデンロウが参加。
  • 1996年、キーボード・プレイヤーとしてフレドリック・ヘルマンソンを迎える。
  • 1997年、1stアルバム『エントロピア』をリリース。
  • 1998年、2ndアルバム『ワン・アワー・バイ・ザ・コンクリート・レイク』をリリース。録音作業中にギターのダニエル・マディックが脱退し、後釜としてヨハン・ハルグレンが加入。
  • 2000年、3rdアルバム『ザ・パーフェクト・エレメント・パート1』をリリース。このアルバムから、アートワークをダニエルが担当するようになる。ツアー中、バルセロナでダニエルは左手の指を骨折したが、ツアーは断行された。
  • 2002年、4thアルバム『レメディ・レーン』をリリース。
  • 2004年エスキルステューナでのアコースティック・ライブを収めたアルバム『12:5』をリリース。
    • 5thアルバム『Be』をリリース。
  • 2005年、初の映像作品『ビー (オリジナル・ステージ・プロダクション)』をDVD+CDの形でリリース。
  • 2006年、クリストファー・ギルデンロウが脱退。
  • 2007年、6thアルバム『スカーシック』をリリース。
    • ドラムのヨハン・ランゲルの、2007年いっぱいでの脱退が発表される。
    • ドラムのヨハン・ランゲル脱退。レオ・マーガリットが加入。
スウェーデン・セルベスボリ公演 (2008年6月)
  • 2008年、サイモン・アンダーソン脱退。
  • 2009年、ライブDVD『Ending Themes (On the Two Deaths of Pain of Salvation)』リリース。
    • ミニアルバム『リノリウム』をリリース。
  • 2010年、7thアルバム『ロード・ソルト・ワン』をリリース。
  • 2011年、8thアルバム『ロード・ソルト・ツー』をリリース。
    • ヨハン・ハルグレン、フレドリック・ヘルマンソンが脱退[3]。ダニエル・カールソン(KEY)が加入。
    • グスタフ・イェルムが復帰。ラグナー・ソルベルグが加入。
  • 2014年、過去の曲をアコースティックで再録した9thアルバム『Falling Home』をリリース。
  • 2017年、節目の10thアルバム『イン・ザ・パッシング・ライト・オヴ・デイ』をリリース[4]
    • ラグナー・ソルベルグが脱退し、ヨハン・ハルグレンが復帰。

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

  • ダニエル・ギルデンロウ (Daniel Gildenlöw) - ボーカルギター (1984年− )
  • ヨハン・ハルグレン (Johan Hallgren) - ギター (1997年-2011年、2017年− )
  • グスタフ・イェルム (Gustaf Hielm) - ベース (1992年−1994年、2011年− )
  • ダニエル・カールソン (Daniel "D2" Karlsson) - キーボード (2011年− )
  • レオ・マーガリット (Leo Margarit) - ドラムス (2007年− )

旧メンバー[編集]

  • ダニエル・マディック (Daniel Magdic) - ギター (1986年−1997年)
  • ヨハン・ランゲル (Johan Langell) - ドラムス (1989年−2007年)
  • マグナス・ヨハンソン (Magnus Johansson) - ベース (1990年−1992年)
  • クリストファー・ギルデンロウ (Kristoffer Gildenlöw) - ベース (1994年−2006年)
  • フレドリック・ヘルマンソン (Fredrik Hermansson) - キーボード (1996年−2011年)
  • ヨハン・ハルグレン (Johan Hallgren) - ギター (1997年-2011年)
  • サイモン・アンダーソン (Simon Andersson) - ベース (2007年−2008年)
  • ラグナー・ソルベルグ (Ragnar ZSolberg) - ギター (2011年−2013年、2014年−2017年)

「Reality」時代に脱退したメンバー[編集]

  • ヨアキム・ストランドバーグ (Joakim Strandberg) - ベース (1984年−1990年)
  • ミカエル・パターソン (Mikael Pettersson) - ドラムス (1984年−1989年)

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ライブ・アルバム[編集]

  • 12:5』 - 12:5 (2004年)
  • Ending Themes (On the Two Deaths of Pain of Salvation) (2009年)
  • Remedy Lane Re:lived (2016年)

EP[編集]

  • 『リノリウム』 - Linoleum (2009年)

映像作品[編集]

  • 『ビー (オリジナル・ステージ・プロダクション)』 - "BE" (Original Stage Production) (2005年)
  • Ending Themes (On the Two Deaths of Pain of Salvation) (2009年)

出典[編集]

外部リンク[編集]