ベーラ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベーラ1世
I. Béla
ハンガリー王
Nte-kir-1bela.jpg
ベーラ1世の胸像
在位 1060年 - 1063年

出生 1016年
死去 1063年9月11日
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国
埋葬 ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国セクサールド修道院
配偶者 リグザ
子女 ゲーザ1世
ラースロー1世
ランペルト
ソフィーア
エウフェーミア
マーリア
イロナ
家名 アールパード家
王朝 アールパード朝
父親 ヴァズル
テンプレートを表示

ベーラ1世(I. Béla, 1016年 - 1063年9月11日)は、ハンガリー王(在位:1060年 - 1063年)。アンドラーシュ1世の同母弟。

概要[編集]

兄・アンドラーシュ1世が幼少の息子シャラモンに王位を与えたことに激怒して反乱を起こし、兄を追放して即位。新貨幣の流通や、日曜市を土曜に移したり、王権強化の諸施策を実行した[1]

シャラモンを王に返り咲かせようとするオーストリアの侵攻を受ける中、ドメスの邸宅で座っていた玉座が壊れて落下、重傷を負う[2]。半死半生の状態で西の国境付近に連れていかれ、1063年9月11日に死去[1][2]

子女[編集]

1039年から1043年頃、ポーランドミェシュコ2世の長女リグザと結婚、8子をもうけた。

  • ゲーザ1世(1044年 - 1077年)
  • ラースロー1世(1048年 - 1095年)
  • ランペルト(1050年 - 1095年)
  • ソフィーア(1095年没) - イストリア辺境伯ウルリヒ1世妃、のちザクセン公マグヌス
  • エウフェーミア(1111年没) - オロモウツ公オタ1世(ボヘミア公ブジェチスラフ1世の子)妃
  • マーリア
  • イロナ(1095年没) - クロアチア王ドミタル・ズヴォニミル妃
  • 名前不詳の娘

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Kosztolnyik, Z. J. (1981). “Five Eleventh Century Hungarian Kings: Their Policies and their Relations with Rome.”. Columbia University Press.. 
  2. ^ a b Kristó, Gyula; Makk, Ferenc (1996). “Az Árpád-ház uralkodói [Rulers of the House of Árpád] (in Hungarian).”. I.P.C. Könyvek.