ベイタル・エルサレムFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベイタル・エルサレムFC
原語表記 Beitar Jerusalem Football Club
מועדון כדורגל בית"ר ירושלים
愛称 The Menorah
The Flag of the State
Lions from the Capital
クラブカラー 黄・黒
創設年 1936年
所属リーグ イスラエル・プレミアリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン エルサレム
ホームスタジアム テディ・スタジアム
収容人数 34,000
運営法人 Eli Tabib
監督 セルビアの旗/イスラエルの旗 スロボダン・ドラピッチ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ベイタル・エルサレムFCヘブライ語: מועדון כדורגל בית"ר ירושלים‎、英語: Beitar Jerusalem F.C.)は、イスラエルの都市エルサレムサッカークラブである。

1936年にベイタル(シオニズム青年運動)の活動家によって創設された。その出自からファンには現在もリクード支持者の右派が多く、人種差別的傾向が強いといわれる[1]。2005年にはアラブ系イスラエル人のFWアッバース・スワーンの加入がほぼ決まっていたが、サポーターからの反対で取り消されるという出来事もあった。

2005年8月にロシア系イスラエル人の富豪アルカディ・ガイダマクがクラブを買収したことで、イスラエル屈指の資金力を誇るクラブとなった。

タイトル[編集]

テディ・スタジアム
テディ・スタジアム

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン グヴィア・ハメディナ トトカップ
リーグ 試合数 得点 失点 勝ち点 順位
1999-00 プレミアリーグ 39 15 14 10 61 54 59 05位 準優勝 1回戦敗退
2000-01 プレミアリーグ 38 18 9 11 49 42 62 05位 準々決勝敗退 1回戦敗退
2001-02 プレミアリーグ 33 7 12 14 39 49 33 10位 準決勝敗退 2回戦敗退
2002-03 プレミアリーグ 33 10 6 17 46 59 36 09位 ベスト16 2回戦敗退
2003-04 プレミアリーグ 33 10 9 14 32 42 35 09位 ベスト16 グループステージ敗退
2004-05 プレミアリーグ 33 13 8 12 46 44 47 04位 ベスト16 グループステージ敗退
2005-06 プレミアリーグ 33 17 7 9 51 33 58 03位 ベスト16 準々決勝敗退
2006-07 プレミアリーグ 33 19 10 4 52 24 67 01位 ベスト32 準決勝敗退
2007-08 プレミアリーグ 33 20 7 6 61 23 67 01位 優勝 準決勝敗退
2008-09 プレミアリーグ 33 16 12 5 49 28 57[2] 03位 優勝 グループステージ敗退
2009-10 プレミアリーグ 35 14 7 14 50 44 26 05位 準々決勝敗退 優勝
2010-11 プレミアリーグ 35 12 9 14 38 35 26 11位 準々決勝敗退 準々決勝敗退
2011-12 プレミアリーグ 37 15 7 15 32 44 50[3] 09位 ベスト32 グループステージ敗退
2012-13 プレミアリーグ 33 9 12 12 44 54 39 10位 準々決勝敗退 グループステージ敗退
2013-14 プレミアリーグ 33 12 6 15 31 32 42 07位 準々決勝敗退 -
2014-15 プレミアリーグ 36 13 13 10 48 43 51 04位 ベスト32 グループステージ敗退
2015-16 プレミアリーグ 36 18 6 12 46 37 58 03位 ベスト32 準決勝敗退
2016-17 プレミアリーグ 0

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Arab football star may join Israel's most racist club”. Independent Online Edition (2007年12月2日). 2007年12月2日閲覧。
  2. ^ 勝ち点3が剥奪
  3. ^ 勝ち点2が剥奪

外部リンク[編集]