ヘルマン・ヴァインゲルトナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルマン・ヴァインゲルトナー Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Weingartner.jpg
ヘルマン・ヴァインゲルトナー
選手情報
フルネーム ヘルマン・オットー・ルードヴィヒ・ヴァインゲルトナー
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1864年8月27日
生誕地 ドイツの旗 ドイツブランデンブルク州フランクフルト・アン・デア・オーダー
故郷 ドイツの旗 ドイツ、ブランデンブルク州フランクフルト・アン・デア・オーダー
没年月日 1919年12月22日(満55歳没)
死没地 ドイツの旗 ドイツ、ブランデンブルク州フランクフルト・アン・デア・オーダー
種目 体操競技
所属 Berliner Turnerschaft
 
獲得メダル
オリンピック
1896 アテネ 平行棒団体
1896 アテネ 鉄棒団体
1896 アテネ 鉄棒
1896 アテネ あん馬
1896 アテネ つり輪
1896 アテネ 跳馬
テンプレートを表示

ヘルマン・ヴァインゲルトナーHermann Otto Ludwig Weingärtner1864年8月27日 - 1919年12月22日)は、ドイツの元体操選手である。彼は1896年に開催されたアテネオリンピック体操競技で、金メダル3個、銀メダル2個、銅メダル1個の合計6個のメダルを獲得した[1]

生涯[編集]

ヘルマン・ヴァインゲルトナーは、地元の体操クラブFrankfurter Turnverein 1860で体操を始め、後にベルリンに引っ越してからは当時のドイツ国内で体操競技を統括していた団体Deutsche Turnerschaftに参加した。

ヴァインゲルトナーは、19世紀後半に活躍したドイツの体操選手の中で最良の1人であり、また1896年アテネオリンピックの参加選手の中においても恐らく最良の体操選手であった。彼は団体競技(平行棒、鉄棒)[2] で2個の金メダル、個人競技では鉄棒で金メダル、つり輪とあん馬で銀メダル2個、跳馬で銅メダルを獲得している。そのうちつり輪においては、ギリシャ代表のイオアニス・ミトロポウロスと激しい点数争いになって審判の決定が膠着状態になった。最終的にはオリンピック組織委員会の一員として加わっていたギリシャ王子ゲオルギオスが同国代表のミトロポウロスに金メダルを与える裁定を下し、ヴァインゲルトナーは銀メダルを獲得する結果となった[3][4]

アテネオリンピックで華々しい成果を挙げてドイツに帰国したヴァインゲルトナーを含む大半の選手たちに下されたのは、競技活動の禁止処分だった。それは、Deutsche Turnerschaftがオリンピックを「非ゲルマン的」であることを理由にボイコットしたためだった。

それを機に彼は故郷のフランクフルト・アン・デア・オーダーに戻り、後には彼の父が創業したスイミングプールの経営を引き継いだ。1900年に彼は結婚して、3児の父となった。1919年12月22日、当時55歳になっていたヴァインゲルトナーは、オーデル川で溺れていた人を助けようとして溺死した。

彼の死後、1996年になってフランクフルト・アン・デア・オーダーにあるZiegenwerderの主要な歩道が「Hermann-Weingärtner-Weg.」と命名されている。

オリンピックでの成績[編集]

大会 場所 種目 結果
1896 アテネオリンピック アテネギリシャ 跳馬 3位
1896 アテネオリンピック アテネギリシャ 平行棒 順位不明
1896 アテネオリンピック アテネギリシャ 平行棒団体 1位
1896 アテネオリンピック アテネギリシャ 鉄棒 1位
1896 アテネオリンピック アテネギリシャ 鉄棒団体 1位
1896 アテネオリンピック アテネギリシャ つり輪 2位
1896 アテネオリンピック アテネギリシャ あん馬 2位

脚注[編集]

  1. ^ 1896年のアテネオリンピックでは金メダルはなく、優勝者には銀メダル、第2位の選手には銅メダルが贈呈され、第3位の選手にはメダルではなく賞状が授与されていたが、獲得メダルの表示及び本文の表現は便宜上第2回以降と同様のものを用いている。
  2. ^ 鉄棒団体競技に参加したのは、ドイツ代表の11選手のみだった。
  3. ^ Gymnastics at the 1896 Athina Summer Games:Men's Rings(英語)
  4. ^ アテネオリンピックのつり輪競技には、地元ギリシャ代表2名、ドイツ代表5名の合計7選手が出場した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]