プリティ・リトル・ライアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プリティ・リトル・ライアーズ
Pretty Little Liars
ジャンル ドラマ
製作者 I・マーレーン・キング (企画)
サラ・シェパード (原作)
発案者 I・マーレーン・キング
出演者 トローヤン・ベリサリオ
アシュレイ・ベンソン
シェイ・ミッチェル
ルーシー・ヘイル
タイラー・ブラックバーン
イアン・ハーディンク英語版
ローラ・レイトン
チャド・ロウ
ホリー・マリー・コームズ
ビアンカ・ローソン
ジャネル・パリッシュ
サーシャ・ピーターズ
キーガン・アレン
オープニングテーマ "Secret" by The Pierces
コンポーザー マイケル・サビー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 7
話数 122
製作
製作総指揮 I・マーレーン・キング
オリバー・ゴールドスティック
レスリー・モーゲンスタイン英語版
ボブ・レヴィ
プロデューサー リサ・コクラン=ニーラン
製作場所 ロサンゼルス(パイロット版はバンクーバー
撮影監督 ダナ・ゴンザレス
撮影体制 フィルム; シングルカメラ
放送時間 41–44分
製作会社 ワーナー・ホライズン・テレビジョン
アロイ・エンターテイメント英語版
ロング・レイク・プロダクション
ロシアン・ヒル・プロダクション
番組販売会社 ワーナー・ブラザース・テレビジョン
放送
放送局 ABCファミリー
放送期間 2010年6月8日 (2010-06-08) – present
外部リンク
ウェブサイト

プリティ・リトル・ライアーズ』(原題:Pretty Little Liars)は、サラ・シェパードの小説「ライアーズ」シリーズを原作とするテレビドラマ[1]。キャッチコピーは「女の子は嘘と秘密でできている」[2]ゴシップガールデスパレートな妻たちの制作陣が手がけており、“ティーン版「デスパレートな妻たち」”とも呼ばれている。[3]

概要[編集]

ワーナー・ブラザース・テレビジョンABCファミリーに向けて2010年6月8日に放送開始。第1シーズンは当初10話の予定だったがABCファミリーはさらに12話を制作することになり[4]2011年3月21日に放送を終了した[5]。第2シーズンは2011年6月14日に放送開始[6]13 Nights of Halloweenでのハロウィン特別版など3話が追加され計25話が放送[7]。ハロウィン特番(10月19日放送)では250万人が視聴した[8]。第3シーズンは2012年4月2日に撮影開始[9]。6月5日に放送開始した[10]。 2012年10月4日、ABCファミリーは 『プリティ・リトル・ライアーズ』の第4シーズンの製作決定を発表[11]。2013年3月14日から撮影を開始[12]し、同年6月11日からアメリカで放送開始である。

2013年3月26日には、ABCファミリーが『プリティ・リトル・ライアーズ』第5シーズンの放送決定と、この番組のスピンオフに当たる新ドラマシリーズRavenswoodの製作、Ravenswoodの放送開始を2013年10月頃と発表した。[13][14]Ravenswoodは2013年10月から2014年2月までABCファミリーで放送されたが、低視聴率を理由に打ち切られている。[15][16][17]

国内では、Dlifeにて2012年3月の開局直後から2013年2月にかけてシーズン1、2を、2013年10月から2014年3月までシーズン3が放送され、2014年10月からシーズン4を、2016年11月からシーズン5を放送。配信サイトではNetflixが配信をしている(シーズン1〜シーズン4)。

ストーリー[編集]

ペンシルベニア州の架空の町ローズウッド[18]に暮らす仲良しの女子高生五人組のひとりアリソンが謎の失踪を遂げてから一年後。 残されたスペンサー、アリア、エミリー、ハンナの元に"A"と名乗る正体不明の人物から、彼女たちの重大な秘密にかかわる内容のメールが届き始める。

スタッフ[編集]

  • 製作総指揮:I・マーレーン・キング、オリバー・ゴールドスティック、レスリー・モーゲンスタイン、ボブ・レヴィ
  • 撮影監督:ダナ・ゴンザレス
  • 制作:ワーナー・ホライズン、アロイ・エンターテイメント
  • 配給:ワーナー・ブラザース・テレビジョン

登場人物[編集]

主要人物[編集]

アリソン・ディローレンティス
演 - サーシャ・ピーターズ、日本語吹替 - 本名陽子
学校で中心的な立場にいた少女。ある日突然失踪し、それからしばらくして彼女の遺体が発見された。
アリア・モンゴメリー
演 - ルーシー・ヘイル、日本語吹替 - 小笠原亜里沙
みんなに愛される文学少女。エズラに興味を抱いている。一時期、父・バイロンに嫌悪感を抱いていた。
スペンサー・ヘイスティングス
演 - トローヤン・ベリサリオ、日本語吹替 - 行成とあ
優等生で完璧主義の少女。姉の婚約者・レンに恋心を抱いたことがある。その後トビーと交際する。
ハンナ・マリン
演 - アシュレイ・ベンソン、日本語吹替 - 嶋村侑
おしゃれにうるさい少女。盗み癖がある。昔は、太っていたが必死のダイエットでスリムな体型を手に入れた。長年思いを寄せていたショーンという恋人がいたが、シーズン1の途中で破局。後に転校生のケイレブと付き合う。
エミリー・フィールズ
演 - シェイ・ミッチェル、日本語吹替 - 吉田聖子
スポーツが得意で、親の期待に応える少女。マヤに対する恋心に悩んでいたが、その後カミングアウトする。しかし、そのことが原因で母親と不仲になったがその後無事仲直りした。トビーとは親友である。マヤが失踪してからは水泳部のライバルだったペイジと付き合う。

主要人物の周辺人物[編集]

エラ・モンゴメリー
演 - ホリー・マリー・コームズ、日本語吹替 - 山像かおり
アリアの母。夫の不倫をAからの手紙で知った時はひどいショックを受けた。
バイロン・モンゴメリー
演 - チャド・ロウ、日本語吹替 - 根本泰彦
アリアの父で、地元の大学の教授。元学生と不倫関係をもったことがあり、アリアからは嫌悪感を抱かれていた。今では、不倫を深く反省し良き父になれるよう努力している。
マイク・モンゴメリー
演 - コディ・クリスチャン、日本語吹替 - 河西健吾
アリアの弟で、ラクロス部に入っている。
アシュリー・マリン
演 - ローラ・レイトン、日本語吹替 - 日野由利加
ハンナの母で、家庭よりも仕事を優先する傾向にある。夫とは離婚しており、お金に困り自分の銀行の顧客のお金をくすねたことがある。
トム・マリン
演 - ローク・クリッチロウ、日本語吹替 - 境賢一
ヴェロニカ・ヘイスティングス
演 - レスリー・フェラ、日本語吹替 - 小日向みわ
スペンサーとメリッサの母。
ピーター・ヘイスティングス
演 - ノーラン・ノース、日本語吹替 - 丸山壮史
スペンサーとメリッサの父。
メリッサ・ヘイスティングス
演 - トーレイ・デヴィート、日本語吹替 - 合田絵利
スペンサーの姉で、あらゆることにおいてスペンサーを上回っている。そのため、妹との仲は悪い。イアンとの子供を妊娠していたが流産。
ウェイン・フィールズ
演 - エリック・ステインバーグ、日本語吹替 - 藤真秀
エミリーの父である軍人。軍人のためあまり家にいない。
パム・フィールズ
演 - ニア・ピープルズ、日本語吹替 - 沢田泉
エミリーの母親。伝統を重んじる厳しい人物で、エミリーのマヤに対する恋心を知った時はショックのあまり怒り悲しんだ。
ジェイソン・ディローレンティス
演 - パーカー・バグリー英語版ドリュー・ヴァン・アッカー英語版、日本語吹替 - 中田隼人
アリソンの兄で、メリッサとスペンサーの異母兄弟でもある。
エズラ・フィッツ
演 - イアン・ハーディング英語版、日本語吹替 - 花輪英司
英語教師。アリアに興味を抱いている。
モナ・ヴァンダーウォール
演 - ジャネル・パリッシュ、日本語吹替 - 合田絵利
シーズン1より登場。特別総集編である「ローズウッド入門」ではナレーターを担当。アリソンたちの仲間になりたかったがためにアリソンのまねをし続けた、元・ローズウッド一の嫌われ者の少女。
アリソン失踪後は、ハンナと親しくなり、一緒に行動することが増え、「大胆なイメチェン」も一緒に行った。また、昔のダサいイメージを消すためか少々口が悪い。
マヤ・セント・ジャーメイン
演 - ビアンカ・ローソン、日本語吹替 - 山根舞
アリソンたちの学校に転校してきた少女。アリソンが住んでいた家に越してきた。また、アリソンの遺体もマヤの家の庭で発見された。
トビー・キャバノー
演 - キーガン・アレン、日本語吹替 - 逢笠恵祐
エミリーの親友で、スペンサーの恋人。一時は少女たちを陥れようとしていたが、彼女たちを守る側に移った。
ジェンナ・マーシャル
演 - タミン・サーソク英語版、日本語吹替 - 中司ゆう花
トビーの義妹で、義兄とは肉体関係にあった。アリソンがトビーの家の物置に悪戯として花火を入れた際失明した。しばらくはフィラデルフィアの盲学校に通っていたが、アリソンの死を機にローズウッドに戻ってきた。
ケイレブ・リバース
演 - タイラー・ブラックバーン、日本語吹替 - 井上剛
初めはジェンナに金で雇われハンナに近づいたが、次第にハンナに惹かれて恋人となった。その後、ジェンナからの仕事は断りお金も返している。また、里親との関係は良くない。特技は、ハッキングや携帯の改造。
ダレン・ワイルデン
演 - ブライス・ジョンソン、日本語吹替 - 岩崎了
アリソン失踪事件の担当刑事。
ノエル・カーン
演 - ブラント・ドーハティ、日本語吹替 - 白川周作
学校で人気のある体育会系の少年で、ショーンとマイクの友人。アリアと一時期デートをしたこともあったが、アリアがエズラに気があることに気付き、そのことでアリアを強請ったが、Aの策略にはまった。
ショーン・アッカード
演 - チャック・ヒッティンガー、日本語吹替 - 西健亮
ペイジ・マッカラーズ
演 - リンゼイ・ショウ、日本語吹替 - 石田嘉代
水泳部部長で、エミリーが来るまでは彼女が花形の選手だった。そのため、エミリーの才能に焼きもちを焼いている。マヤに対する恋心を知って以来はそのことで彼女を脅していたが、現在は謝罪している。マヤ失踪後はエミリーと付き合う。
レン・キングストン
演 - ジュリアン・モリス、日本語吹替 - 遠藤純平
メリッサの元婚約者。
イアン・トーマス
演 - ライアン・メリマン、日本語吹替 - 樋口智透
メリッサの夫。教会でスペンサーを殺そうとするが後に自殺。
ルーカス・ゴッテスマン
演 - ブレンダン・ロビンソン、日本語吹替 - 新田英人
アリソンによく虐められていた少年で、彼女の死後も墓を荒らした。かつてハンナに報われぬ恋をし、友情という形で落ち着かせたことがある。ハンナの幸せを願っている。
ギャレット・レイノルズ
演 - ヤニ・ゲルマン、日本語吹替 - 水島大宙
アリソンの死の捜査にあたる捜査官。エミリーの家の近所に住んでいる。ジェンナと関係がある。
バリー・メイプル
演 - ジム・タイタス、日本語吹替 - 武田幸史
アリソンの死の捜査にあたる捜査官。
アン・サリバン
演 - アナベス・ギッシュ、日本語吹替 - 牛田裕子
シーズン2より登場。心理カウンセラー。少女たちがアリソンの死に向き合えるよう力を尽くした。Aが彼女の元を訪れた際、Aの正体を探ろうとするが、最終的に探るのをやめた。
その後も、登場人物たちの相談に乗っている。

エピソード[編集]

シーズン1[編集]

タイトル(邦題) 原題 監督 脚本
第1話 差出人は"A" Pilot レスリー・リンカ・グラッター I・マーレーン・キング
第2話 ジェンナの帰郷 The Jenna Thing リズ・フリードランダー I・マーレーン・キング
第3話 罪なき女子高生の死 To Killa Mocking Girl エロディ・キーン オリバー・ゴールドスティック
第4話 私の声が聞こえる? Can You Hear Me Now? ノーマン・バックリー英語版 ジョセフ・ドハーティ英語版
第5話 つらい現実 Reality Bites Me ウェンディ・スタンツラー英語版 ブライアン・M・ホールドマン
第6話 悪夢の学園祭 There's No Place Like Homecoming ノーマン・バックリー マヤ・ゴールドスミス
第7話 ゆうべの余韻 The Homecoming Hangover クリス・グリスマー英語版 タマル・ラッディ
第8話 波乱の除幕式 Please Do Talk About Me When I'm Gone アーリーン・サンフォード ジョセフ・ドハーティ
第9話 パーフェクト・ストーム The Perfect Storm ジェイミー・バビット オリバー・ゴールドスティック
第10話 味方は近くに置け Keep Your Friends Close ロン・ラゴマルシノ英語版 I・マーレーン・キング
第11話 急展開 Moments Laterur ノーマン・バックリー ジョセフ・ドハーティ
第12話 消えない傷 Salt Meets Wound ノーマン・バックリー オリバー・ゴールドスティック
第13話 仮面の敵意 Know Your Frenemies ロン・ラゴマルシノ I・マーレーン・キング
第14話 いけない願いごと Careful What U Wish 4 ノーマン・バックリー タマル・ラッディ
第15話 ウソも方便 If At First You Don't Succeed,Lie,Lie Again ロン・ラゴマルシノ マヤ・ゴールドスミス
第16話 昨日の敵は… Je Suis Une Amie クリス・グリスマー ブライアン・M・ホールドマン
第17話 変わり果てた日常 The New Normal マイケル・グロスマン英語版 ジョセフ・ドハーティ
第18話 悪魔の素顔 The Badass Seed ポール・ラザルス英語版
フランチェスカ・ロリンズ
第19話 重要参考人 A Person of Interest ロン・ラゴマルシノ I・マーレーン・キング
ジョエル・レノン
第20話 誰かが見ている Someone to Watch Over Me アーリーン・サンフォード ジョセフ・ドハーティ
第21話 モンスターの正体 Monsters in the End クリス・グリスマー オリバー・ゴールドスティック
第22話 誰かのために鐘は鳴る For Whon the Bell Tolls レスリー・リンカ・グラッター I・マーレーン・キング

シーズン2[編集]

タイトル(邦題) 原題 監督 脚本
第1話 まだ生きている It's Alive ロン・ラゴマルシノ英語版 I・マーレーン・キング
第2話 別れの時 The Goodbye Look ノーマン・バックリー英語版 ジョセフ・ドハーティ英語版
第3話 トラブルメーカー My Name Is Trouble エロディ・キーン オリバー・ゴールドスティック
第4話 ブラインド・デート Blind Dates ディーン・ホワイト英語版 チャーリー・クレイグ英語版
第5話 野放しにされた悪魔 The Devil You Know マイケル・グロスマン英語版 マヤ・ゴールドスミス
第6話 執着 Never Letting Go J・ミラー・トビン英語版 ブライアン・M・ホールドマン
第7話 表面張力 Surface Tension ノーマン・バックリー ジョセフ・ドハーティ
第8話 招待状 Save the Date クリス・グリスマー英語版 マット・ウィッテン英語版
第9話 心に描くもの Picture This パトリック・ノリス英語版 ジョエル・レノン
第10話 天使のような"A" Touched by an "A"-ngel チャド・ロウ チャーリー・クレイグ
マヤ・ゴールドスミス
第11話 告白 I Must Confess ノーマン・バックリー オリバー・ゴールドスティック
第12話 我が屍を越えて Over My Dead Body ロン・ラゴマルシノ I・マーレーン・キング
第13話 初めての秘密 The First Secret デイナ・W・ゴンザレス I・マーレーン・キング
第14話 苦悩と誘惑と罠 Through Many Dangers,Toils,and Snares ノーマン・バックリー ジョセフ・ドハーティ
第15話 "A"の協力者 A Hot Piece of A マイケル・グロスマン オリバー・ゴールドスティック
第16話 追いつめられて Let the Water Hold Me Down クリス・グリスマー ブライアン・M・ホールドマン
第17話 盲人を導くブロンド The Blond Leading the Blind アーリーン・サンフォード チャーリー・クレイグ
第18話 偽りのキス A Kiss Before Lying ウェンディ・スタンツラー英語版 マヤ・ゴールドスミス
第19話 紛れのない真実 The Naked Truth エロディ・キーン オリバー・ゴールドスティック
フランチェスカ・ロリンズ
第20話 CTRL:"A" CTRL:A ロン・ラゴマルシノ ジョセフ・ドハーティ
ライジャー・J・バラスツ
第21話 暗号解読 Breaking the Code ロジャー・カンブル英語版 ジョエル・レノン
第22話 父と娘 Father Know Best チャド・ロウ チャーリー・クレイグ
ブライアン・M・ホールドマン
第23話 それぞれの見方 Eye of the Beholder メラリー・メイロン英語版 ジョセフ・ドハーティ
第24話 この人形が話せたら If These Dolls Could Talk ロン・ラゴマルシノ オリバー・ゴールドスティック
マヤ・ゴールドスミス
第25話 仮面の正体 unmAsked レスリー・リンカ・グラッター I・マーレーン・キング

シーズン3[編集]

タイトル(邦題) 原題 監督 脚本 (第4話を除く)
第1話 “あの夜”の出来事 It Happened 'That Night' ロン・ラゴマルシノ英語版 I・マーレーン・キング
第2話 蘇った記憶 Blood is the New Black ノーマン・バックリー英語版 オリバー・ゴールドスティック
第3話 偽りの盲目 Kingdom of the Blind チャド・ロウ ジョセフ・ドハーティ英語版
第4話 疑惑の羽飾り Birds of a Feather ロジャー・カンブル英語版 Story by: マイケル・J・シンキューマニ
Teleplay by: ジョエル・レノン
第5話 青い毒薬 That Girl is Poison チャド・ロウ ブライアン・M・ホールドマン
第6話 “A”の名残り The Remains of the 'A' ノーマン・バックリー マヤ・ゴールドスミス
第7話 新たな謎 Crazy パトリック・ノリス英語版 アンディ・リーザー
第8話 驚きの告白 Stolen Kisses チェトナ・フューントス ジョセフ・ドハーティ
第9話 真実を探るゲーム The Kahn Game ウェンディ・スタンツラー英語版 ライジャー・J・バラスツ
第10話 犯人は別の人 What Lies Beneath パトリック・ノリス ジョエル・レノン
第11話 ある少女の過去 Single Fright Female ジョアンナ・カーンズ オリバー・ゴールドスティック
マヤ・ゴールドスティック
第12話 レディキラー The Lady Killer ロン・ラゴマルシノ I・マーレーン・キング
第13話 ゴーストトレイン This Is a Dark Ride ティム・ハンター ジョセフ・ドハーティ
第14話 戻ってきた彼女 She's Better Now ウェンディ・スタンツラー オリバー・ゴールドスティック
第15話 反撃 Mona Mania ノーマン・バックリー ブライアン・M・ホールドマン
第16話 裏切り Misery Loves Company I・マーレーン・キング I・マーレーン・キング
ジョエル・レノン
第17話 衝撃の事実 Out of the Frying Pan, Into the Inferno マイケル・グロスマン英語版 マヤ・ゴールドスミス
第18話 重大な秘密 Dead to Me アーリーン・サンフォード ジョセフ・ドハーティ
ライジャー・J・バラスツ
第19話 恋に破れて What Becomes of the Broken-Hearted ロン・ラゴマルシノ オリバー・ゴールドスティック
フランチェスカ・ロリンズ
第20話 窮地 Hot Water チャド・ロウ アンディ・リーザー
第21話 去る者は日々に疎し Out of Sight, Out of Mind メラリー・メイロン英語版 ジョエル・レノン
第22話 永遠の絆 Will the Circle Be Unbroken? ロン・ラゴマルシノ ジョセフ・ドハーティ
第23話 操り人形 I'm Your Puppet オリバー・ゴールドスティック オリバー・ゴールドスティック
マヤ・ゴールドスミス
第24話 危険なゲーム A dAngerous gAme パトリック・ノリス I・マーレーン・キング

シーズン4[編集]

タイトル(邦題) 原題 監督 脚本
特別総集編 ローズウッド入門 A LiArs Guide to Rosewood
第1話 終わらない“A” 'A' is for A-l-i-v-e I・マーレーン・キング I・マーレーン・キング
第2話 泥まみれの靴 Turn of the Shoe ジョアンナ・カーンズ オリバー・ゴールドスティック
第3話 次なる標的 Cat's Cradle ノーマン・バックリー英語版 ジョセフ・ドハーティ英語版
第4話 疑惑のマスク Face Time ノーマン・バックリー ジョセフ・ドハーティ
第5話 隠し部屋 Gamma Zeta Die! ミック・ギャリス マヤ・ゴールドスミス
第6話 暴かれた銃 Under the Gun ウェンディ・スタンツラー英語版 ライジャー・J・バラスツ
第7話 猛烈な突進 Crash and Burn, Girl! ロン・ラゴマルシノ英語版 ブライアン・M・ホールドマン
第8話 衝撃の自白 The Guilty Girl's Handbook ジャニス・クック ジャン・オクセンバーグ
第9話 深まる疑念 Into the Deep チャド・ロウ ジョエル・レノン
第10話 新たなる局面 The Mirror Has Three Faces チェトナ・フューントス マヤ・ゴールドスティック
第11話 贈り物 Bring Down the Hoe メラリー・メイロン英語版 オリバー・ゴールドスティック
フランチェスカ・ロリンス
第12話 マジック Now You See Me, Now You Don't ノーマン・バックリー I・マーレーン・キング
ブライアン・M・ホールドマン
第13話 レイベンズウッド Grave New World ロン・ラゴマルシノ ジョセフ・ドハーティ
オリバー・ゴールドスティック
I・マーレーン・キング
第14話 柩の中にいるのは? Who's in the Box? チャド・ロウ ジョセフ・ドハーティ
第15話 密会 Love ShAck, Baby ノーマン・バックリー ライジャー・J・バラスツ
第16話 偶然の目撃 Close Encounters アーサー・アンダーソン ジョエル・レノン
第17話 抑えられない怒り Bite Your Tongue アーリーン・サンフォード マヤ・ゴールドスミス
第18話 怪しい教師 Hot For Teacher トリップ・リード ブライアン・M・ホールドマン
第19話 幻覚 Shadow Play ジョセフ・ドハーティー ジョセフ・ドハーティー
第20話 フリーフォール Free Fall メラニー・メイロン マヤ・ゴールドスミス
第21話 破滅 She's Come Undone チャド・ロウ ジョエル・レノン
第22話 隠蔽 Covor For Me マイケル・グロスマン英語版 ブライアン・M・ホールドマン
第23話 動き出した謎 Unbriled オリバー・ゴールドスティック オリバー・ゴールドスティック
マヤ・ゴールドスミス
第24話 Aの正体 A is for Answers I・マーレーン・キング I・マーレーン・キング

シーズン5[編集]

タイトル(邦題) 原題 監督 脚本
第1話 ニューヨークからの脱出 EscApe From New York' ノーマン・バックリー I・マーレーン・キング
第2話 渦中の少女 Whirly Girlie ジョアンナ・カーンズ オリバー・ゴールドスティック
第3話 衝撃を乗り越えて Surfing the Aftershocks チャド・ロウ ジョセフ・ドハーティ
第4話 投げ出されて Thrwon form the ride ジャニス・クック マヤ・ゴールドスミス
第5話 戻る日・・・100回記念 Miss Me x 100 ノーマン・バックリー I・マーレーン・キング
第6話 ラン・アリソン・ラン Run, Ali, Run ノーマン・バックリー ジョネル・レノン
第7話 羊Eの沈黙 The Silence of E. Lamb ジョシュア・バトラー ブライアン・M・ホールドマン
第8話 私の叫び Scream for Me ベサニー・ルーニー オリバー・ゴールドスティック
マヤ・ゴールドスミス
第9話 犯罪の経過 March of Crimes チャド・ロウ オリバー・ゴールドスティック
マヤ・ゴールドスミス
第10話 アリソンの暗闇 A Dark Ali アーリーン・サンフォード ライジャー・J・バラスツ
第11話 誰からも愛され理解されることのない私 No One Here Can Love or Understand Me ラリー・レイブマン ジョセフ・ドハーティ
第12話 守るべき秘密 Taking This One to the Grave ロン・ラゴマルシノ I・マーレーン・キング
総集編 死ぬまであなたを愛してる We Love You to DeAth
第13話 クリスマスを盗んだ“A”の策略 How the 'A' Stole Christmass I・マーレーン・キング I・マーレーン・キング
カイル・バウン
第14話 鏡の中にある如く Through a Glass, Darkly チャド・ロウ ジョセフ・ドハーティ
ライジャー・J・バラスツ
第15話 新入り Fresh Meat チェトナ・フューントス オリバー・ゴールドスミス
マヤ・ゴールドスミス
第16話 身動きできずに Over a Barrel マイケル・グロスマン ブライアン・M・ホールドマン
第17話 ペナルティボックス The Bin of Sin トリップ・リード ジョネル・レノン
第18話 辛いことばかり押し付けられて Oh, What Hard Luck Stories They All Hand Me ジョセフ・ドハーティ ジョセフ・ドハーティ
第19話 消えろ、忌まわしい染み Out, Damned Spot ンジンガ・スチュワート ライジャー・J・バラスツ
第20話 可愛いだけじゃダメ Pretty Isn't the Point メラニー・メイロン オリバー・ゴールドスティック
フランチェスカ・ロリンズ
第21話 血まみれの地獄 Bloody Hell アーリン・サンフォード マヤ・ゴールドスミス
第22話 司法取引か刑務所か To Plea or Not to Plea アーサー・アンダーソン ジョネル・レノン
第23話 メロディは鳴り続ける The Melody Lingers On ロジャー・カンブル ジョセフ・ドハーティ
第24話 私は無実、、、絶対に I'm a Good Girl, I Am オリバー・ゴールドスティック オリバー・ゴールドスティック
マヤ・ゴールドスミス
第25話 人形の館へようこそ Welcome to the Dollhouse ロン・ラゴマルシノ I・マーレーン・キング

原作既刊一覧[編集]

いずれもサラ・シェパード著、中尾眞樹訳、ACブックス刊。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原作の原題はドラマと同名のPretty Little Liars
  2. ^ Dlife
  3. ^ Dlife
  4. ^ Gorman, Bill (2010年6月28日). “ABC Family Orders 12 Additional Episodes Of 'Pretty Little Liars'”. TV by the Numbers. Zap2it. 2010年6月28日閲覧。
  5. ^ Gorman, Bill (2010年10月12日). “ABC Family Sets Premiere Dates For 'Pretty Little Liars,' 'Greek,' 'Secret Life,' & 'Make It Or Break It'”. TV by the Numbers. Zap2it. 2010年10月12日閲覧。
  6. ^ Seidman, Robert (2011年3月7日). “ABC Family Announces Summer 2011 Programming Including 'Switched At Birth,' 'The Nine Lives of Chloe King' and 'The Lying Game'”. TV by the Numbers. Zap2it. 2011年3月8日閲覧。
  7. ^ Ng, Philiana (2011年6月14日). “'Pretty Little Liars': Special Halloween Episode to Air Later This Year (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. Prometheus Global Media. 2011年7月29日閲覧。
  8. ^ Ng, Philiana (2011年10月20日). “'Pretty Little Liars' Halloween Special Performs in Ratings”. The Hollywood Reporter. Prometheus Global Media. 2011年11月21日閲覧。
  9. ^ Friedman, Molly (2012年1月27日). “Pretty Little Liars Producer: Why ''You'll All Be Screaming at Your TVs'' During Finale – Exclusive!”. Wetpaint. 2012年1月27日閲覧。
  10. ^ Seidman, Robert (2012年3月19日). “ABC Family Announces Premiere Dates for 'Bunheads,' 'Bady Daddy' and 'Beverly Hills Nannies'”. TV by the Numbers. 2012年3月19日閲覧。
  11. ^ http://tvbythenumbers.zap2it.com/2012/10/04/pretty-little-liars-renewed-for-season-four-by-abc-family/151576/
  12. ^ King, Marlene (2013年3月1日). “Twitter / imarleneking: @GrandeLovers2 we start shooting ...”. Twitter. 2013年4月16日閲覧。
  13. ^ Twitter / TVGuideMagazine: This just in from @ABCFamily: ...”. Twitter (2013年3月26日). 2013年4月16日閲覧。
  14. ^ Twitter / ABCFpll: #Ravenswood premieres this ...”. Twitter (2013年3月26日). 2013年4月16日閲覧。
  15. ^ Ng, Philiana (2014年2月14日). “ABC Family Cancels 'Pretty Little Liars' Spinoff 'Ravenswood'”. The Hollywood Reporter. 2014年2月14日閲覧。
  16. ^ Seidman, Robert (2014年2月14日). “'Ravenswood' Canceled By ABC Family”. TV by the Numbers. 2014年2月14日閲覧。
  17. ^ Andreeva, Nellie (2014年2月14日). “ABC Family’s ‘Ravenswood’ Cancelled After One Season”. Deadline Hollywood. 2014年2月14日閲覧。
  18. ^ Pretty Little Liars/プリティ・リトル・ライアーズ 海外ドラマ【公式サイト】”. ワーナーブラザース. 2012年10月23日閲覧。
  19. ^ 日本での本放送開始は2012年3月19日
  20. ^ 日本での本放送開始は2014年10月10日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]