ブルースクリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブルースクリーン英語 : Blue Screen of Death, BSoD)は、Windowsにおいて、オペレーティングシステム (OS) に何らかの異常が発生し、深刻なダメージを負う可能性のある状態に陥った際に表示されるメッセージおよび、その画面全体を指す通称である。青い背景に文字を表示させることからこの名がついた。

概要[編集]

ATMの画面に表示されるブルースクリーン(リスボンポルテラ空港

OSの特性上、ダメージの進行が進むにつれハードディスクメモリCPUが保持する一時的、または永続的なデータを失うまたは意図しないものになる可能性が高くなる。Windows自身やその他の装置がダメージを負わない状態にするためにブルースクリーンの様な状態にし、必要な復帰処理状態に入る。

たいていの場合、Windowsが必要とするファイルレジストリデータの欠如および破損、不良メモリモジュールの使用やデバイスドライバなど周辺機器関連のトラブルが主な原因となる。

再起動を行って解決できる場合もあるが、幾度も同じエラーが生じる場合はシステムの復元を用いたり、セーフモードでログインしトラブル発生直前にOSに適用したプログラムを削除したり、最悪の場合はオペレーティングシステムをクリーンインストールし直したり、デバイス自体に問題がある場合は交換する必要もあり得る。

画面[編集]

青いスクリーンに白い文字で「システムが不安定になっています」などの警告が表示される。ただし、PC-9800シリーズ用のWindowsでは黒いスクリーンで表示される。Windows 8ではブルースクリーンが初めて刷新され、顔文字:(と簡単なメッセージしか表示されなくなり、Windowsのエラーで顔文字を用いることは珍しいため、話題となった。日本人の利用者からは日本語版が出るときは日本らしい顔文字にしてほしいといった声もある。

この画面は、Windows自身で表示する。画面解像度はVGAグラフィックモードWindows XP以降はSVGAでの表示となる。

視覚に障害を持つ人向けにWindows 3.1/9x系列ではSYSTEM.INI内386EnhセクションのMessageBackColorとMessageTextColorで表示色の変更をすることも可能となっていた。

NT系列ではNot My Fault[1]等のソフトウェアを用いなければ色の変更は出来なくなった。

Windows 9x系列のブルースクリーン[編集]

Windows 95Windows 98Windows MeなどWindows 9x系は、OSの構造上、もしソフトウェアやデバイスが不安定になった際は道連れとなるためブルースクリーンが発生しやすい。

たいていの場合は、システムの復帰を試みるか、即座にシャットダウンあるいは再起動させるかの選択ができる。ただし、システムが復帰した場合でも完全に安定した状態にならない場合が多いため、重要な情報は保存した上で再起動を行うのが常とされている。なお、ブルースクリーン上からシャットダウンあるいは再起動させる場合は、保存されていない情報は全て失われる。

また、光学ドライブフロッピーディスクドライブの動作中にイジェクトボタンを押すなど、ユーザーが些細なミスを犯した場合も、ブルースクリーンが表示されることがあるが、これは一時的なものであり、再度ディスクを挿入すれば正常な状態に復帰される。

日本語版のOSであればブルースクリーンも日本語表記なので、後述するNT系列と比較すると対処方法がすぐに理解できるものの、細かな原因は表示されないため、NT系列と比べると、問題の根本的な解決は困難であるといえる。

Windows NT系列のブルースクリーン[編集]

Windows NT系では9x系列と比べると遥かに安定性が高く、些細なソフトウェアエラーでブルースクリーンを出すなどということはなくなった。Microsoft Windows XP以降はエラー報告機能も実装されており、エラー発生原因の突き止めがより容易になった。

その反面、ブルースクリーンが表示されるという事態が発生した場合は、症状によってはOSの再インストールを余儀なくされる深刻なエラーが発生している可能性がある。

NT系列でのブルースクリーンは、主にハードウェアトラブルや、デバイスドライバの不具合・バグ・動作不良等によって引き起こされるものが多い。また、9x系列とはOS自体の構造が異なり、ブルースクリーンが発生するとOSが安全確保のためにOSとしてのほとんどの機能を停止する。そのため、ブルースクリーンが表示されたら「発生以前の作業状況」にすぐ復帰することはできず、保存されていないデータは確実に消失してしまう。

ブルースクリーンには「エラー概略を簡潔にまとめた短文(例:IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL など)」と「STOP:という単語に続く16進数エラーコード」、加えてデバイスドライバなどソフトウェアが原因の場合は「問題を起こしたファイル名」も同時に表示される。

NT系のブルースクリーンは、日本語版を利用していてもブルースクリーンは英語表記になるものの、9x系列と比較すると、どのファイルによってエラーが引き起こされたか・問題への対処方法・エラーの概要が明確に示されるため、9x系と比較すると問題の根本的な解決は容易になる。フォントはNT3.1から2000まではキャラクタ文字、XPから7まではLucida Consoleである。Windows 8ではSegoe UI。

また、Windows 8では、今までのNT系Windowsのブルースクリーンから大幅に刷新されたものとなり、背景の青画面が原色の濃い青から、やや淡い青になっている。(水色に近づいている。)さらに、顔文字(英語圏でよくつかわれる寝かせてある顔文字)の :( が上部に配置されている。また、日本語版Windows 8では、顔文字がないものの9x系OS以来となる日本語表記に対応しているため、ブルースクリーンが発生すると日本語で表示される。また、ブルースクリーンの表示内容も簡略化され、再起動するよう促す文章と、エラーコード(詳細を知りたい場合は後でエラーコードを検索するよう指示する文章が併記されている。)だけである。 例として『問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。エラー情報を収集しています。自動的に再起動します。(x%完了)』 『詳細については、次のエラーを後からオンラインで検索してください。: (エラーコードを表示) 』

レッドスクリーン[編集]

ブルースクリーンほどの知名度はないが、レッドスクリーン:Red Screen of Death、「RSoD」や「赤画面」などとも)と呼ばれるものも存在する。Windows Vistaの初期のベータバージョンに存在し、Beta 1 (Build 5112) 以降から廃止された。

ブートローダーでエラーが発生した際に、ブルースクリーンではなくこのレッドスクリーンが表示される。表示は、NT系列のブルースクリーンと同じく英語表記で、エラーが引き起こされたファイルとその原因が示される。また、Windows XPにも非常に知名度が低いものの存在が確認されており、こちらはブートローダーの エラーではなく、コンピュータの内部にかかわる致命的なエラーが発生したときに表示される[2]。文字のフォント等は通常のブルースクリーンと同様である。


ブラックスクリーン (Windows 8)[編集]

Windows 8

Windows 8マイルストーン2(Build 7955)からマイルストーン3の中間まで一時的に搭載されていた。Developer Preview(Build 8102)では先ほど述べた新しいブルースクリーンへと変更された。


Windows以外の機械におけるブルースクリーン及びレッドスクリーン[編集]

これまでに、ソニー・コンピュータエンタテインメント製作のゲーム機PSP及びPS3においてもブルースクリーンとレッドスクリーンの存在が確認されている。ブルースクリーンでは淡い青の背景に英語、フランス語、ポルトガル語、日本語、中国語(2種類)、ハングルなどで 「設定情報が破損しています。○ボタンを押すと修復作業をして設定を初期化します。」 と表示する。レッドスクリーンは同じ言語で赤の背景に 「予期せぬエラーが発生しました。インフォメーションセンターへお問い合わせください。」 と表示される[3]


クラッシュダンプ[編集]

Windows NT系OSは、クラッシュダンプと呼ばれる、障害解析ファイルの作成機能がある。クラッシュダンプは、その発想はUNIXコアダンプと共通するものがあるが、大きな相違点としてクラッシュが発生した時の保存情報を全メモリ、カーネルメモリ、最小から選択できる点である。サポートを受ける際にマイクロソフトにシステム状況を提出したいのであれば、クラッシュダンプファイルを作って提出すると何が原因で青画面が発生したのか分析してもらえる可能性がある[4]。ただしあくまで可能性であり、クラッシュダンプファイルからは「何かが壊れた」程度の情報しか出てこない場合も珍しくない。 デバイスドライバを作る事が出来る程のスキルのあるプログラマは、クラッシュダンプファイルから有意な情報を得ることができる。逆を言えば、その水準に達していない人々には何の価値もない。逆に期待していない情報が流出する可能性もある。デコード済みのパスワードセキュリティトークン、クラッシュ時点で操作していたメモリ上に存在していたあらゆる情報、そしてプライバシーが保存される。これらの情報の漏洩を望ましくないと思うのであれば、クラッシュダンプファイルは他者に渡すべきではない。


備考[編集]

他のOSにおける、ブルースクリーンに相当する状態は以下の用語で示すことがある。

  • (カーネル)パニック
Unix系OS、LinuxMac OS X
Mac OS(9以前)


その他[編集]

Game Developers ConferenceにてPortalの世界観を使ったパロディBSoDを披露するValve Software代表のゲイブ氏

ジョークソフトとしてブルースクリーンを再現するソフトウェアもいくつか存在するが、マイクロソフト自身もブルースクリーンを再現したスクリーンセーバー BlueScreen Screen Saver[5]を配布している[6]。また、同ツールの作者マーク・ルシノビッチ氏は、自身のブログ[7]ブルースクリーンを別の色にする方法を紹介している。


脚注[編集]

関連項目[編集]