クレディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社クレディア
CREDIA CO., LTD.
CREDIA CO., LTD.Headquarter Building.JPG
本社ビル(2014年10月撮影)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8567
2007年10月15日上場廃止
(旧法人)
本社所在地 日本の旗 日本
422-8563
静岡県静岡市駿河区南町10番5号 地建南町ビル6F
設立 2007年7月8日(現法人)
業種 その他金融業
法人番号 5080001011694
事業内容 消費者金融
代表者 代表取締役社長 佐藤友彦
資本金 1億円
売上高 2億円(2013年3月期)
従業員数 42名
決算期 3月
主要株主 不明
主要子会社 なし
関係する人物 藤澤信義(元会長)
外部リンク credia.co.jp
特記事項:2007年9月14日旧法人の民事再生手続き後、新法人に事業譲渡。2012年旧法人と合併。旧法人の設立は1972年9月8日。
テンプレートを表示

株式会社クレディアは、静岡県静岡市駿河区に本社を置くみなし貸金業者。消費者金融業を営んでいた。

沿革[編集]

民事再生手続き[編集]

岐阜市消費生活センターはクレディアの民事再生手続きにおける「債権届け出期間」(過払い債権を含む)は2008年11月26日までであることに注意を促したが、クレディアの再生管財人により2008年5月21日まで延長された。

クレディアは2008年5月22日に民事再生計画案を提出し、債権届出された過払利息返還請求権については①40%の弁済率で一括弁済する。②30万円までの少額債権は全額弁済する。また、債権届出ができなかった債権者も届出がなかったことによって失権することはなく、利息返還請求権が再生債権として確定すれば同様に弁済することを発表した。

その後、支援先スポンサー企業をかざかファイナンス(現Jトラスト)と締結、クレディアを吸収分割による契約により、2008年10月1日付で全事業をフロックスに譲渡した。

クレディアの法人格はその後も存続し、2012年にフロックスを存続会社としてフロックスとクレディアが合併し[3]、フロックスの社名をクレディアに変更した[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度58分13秒 東経138度23分24秒 / 北緯34.970285度 東経138.389903度 / 34.970285; 138.389903