JTインベストメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JTインベストメント株式会社
JT INVESTMENT CO.,Ltd
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 105-0001
東京都港区虎ノ門1-7-12
虎ノ門ファーストガーデン
設立 1975年1月8日(ライフ株式会社)
事業内容 投資業、経営コンサルティング業、グループ経営管理他
代表者 代表取締役社長 藤澤信義
資本金 1億円(2012年3月現在)
発行済株式総数 370,140株
売上高 2,228百万円(2012年3月期)
営業利益 1,266百万円(2012年3月期)
純利益 905百万円(2012年3月期)
純資産 16,168百万円(2012年3月期)
総資産 24,246百万円(2012年3月期)
従業員数 単体:7名(2012年11月現在)
決算期 3月
主要株主 Jトラスト株式会社(100%)
主要子会社 株式会社クレディア
株式会社エーエーディ
NLバリューキャピタル株式会社
特記事項:会社データは[1]に基づく
テンプレートを表示

JTインベストメント株式会社: JT Investment Co., Ltd.)は、かつて存在した投資事業等を行う企業である。

概要[編集]

1975年1月8日にライフ株式会社として創業。1989年にはサンライフ株式会社に商号変更。四国県下を営業区域としている消費者金融であった。

2009年3月にネオラインキャピタル株式会社(現クロスシード株式会社)に買収される。同年7月1日会社分割を行い、消費者金融業をサンライフ(2代目)に分割し、当社はネオラインホールディングス株式会社に商号変更した。同時に本社も東京都に移転。これ以降、ネオライングループの投資会社となる。

それまでネオライングループの中核企業はネオラインキャピタルであったが、ネオラインホールディングスがネオラインキャピタルの親会社となったことから、グループの中核を担うようになった。

このように、現在の形になったのは2009年7月1日だが、旧サンライフの法人格を引き継いでいるため、公式な設立日は1975年1月8日となっている。

2010年には同業者のJトラストへ出資し、当社代表者である藤澤信義が社長に就任(兼務)している。

2012年7月に株式譲渡に伴い親会社がJトラスト株式会社になり、商号をJTインベストメント株式会社へ変更した。

2012年11月に効率化のため解散し、清算手続きに移行。2014年12月に清算が完了した。

沿革[編集]

  • 1975年1月 - ライフ株式会社として創業。
  • 2009年7月 - 会社分割によりネオラインホールディングス株式会社に商号変更。
  • 2009年7月 - ネオラインキャピタル株式会社(ファイナンス事業)へ投資。(2012年1月全株式売却)
  • 2009年7月 - 株式会社バニラ(レジャーホテル事業)へ投資。(民事再生法申請案件)
  • 2009年7月 - 株式会社エーエーディ(商業印刷事業)へ投資。
  • 2009年7月 - 株式会社大多喜ヒルズリゾート(ゴルフ場運営事業)へ投資。
  • 2009年9月 - 東証1部上場企業である株式会社レナウン(アパレル事業)へ投資。
  • 2009年10月 - 100%子会社であるネオラインクレジット貸付株式会社を設立し、韓国でのファイナンスビジネスへ投資。
  • 2010年1月 - マグレガーゴルフジャパン株式会社(ゴルフ用具販売業)へ投資。
  • 2010年4月 - 21世紀アセットマネジメント株式会社(投資運用事業)へ投資。(2010年12月全株式売却)
  • 2010年7月 - 株式会社日本流動化信託(信託事業)へ投資。
  • 2010年8月 - 東証1部上場企業であるNISグループ株式会社(総合金融事業)へ投資。
  • 2010年9月 - 適格機関投資家に関する届出を行い受理
  • 2011年1月 - 本社を虎ノ門へ移転
  • 2012年7月 - Jトラスト株式会社の連結子会社となり、商号をJTインベストメント株式会社に変更する。
  • 2012年11月 - 解散
  • 2014年12月22日 - 清算手続完了[2]

かつてのグループ会社[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]