藤澤信義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤澤 信義(ふじさわ のぶよし、1970年1月17日 - )は、日本の会社経営者。岐阜県岐阜市出身。

概要[編集]

東京大学医学部在学中からアミューズメント業界でアルバイトとして勤務し、卒業後もアルバイトを続けていたが、30歳を超えた2001年6月に、不動産担保融資を行うビィー・ジャパンに入社し、2003年6月、同社の代表取締役社長に就任した。2004年にビィー・ジャパンの筆頭株主となる。

2005年5月に、当時飛ぶ鳥を落とす勢いのあったライブドアからM&Aが打診され、藤澤氏自身の持ち株33.4%を含む全株式をライブドアフィナンシャルホールディングス(LDFH)に譲渡し、同社の子会社ライブドア不動産となって、ライブドアグループ入りする。しかし、わずか3ヶ月でライブドア事件がおきたため、投資ファンドのアドバンテッジ パートナーズに譲渡されたLDFH(かざかフィナンシャルグループ)で経営を任されることになった。スポンサーであったアドバンテッジ パートナーズからMBOにより買い取った企業とTOBで買い取った「イッコー」がJトラストグループの基礎である。現在はJトラスト株式会社の代表取締役社長及びアミューズメント企業であるアドアーズ株式会社の取締役

2012年12月、JリーグFC岐阜を個人で支援することを明らかにし[1]、2013年は1億5000万円を支援するなど、故郷への恩返しの意味で積極的に支援を行っている。

略歴[編集]

  • 1970年 - 岐阜県で生まれる
  • 2001年 - ビィー・ジャパン入社
  • 2002年 - ワークアウト債権回収入社
  • 2003年 - ビィー・ジャパン代表取締役社長
  • 2004年 - ビィー・ジャパン筆頭株主
  • 2007年 - かざか債権回収(現パルティール債権回収)代表取締役会長
  • 2008年 - Jトラスト代表取締役会長、マスワーク(現キーノート社)取締役
  • 2010年 - Jトラスト取締役最高顧問、アドアーズ社取締役
  • 2011年 - Jトラスト代表取締役社長、アドアーズ社代表取締役会長
  • 2013年 - Jトラストアジア代表取締役社長(現任)
  • 2014年 - 親愛貯蓄銀行(現JT親愛貯蓄銀行)会長、アドアーズ社取締役会長
  • 2015年 - Jトラスト代表取締役社長最高執行役員(現任)、JTキャピタル理事会長、Jトラストインベストメンツインドネシア代表理事(現任)、アドアーズ社取締役(現任)        
  • 2016年 - JTキャピタル理事(現任)
[ヘルプ]

関連項目[編集]