フランコ・コスタンソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランコ・コスタンソ Football pictogram.svg
Franco Costanzo 5875.jpg
名前
ラテン文字 Franco COSTANZO
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1980-09-05) 1980年9月5日(39歳)
出身地 リオ・クアルト
身長 188cm
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2005 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 87 (0)
2005-2006 スペインの旗 アラベス 31 (0)
2006-2011 スイスの旗 バーゼル 141 (0)
2012 ギリシャの旗 オリンピアコス 6 (0)
2013-2017 チリの旗 ウニベルシダ・カトリカ 44 (0)
代表歴
1997 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-17 4 (0)
1999 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-20 4 (0)
2003 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランコ・コスタンソFranco Costanzo, 1980年9月5日 - )は、アルゼンチンコルドバ州リオ・クアルト出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

2000年にCAリーベル・プレートとプロ契約を結び、同年にトップチームデビューを果たした。翌2002年に正GKに選ばれたことから、多くの人々から才能のあるGKと見られるようになったが怪我に悩まされ、復帰するとヘルマン・ルクスが背番号1を着けて正GKの地位を確立していた。2005年、スペインデポルティーボ・アラベスに移籍した。アラベスではすぐに正GKを任されたが、チームが2部に降格するとホセ・マリア・サルメロンスペイン語版監督からトランスファーリストに載せられたことを聞かされた。

2006年7月、ベテランGKパスカル・ツベルビューラーの後釜として[1]移籍金140万ポンドでスイスFCバーゼルに加入。2006年7月30日、FCザンクト・ガレン戦でデビューするも失態をしたことで2-3で敗れ、良いスタートをきれなかった[2]。しかし、シーズン後半は復調を見せ、チームの最優秀選手に選ばれた。2007年11月8日、UEFAカップNKディナモ・ザグレブ戦では、スタディオン・マクシミールの敵対的な雰囲気の中で無失点に抑え、アウェーポイントを獲得に貢献[3]。リーグでは優勝をする等、2007-08シーズンは数多くの賞賛を得た。

2008年7月17日、2008-09シーズンが開幕する前日にキャプテンに任命され、2011年までの契約を更新した。2008年7月18日、キャプテンとして初めて臨んだBSCヤングボーイズ戦は、2-1で勝利しマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

2009年8月9日、1-1と引き分けたFCチューリッヒ戦後にチームメイトのベグ・フェラティ英語版と乱闘を起こした。2人はピッチ上で主張し始めると、フェラティはコスタンソを押しのけ、コスタンソはフェラティの髪を引っ張った。状況がエスカレートする前に他の選手たちは2人を引き離したため大事には至らなかった[4]。その後、クラブから罰金とスイスサッカー協会から3試合出場停止の処分が下った[5]

バーゼルに在籍した5シーズンでリーグ優勝3回, スイス・カップ優勝3回タイトルを獲得。リーグ戦で141試合を含め公式戦で200試合以上に出場した。また、UEFAチャンピオンズリーグでは2008-09, 2010-11と2シーズン本大会に出場。カンプ・ノウFCバルセロナ相手に1-1で引き分け、スタディオ・オリンピコASローマ相手に3-1で勝利するなどアウェーでのビッグクラブ相手に活躍した。2011年5月25日、バーゼルで最後となった試合では、コスタンソの後継者に選ばれたヤン・ゾマー[6]と87分に交代でピッチを後にする際にスタンディングオベーションで見送られた。

2011年6月9日、ギリシャ王者のオリンピアコスFCと3年契約を結ぶことが明らかになり、11日に移籍した[7]。引退した名手アントニス・ニコポリディスの後釜と見られていた[7]が、半年後の2012年1月26日に双方合意で契約が解消された[8]

2012年5月21日、コスタンソは特に理由を告げず現役引退した[9][10]

2013年6月30日、チリウニベルシダ・カトリカと1年半の契約を結び現役に復帰した。

代表[編集]

コスタンソは、U-17代表として1997 FIFA U-17世界選手権に全4試合、U-20代表として1999 FIFAワールドユース選手権に全4試合に出場した[11]。2003年のエクアドル代表戦でA代表デビューを果たした[1]

プライベート[編集]

イタリアの市民権を有する[1]。コスタンソはカルラと結婚し、チロという名の息子が一人と、エマとゾーイの娘が二人いる。[12]3人の子供たち全員がバーゼルで生まれている。

タイトル[編集]

CAリーベル・プレート
FCバーゼル
オリンピアコスFC
ウニベルシダ・カトリカ

脚注[編集]

  1. ^ a b c "FCB hat bereits einen Zubi-Ersatz!"
  2. ^ "Portrait Franco Costanzo"
  3. ^ "Match Report NK Dinamo Zagreb - FC Basel 1893"
  4. ^ When teammates fight: "Franco Costanzo vs Beg Ferati (FC Basel)"
  5. ^ "Costanzo gets three-match ban for hair-pulling"
  6. ^ "FCB trennt sich von Costanzo"
  7. ^ a b "Costanzo completes Olympiacos switch"
  8. ^ "Olympiacos announces termination of contract with Franco Costanzo2"
  9. ^ "Un retiro prematuro"
  10. ^ "Franco Costanzo tritt zurück"
  11. ^ "Franco COSTANZO"
  12. ^ "FCB-Costanzo zum dritten Mal Vater geworden"

外部リンク[編集]