フォカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォカス
Phokas
東ローマ皇帝
Phocas cons.jpg
フォカスが印された硬貨
在位 602年11月23日 - 610年

出生 547年?
Labarum of Constantine the Great.svg東ローマ帝国トラキア
死去 610年10月5日
Labarum of Constantine the Great.svg東ローマ帝国コンスタンティノポリス
配偶者 レオンティア
子女 ドメンティア
王朝 ユスティニアヌス王朝
母親 ドメンティア
テンプレートを表示
フォロ・ロマーノにあるフォカスの記念柱。ローマ市に建てられたローマ帝国による建造物としては最後のものである。(背景に見えるのは、高さ23mのセプティミウス・セウェルス帝の凱旋門

フォカス(Phokas, 547年? - 610年10月5日)は、東ローマ帝国皇帝(在位:602年11月23日 - 610年)。

生涯[編集]

出身と身分[編集]

トラキア地方の出身と考えられる。ドナウ川国境に駐屯する軍の下士官(百人隊長)であった。

マウリキウスに対する反乱と皇帝即位[編集]

602年にドナウ北岸での越冬命令が出た時、軍はそれに反対して反乱を起こし、コンスタンティノポリスに向かって進軍した。時の皇帝マウリキウスは逃亡しようとしたが捕らえられて処刑され、マウリキウスの息子達も同様に末路を辿った(処刑された息子達の人数は4人もしくは6人)。但し、史料によってはマウリキウスの6人の息子達は処刑は免れ、去勢手術を施されて生存して生き延びたという異説もある。その後フォカスが兵士たちによって皇帝に推戴され、即位した。

即位後[編集]

反対派の粛清[編集]

フォカスは簒奪者である上、次の皇帝のヘラクレイオスによって殺されたため、暴君とされている。このようにフォカスは軍部と一部のみに評価されていた。彼はコンスタンティノポリスの元老院議員の貴族らとは元来関係がなく、政治基盤が不安定であったため、反対派を次々に殺していった。またコンスタンティノポリスやアンティオキアなどの帝国内各地で、フォカスに不満を持っていた市民(サーカス党派)による暴動が発生した。時とともにフォカスを受け入れる人々も現れてきていたようである。

東ローマ・サーサーン戦争[編集]

一方、かつてマウリキウス帝の援助によって即位したサーサーン朝ペルシア帝国のホスロー2世は、マウリキオスの復讐を目的に対東ローマ遠征軍を起こした(東ローマ・サーサーン戦争 (602年-628年))。これに対してフォカスは兄弟のコメンティオロスを軍司令官に任命した。通説とは異なり、ペルシア軍との戦いは609年までは一進一退の状態にあったことが最近証明されている。ただしドナウ国境線はアヴァール人によって突破された。

ヘラクレイオスの反乱と最期[編集]

608年頃、カルタゴ総督ヘラクレイオスがフォカスに対して反乱を起こした。そして、ヘラクレイオスの同名の息子が艦隊を率いてコンスタンティノポリスに迫る一方、彼の従兄弟のニケタス率いる別動隊は609年にエジプトに侵攻した。そのためシリアの軍がエジプトに急派され、シリア国境線ががら空きになった。ペルシア軍が帝国領に本格的に侵入を開始するのはこれ以降である。コンスタンティノポリスではサーカス党派や、フォカスの婿のプリスコスなどの元老院議員がヘラクレイオスに内通したため、610年10月に首都は開城した。フォカスは教会へ逃げ込んだものの引きずり出されて処刑されてしまい、ヘラクレイオスが皇帝に即位した。

家族[編集]

フォカスの父の名前、経歴などの人物像は全く分かっていない。母の名はドメンティア。妻はレオンティア。レオンティアとの間にドメンティア(フォカスの母と同名)という一人娘が確認される。ドメンティアはフォカスの治世中にプリスコス(ラテン語表記では「プリスクス」。588年に短期間、オリエント軍司令官を務めてササン朝ペルシアと戦い、601年にはコメンティオルス(フォカスの兄弟コメンティオルスと同名だが別人)と共に軍司令官としてアヴァール人を攻撃、鎮圧している)と607年に結婚。

この結婚時にフォカスの残忍さを示すエピソードが残されている。すなわち、ドメンティアとプリスコスの結婚式の際、花婿プリスコスに真っ先に祝福の言葉をかけたプリスコスの親族や友人達を見て、「皇帝たる自分を軽んじている」として激怒、四肢をへし折り、コロッセオ(円形闘技場)で吊り首にして処刑した。この件でフォカスは娘ドメンティアから見捨てられることになった。

フォカスには男子がいなかった為に、娘婿プリスコスが潜在的な帝位継承者としてコンスタンティノープル住民から認識されていた。それ故にプリスコスはフォカスから競争相手と見なされ、猜疑心を向けられていた。この経緯からプリスコスはヘラクレイオス側に内通し、降伏した。その後、即位したヘラクレイオス1世からカッパドキア司令官の地位を与えられたが、半ば強制的に修道院へ隠居させられ、613年に現在のカーリエ博物館で監禁されて没した。プリスコスと妻ドメンティアとの間に子女は確認されず、ドメンティアは消息不明となっておりフォカス直系の子孫が続いたかどうかは不明。

妻レオンティアはフォカスと彼の2人の兄弟と同様に処刑されたのかどうかは分かっていない。

親類[編集]

フォカスには少なくとも2人の兄弟がいた。

  • コメンティオルス - ヘラクレイオス1世によって派遣されたフィリッピクス(マウリキウス帝の妹ゴルディアの夫、当時は修道院に入っていた)を幽閉、殺害しようとしたが、パトリキウスのユスティヌスという人物によって610年後期ないし611年に殺害された。なお、マウリキウスに仕え、583年から587年ドナウ川戦線でアヴァール人との戦いを指揮し、588年にはササン朝ペルシアと戦い、589年頃に西ゴート王国を攻撃して領土を幾らか奪い、601年から602年に再度ドナウ川戦線で指揮をしたコメンティオルス(602年にフォカスによって殺害された(フォカスはコメンティオルスを個人的に嫌っていた))とは同名の別人。
  • ドメンティオルス - もう1人の兄弟。フォカスの処刑後、ヘラクレイオス1世の命令で処刑された。

甥としてクロパラテスの称号を持っていたドメンティオルスがいる。ドメンティオルスの親に関しては、フォカスの兄弟で同名のドメンティオルスという説、また、フォカスの別の兄弟姉妹ともされるが詳細は不明。甥ドメンティオルスはヘラクレイオス1世から死刑判決を受けたが、Theodore of Syceonの仲介の後、赦免、釈放された。その後の具体的な消息は不明。また、甥ドメンティオルスはイレーネーという女性と結婚、3人の息子を儲けている。この3人の息子はフォカスに大甥にあたるが、名前や経歴も不明。この代でフォカスの親類に関する記録は途絶えている。

備考[編集]

上述の通り、フォカス自身はトラキア地方出身と考えられている。フォカスの時代から約90年前のユスティヌス1世の時代である520年に執政官(コンスル)に就任し、同年にユスティニアヌス(後の皇帝ユスティニアヌス1世)の命令によって殺害されたフラウィウス・ウィタリアヌス(ラテン語標記:Flavius Vitalianus。バルカン半島のモエシア属州の都市ザルパダ(通常、現ブルガリア北東部にあるアブリットと識別される)出身。年代記によると、彼は低身長で吃音であったが、個人的な勇敢さと軍事的才能はは広く認められていた。513年までにトラキア地方の上級司令官となっていた)の孫(ウィタリアヌスの名前不詳の娘の息子)にドムネンティオルス(Domnentiolus)という人物がいる。父の死後も生き残り、将軍として東ローマ帝国に仕えたウィタリアヌスの3人の息子、ボウゼス(528年に最初の言及あり。556年以降に没)、コウトゼス(イベリア戦争(526年 - 532年)の一局面であるタンヌリスの戦い(528年)で行方不明となっているが、プロコピウスは彼が捕虜にされて二度と見られなかったと書いており、Zacharias of Mytilene(465年頃のガザ生まれ – 536年以降)は彼が殺された事を記録している)、ウェニルス(550年にサーサーン朝との戦争でラジカで軍隊を指揮した。551年後半まで記録にある)はトラキア地方出身と考えられる(因みにボウゼス、コウトゼスはトラキア系の名前、ウェニルスはゴート系の名前)。ボウゼス・コウトゼス・ウェニルス兄弟とドムネンティオルスはおじ(伯父もしくは叔父)と甥の関係にある。

ドムネンティオルスは531年からゴート戦争(535年 - 554年)中の550年に当時の東ゴート王トーティラとの戦いの記録に姿を現しているが、それ以外の事跡は不明である。彼の名前は記録によって矛盾している。「ドムネンティオルス(Domnentiolus)」というスペルはプロコピウスの記録に由来する。メナンドロス・プロテクトル(? - 582年以降。古典古代末期、ビザンツ帝国初期の皇帝マウリキウスの時代に活動したギリシャ人の歴史家)は彼を「ドメネンティオルス(Domenentiolus)」と名付けている。アンティオキアのギリシャ人の歴史家ヨアンネス・マララス(491年頃 - 578年)は彼を「ドメティオルス (Dometiolus)」としており、テオファネス (証聖者。758/760年ごろ – 817/818年3月12日)は「ドメンツィオルス(Domentziolus)」として記録する。Zacharias of Mytilene(465年頃のガザ生まれ – 536年以降)は彼を「Domitziolus」と名付ける。フォティオス1世 (コンスタンティノープル総主教。810年 - 893年または820年 - 897年)によって保存されたビザンティウムのテオファネスの断片は、彼を「コメンティオルス (Comentiolus)」と呼んでいる。この内、証聖者のテオファネスが記録した「Domentziolus」という名前はフォカスの兄弟やフォカスの甥と同名であり、フォティオス1世が記録した「Comentiolus」という名前はマウリキウス帝のバルカン半島での作戦(582年 - 602年)に従事して大きな役割を果たし、マウリキウスの支持者であった為にマウリキウスと同時に処刑された人物と同じ名前である(この人物は583年に記録に現れ、フォカスは彼を個人的に嫌っていた。彼もトラキア地方の出身)。なお、別人であるがフォカスの兄弟にも「Comentiolus」という人物がいる。

このようにフォカス係累の人物達とウィタリアヌスの家系の人物達は血縁・縁戚関係の有無は不明ながら、名前に類似性があり、トラキア地方出身という共通点も存在する(あるいはトラキア地方に隣接するモエシア属州出身)。

ウィタリアヌスの甥で、ボウゼス・コウトゼス・ウェニルス兄弟の従兄弟ヨアンネス(537年に記録に現れ、少なくとも553年までは存命。一説にウィタリアヌスの息子でボウゼス・コウトゼス・ウェニルス3名の兄弟)はユスティニアヌス1世の従弟・ゲルマヌス・ユスティヌス(500年頃(505年以前) - 550年)が最初の妻パッサラとの間に儲けた娘ユスティナと結婚している(子女の有無は不明)。ヨアンネスはゴート戦争で各地を転戦し、550年、ナルセスが東ローマ軍の指揮権を得たとき、ナルセスの経験不足を補う為に軍に加わった。ナルセスは552年の夏にラヴェンナに到着し、1年以内に最後のオストロゴシック王トティラの抵抗を破って戦死に追い込み、ゴート戦争に終止符を打った。ヨアンネスとユスティナの結婚によって、ウィタリアヌスの家系はユスティニアヌス王朝と遠い縁戚関係にある。

ウィタリアヌスの父はパトリキオルス(ラテン語標記:Patriciolus)といい、皇帝アナスタシウス1世の治世中に活躍した起源をゴート族に持った東ローマ軍将校であった。パトリキオルスは息子ウィタリアヌスと共にアナスタシウス1世のサーサーン朝に対する戦争(アナスタシア戦争。502年 - 506年)の最中である503年の記録が初出である。証聖者のテオファネスが記録した年代記ではフォエデラティ(古代ローマ時代の用語で、共和政ローマ初期と西ローマ帝国末期ではその定義や用法が異なる。単数形はフォエデラトゥスラテン語: foederatus)。共和政ローマ初期には、フォエデラトゥスはローマ条約(フォエドゥス; foedus)を結んだ部族を意味した。ローマの植民地の住民やローマ市民権を持つ部族(キヴィタス; civitas)ではなく、何か問題があったときに戦力を提供することを期待されている部族であり、一種の同盟である。ラティウムの部族は血族関係にあると見なされたが、それ以外はフォエデラティまたはソキイ(socii、同盟市)とされた)であったと述べられているが、おそらくそのような地位に任命されたパトリキオルスまたは彼の息子ウィタリアヌスに言及されているかどうかは不明である。パトリキオルスが実際に任命された場合、sの任命は503年の後、ヴィタリアーノが513年に反乱を起こす前に起こったであろう。ウィタリアヌスの母は名前は不明だが、496年から511年までコンスタンティノープル総司教を務め、後に亡命を経て、517年のガラテアで死去したマケドニウス2世の姉妹でローマ人である。ウィタリアヌスは東ローマ帝国の情報源で、ゴート人またはスキタイ人と呼ばれている。これは父のパトリキオルスにとって混合結婚だけでなく、パトリキオルスが蛮族出身であったことを示唆している。一方で、ウィタリアヌスがゴート人であったという主張は、単一のシリアの情報源に基づいており、今日では疑わしいと考えられている。一部の現代作家によってウィタリアヌスに一般的に適用される「スキタイ人」は、スタイア・マイナー(古代に北と西のドナウ川と東の黒海に囲まれた地域で、ルーマニアとブルガリアの一部を持つ今日のドブロジャとほぼ一同)の住民を意味する可能性があるため、決定的ではない。 この用語は明確な民族的属性を欠いた広い意味を持っていた。ウィタリアヌスと彼の家族のメンバーが関係しているように見える「Scythian Monks」(4世紀から6世紀にかけてキリスト教の神学紛争で影響力のある役割を果たしたドナウ川の口の周りの地域からの僧侶のコミュニティ)も、当時イタリアを支配していた東ゴート王国(キリスト教で異端とされたアリウス派が主流派だった)との血や精神的な関係を表明していないので、ウィタリアヌスがゴート起源であるという説は改めて疑わしいと言わざるを得ない。パトリキオルスの起源が何であれ、その名前と息子ウィタリアヌスの名前はラテン語形である。

関連項目[編集]