マルキアヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルキアヌス
Μαρκιανός / Marcianus
東ローマ皇帝
Solidus Marcian RIC 0509.jpg
マルキアヌスが印された硬貨
在位 450年 - 457年
出生 396年
死去 457年1月27日
コンスタンティノープル
レオ1世
配偶者 詳細不明の女性
  アエリア・プルケリア
子女 アエリア・マルキア・エウフェミア
王朝 テオドシウス朝
テンプレートを表示

マルキアヌス(Marcianus Μαρκιανός, 396年 - 457年1月27日)は、東ローマ帝国テオドシウス王朝の第3代皇帝(在位:450年 - 457年)。

生涯[編集]

兵士の子としてトラキアに生まれる。親と同じく兵士となり、フィリプボリスに駐屯する部隊で勤務した。

421年、対ペルシャ戦線に部隊が回されるとマルキアヌスもこれに参加したが、途中リュキアで病となったため、休養の後コンスタンティノープルに帰還し、アスパル親子の下で勤務した。この頃には既に将校となっていたと思われる。

431年、オリエント軍司令のアスパルに従い、カルタゴ救援のためヴァンダル族との戦争に参加する。だが翌年カルタゴ付近で行われた戦闘でローマ軍は敗れマルキアヌスはヴァンダルの捕虜となってしまった。

プロコピオスによると、王宮の庭に集めた捕虜を検分していたゲイセリックが、他の捕虜が暑い真夏の陽射しに苦しみ、地面に倒れ込んでいたが、マルキアヌスだけが暑さをものともせず眠り、さらに鷲が空中で静止し、翼でマルキアヌスに陽射しを遮っている光景を見て神の意思と悟った。マルキアヌスがいずれ皇帝となると考え、ヴァンダルに対し攻撃をしないことを誓わせ釈放したという。

450年、先帝テオドシウス2世が死去した後、その姉アエリア・プルケリア399年 - 453年)と結婚してマルキアヌスが皇位を継いだ。

即位後、フン族アッティラへの献金の打ち切りや、コンスルプラエトルの主催する見世物への費用を減らすなど、財政健全化を果たした。人口減少地を蛮族に与えることで東ゴート族ルギ族などと同盟関係となり、バルカン方面の帝国の安全を確保した。 カルケドン公会議でエフェソスでの決定を批判して、ニカイア信条三位一体説を支持し、ローマ教皇との友好関係に努めた。1万ポンドの蓄えを遺し、在位7年にして病死した。

マルキアヌスの娘(マルキアヌスとその前妻との間に生まれた)アエリア・マルキア・エウフェミアは、西ローマ皇帝アンティミウスと結婚している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

尚樹啓太郎(1999)「ビザンツ帝国史」東海大学出版会

松谷健二(1995)「ヴァンダル興亡史 地中海制覇の夢」白水社

関連項目[編集]