ユスティヌス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユスティヌス2世
Justinus II
東ローマ皇帝
Solidus-Justin II-sb0391.jpg
ユスティヌス2世が印された硬貨
在位 565年 - 574年

出生 510年または520年
死去 578年10月5日
配偶者 ソフィア
子女 ユストゥス(早世)
アラビア
(養子)ティベリウス2世
王朝 ユスティニアヌス王朝
父親 (実父)ドゥルキディウス
(養父、伯父)ユスティニアヌス1世
母親 ウィギランティア(ユスティニアヌス1世妹)
テンプレートを表示

ユスティヌス2世(Justinus II, 520年 - 578年10月5日)(在位:565年 - 578年)。生年は510年頃とも。ラテン語: Iustinus Iunior ;ギリシャ語: Ἰουστῖνος Ioustînos 'Ioustînos' )は565年から574年まで東ローマ皇帝東ローマ帝国ユスティニアヌス朝の第3代皇帝

彼はユスティニアヌス1世の甥であり、テオドラ皇后の姪であるソフィアの夫であったため、ユスティニアヌス王朝のメンバー。彼の治世は、サーサーン朝との戦争とイタリアの大部分の喪失によって特徴づけられローマのサンピエトロ寺院にユスティヌス2世の十字架を贈る。 音訳。 

家族[編集]

彼はVigilantiaとDulcidio(またはDulcissimus)の息子であり、それぞれユスティニアヌスの姉妹と義理の兄弟。MarcellusとPraejectaソフィアと、彼には娘のアラビアと、おそらく若くして亡くなった息子のジャスタスがいた。彼にはヘレナという姪もいたとされる。

治世[編集]

アクセッション[編集]

外交政策[編集]

カルタゴで鋳造されたユスティヌス2世の100nummiコイン。ヘルメットをかぶったキュイラスを身に着けたバスト、シールドモノグラムを保持。上を横切る、下を100。

個人的な特徴[編集]

継承と退位[編集]

ヌミコインに描かれたユスティヌス2世とソフィア

脚注[編集]

参考文献[編集]

ソース[編集]

一次情報源[編集]

  • エドワード・ウォルフォード、翻訳者(1846)エヴァグリウスの教会史:西暦431年から西暦594年までの教会の歴史、 2008年に転載。EvolutionPublishing、ISBN 978-1-889758-88-6[1]

二次資料[編集]

  • Browning, Robert (2003), Justinian and Theodora, Gorgias Press LLC, ISBN 1-59333-053-7 
  • Evans, James Allan Stewart (2000), The age of Justinian: the circumstances of imperial power, Routledge, ISBN 0-415-23726-2 
  • Garland, Lynda (1999), Byzantine empresses: women and power in Byzantium, AD 527–1204, CRC Press, ISBN 0-203-02481-8 
  • Martindale, John R., ed. (1980). The Prosopography of the Later Roman Empire: Volume II, AD 395–527. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 0-521-20159-4.
  • Martindale, John R., ed. (1992). The Prosopography of the Later Roman Empire: Volume III, AD 527–641. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 0-521-20160-8.
  • Meyendorff, John (1989). Imperial unity and Christian divisions: The Church 450–680 A.D.. The Church in history. 2. Crestwood, NY: St. Vladimir's Seminary Press. ISBN 978-0-88-141056-3. https://books.google.com/books?id=6J_YAAAAMAAJ 
  • Nicholson, Oliver; Canepa, Matthew; Daryaee, Touraj (2018). "Khosrow I Anoshirvan". In Nicholson, Oliver (ed.). The Oxford Dictionary of Late Antiquity. Oxford: Oxford University Press. ISBN 978-0-19-866277-8.CS1 maint: ref=harv (link)
  • Ostrogorsky, George (1956). History of the Byzantine State. Oxford: Basil Blackwell. https://books.google.com/books?id=Bt0_AAAAYAAJ 
  • Rösch, Gerhard (1978) (German). Onoma Basileias: Studien zum offiziellen Gebrauch der Kaisertitel in spätantiker und frühbyzantinischer Zeit. Byzantina et Neograeca Vindobonensia. Verlag der österreichischen Akademie der Wissenschaften. ISBN 978-3-7001-0260-1 
  • Sodini, Jean-Pierre (1973). “Une titulature faussement attribuée à Justinien Ier. Remarque sur une inscription trouvée à Kythrea, Chypre” (French). Travaux et Mémoires du Centre de Recherche d'Histoire et Civilisation de Byzance. 5. pp. 373–384 

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ユスティヌス2世に関するメディアがあります。

ユスティヌス2世


存命中

爵位・家督
先代:
{{{before}}}
{{{title}}} 次代:
{{{after}}}
公職
先代:
{{{before}}}
{{{title}}} 次代:
{{{after}}}