スタウラキオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノミスマ金貨に刻まれた父ニケフォロス1世(左)とスタウラキオス(右)

スタウラキオスギリシア語Σταυράκιος (Staurakios), ? - 812年1月11日)は、東ローマ帝国皇帝(在位:811年7月26日 - 10月1日)。ニケフォロス1世の子。

803年にニケフォロス1世によって共同皇帝とされ、807年エイレーネーの一族のテオファノと結婚した。811年、父と共に第一次ブルガリア帝国の討伐に出陣したが、父は戦死し、自身も瀕死の重傷を負ってしまった。辛うじてコンスタンティノポリスに帰還するものの、政務を執れる状態にはなかった。このため、彼の後継をめぐって対立が起きた。テオファノは自ら即位しようとするが果たせず、結局義弟のミカエル1世ランガベーに譲位して修道院に隠退し、翌年に死去した。