フェリックス・フォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェリックス・フォール
François-Félix Faure
Felix Faure.jpg

フランス共和国
第7代大統領
任期 1895年1月17日1899年2月16日

出生 1841年1月30日
フランスの旗 フランス王国 パリ
死去 (1899-02-16) 1899年2月16日(58歳没)
フランスの旗 フランス共和国 パリ

フェリックス・フォール(Félix Faure, 1841年1月30日 - 1899年2月16日)はフランス政治家。第7代大統領第三共和政)。

パリで出生[1]ル・アーヴルにて実業家として成功し、同市の商工会議所会頭、副市長を歴任[2]1881年にセーヌ=アンフェリウール県(現セーヌ=マリティーム県)選出[1]の議員となり、穏健共和派に属する[2]

ガンベタ内閣で植民地および通商省次官となる[2][3]。同職は1882-85年、88年と務め[3]フェリー内閣でも同職にあってタヒチニューカレドニアフランス領西アフリカなどの植民地経営を進めた[2]

1893年[4]に代議員副議長就任[2][3]1894年、海軍大臣として入閣[1]1895年1月、右翼と穏健派の支持を得て[1]王党派アンリ・ブリッソンフランス語版を破り、共和国大統領に就任した[2]

在職中の業績としてはマダガスカルの領有、露仏同盟の強化などが挙げられる[2][3]

ドレフュス事件では1898年1月にエミール・ゾラからフォール大統領宛てに新聞紙上にて公開質問状(「私は弾劾する」)を提示された。フォールは軍部の立場や国家の体面を重視する立場から、他の政府首脳や王党派、右翼勢力、カトリック教会等とともに再審に否定的な立場を取っている[5]

1899年、ドレフュス事件とファショダ事件で共和政への攻勢が強まる中、エリゼ宮内で脳溢血のため急死[1][2]。在任中の死去であった。両事件の解決は後任のエミール・ルーベの在任期間でなされた[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『ブリタニカ国際大百科事典 5 小項目事典』 TBSブリタニカ、1991年第2版改訂版、598-599頁「フォール」項。
  2. ^ a b c d e f g h 『日本大百科全書 20』、小学館、1988年、132頁「フォール」項(谷川稔著)。
  3. ^ a b c d 『岩波 世界人名事典』 岩波書店、2013年、2338頁「フォール」項。
  4. ^ 資料により1892年とも。
  5. ^ a b 福井憲彦編 『新版 世界各国史12 フランス史』 山川出版社、2001年1版1刷/2008年1版4刷、362-363頁。
  6. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典 17』 TBSブリタニカ、1988年改訂版、591-592頁「フランス史」項。

関連項目[編集]

先代:
ジャン・カジミール=ペリエ
フランス共和国大統領
第三共和政
1895年 - 1899年
次代:
エミール・ルーベ