アルマン・ファリエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルマン・ファリエール
Armand Fallières
Armand Fallieres 1910.jpg
アルマン・ファリエール(1910年)

任期 1906年2月10日 – 1913年2月18日
首相

任期 1883年1月29日 – 1883年2月21日
大統領 ジュール・グレヴィ

出生 1841年11月6日
フランスの旗 フランス王国 メザン英語版
死去 (1931-06-22) 1931年6月22日(89歳没)
フランスの旗 フランス共和国 ランヌ英語版
政党 民主共和主義連盟

クレマン・アルマン・ファリエールClément Armand Fallières, 1841年11月6日1931年6月22日)は、フランスの政治家フランス第三共和政首相(在任:1883年1月 – 2月)、大統領(在任:1906年 – 1913年)を務めた。

生涯[編集]

1841年、ロット=エ=ガロンヌ県メザン英語版で生まれた[1]。法律を学んでネラックで弁護士になり、1868年に市議会議員に当選、1871年に市長となった[1]。1871年にはロット=エ=ガロンヌ県の県議会(Conseil général)議員になった[1]。熱狂的な共和主義者であったため、1873年5月アドルフ・ティエールの失脚により県議会議員の座を失ったが、1876年2月にネラックの代議院議員に選出された[1]。議会では共和左派(Gauche républicaine、後の共和派オポチュニスト英語版)の一員に属し[1]1877年5月16日危機英語版ではアルベール・ド・ブロイ公爵内閣の不信任決議に賛成票を投じた。同年10月、代議院議員に再選した[1]

1880年、第1次ジュール・フェリー内閣(1880年5月 – 1881年11月)の内務次官となった[1]。1882年8月7日から1883年2月20日まで(シャルル・デュクレール英語版内閣と自身が首相を務める内閣の)内務大臣を務め、1883年1月29日から1か月ほど首相を務めた[1]。首相としてはナポレオン公ボナパルティスト宣言(1883年1月)による王位僭称者追放問題への対処に追われたが、ファリエールがちょうどこの時期に病に倒れたため、反対の声に対処することができず、結局王位継承者を主張する者の排除に関する妥協策を元老院に否決され、わずか21日で総辞職した[1][2]

続く第2次フェリー内閣では1883年11月より公共教育大臣を務め、学校制度を改革した[1]。1885年3月に第2次フェリー内閣が総辞職すると、ファリエールも辞任した[1]。1887年5月にモーリス・ルーヴィエ英語版内閣の内務大臣になり、同年12月に司法大臣に転じた[1]。1889年2月から公共教育大臣になった。1890年3月から1892年2月まで再び司法大臣を務めた[1]

1890年6月にロット=エ=ガロンヌ県選出元老院議員に就任した[1]。元老院では共和派における影響力を維持したが、党派間の闘争には距離を置き、1899年3月に元老院議長に選出された。1906年1月まで務めたのち、1906年フランス大統領選挙フランス語版における共和左派の大統領候補に推され、第1回投票で449票を得てポール・ドゥメール(371票)を破り当選した[1]。以降1913年まで大統領を務めた[2]

1931年6月22日にメザン近郊のルピヨン(Loupillon)で死去した[2]

ファリエール内閣(1883年1月29日 – 1883年2月21日)[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Fallières, Clément Armand" . Encyclopædia Britannica (英語). 10 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 154.
  2. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “ファリエール” (日本語). コトバンク. 2020年6月21日閲覧。

関連図書[編集]

公職
先代:
ルネ・ゴブレ英語版
内務大臣
1882年 – 1883年
次代:
ピエール・ワルデック=ルソー
先代:
ポール・デュヴェ英語版
宗教大臣英語版
1882年 – 1883年
先代:
シャルル・デュクレール英語版
フランスの首相
1883年
次代:
ジュール・フェリー
暫定外務大臣
1883年
次代:
ポール=アルマン・シャルメル=ラクール英語版
先代:
ジュール・フェリー
公共教育大臣
1883年 – 1885年
次代:
ルネ・ゴブレ英語版
先代:
ルネ・ゴブレ英語版
内務大臣
1887年
次代:
フェルディナン・サリアン英語版
先代:
シャルル・マゾフランス語版
司法大臣
1887年 – 1888年
次代:
ジョアニス・フェルイヤフランス語版
先代:
エドゥアール・ロクロワ英語版
公共教育大臣
1889年 – 1890年
次代:
レオン・ブルジョワ
先代:
フランソワ・テヴネフランス語版
宗教大臣英語版
1890年 – 1892年
次代:
ルイ・リカール英語版
先代:
エミール・ルーベ
元老院議長
1899年 – 1906年
次代:
レイモン・ポアンカレ
フランスの大統領
1906年 – 1913年