アルマン・ファリエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルマン・ファリエール
Armand Fallières
Armand Fallieres 1910.jpg
アルマン・ファリエール(1910年)

任期 1906年2月10日 – 1913年2月18日
首相 モーリス・ルビエ
フェルディナント・サリン
ジョルジュ・クレマンソー
アリスティード・ブリアン
アーネスト・モニ
ジョセフ・カイヨー
レイモン・ポアンカレ
アリスティード・ブリアン

任期 1906年2月18日 – 1913年2月18日
Served with ジョアン・ジョセフ・ラガード・イ・フェノレア, ジョセフ・プジェルギミズ, フアン・ ベンロシェ・イ・ヴィヴォ

任期 1883年1月29日 – 2月21日
元首 ジュール・グレヴィ

出生 1841年11月6日
フランスの旗 フランス王国 メザン英語版
死去 (1931-06-22) 1931年6月22日(89歳没)
フランスの旗 フランス共和国 ランヌ英語版
政党 民主共和主義連盟

クレマン・アルマン・ファリエールClément Armand Fallières, 1841年11月6日 - 1931年6月22日)は、フランスの政治家、大統領。死刑に率直に反対し、多くの死刑囚の刑罰を軽いものに変えた。

生涯[編集]

ロット=エ=ガロンヌ県のメザンで生まれた。父は四季裁判所補佐官であった。法律を学んでネラックで弁護士になり、1868年に市議会議員として政治経歴が始まった。その後1871年に市長となり、1871年にはロット=エ=ガロンヌ県の評議員になった。ファリエールは熱狂的な共和主義者であったため、1873年5月アドルフ・ティエールの失脚によってその職を失った。しかし1876年2月ネラックの代議士に選ばれた。議会では共和党左派に同意し、1877年5月18日の抗議にサインし、5ヶ月後に再選された。

1880年ジュール・フェリー内閣(1880.5〜1881.11)の内務省の次官となった。1882年8月7日から1883年2月20日まで内務大臣であり、1883年1月29日から一ヶ月の間、総理大臣を勤めた。彼が大臣であったとき、ナポレオン公の宣言(1883.1)のために、彼はフランス王位を狙う人々の追放という問題に直面した。

ファリエールは当時病気であり、抵抗の嵐に立ち向かうことができなかったため、上院が彼の計画を拒否したときに辞職した。しかし翌11月、フェリーによって教育省の大臣に選ばれ、学校システムの様々な改革を行った。

1885年5月に辞職し、二年後モーリス・ルビエ内閣で内務大臣となった。12月に内務大臣の地位を司法大臣の地位と交換した。1889年2月に彼は再び内務大臣に戻り、最終的には1890年5月から1892年2月まで司法大臣を再び引き受けた。1890年6月ロット=エ=ガロンヌ県で賛成417反対23で上院議員に選ばれた。ファリエールは依然として党から独立して闘争を続けていたが、共和主義者の間では影響力を保っていた。

1899年5月上院議長に選ばれ、共和国大統領候補として両院の左派のグループ連合によって選ばれた1906年までその地位を保った。ファリエールは賛成449票、相手のポール・ドゥメールに投じられた反対371票で、初めての無記名投票によって上院議長に選ばれた。

ファリエール内閣, 1883年1月29日 –1883年2月21日[編集]

  • アルマン・ファリエール – 上院議長, 暫時外務大臣, 内務大臣, 宗教大臣
  • ジーン・ティボーディン – 陸軍大臣
  • ピエール・ティラール – 財務大臣
  • ポール・デイビス – 法務大臣
  • フランソワ・デ・マヒー – 農林大臣と暫定海軍、植民地大臣
  • ジュール・デュバ – 文部科学大臣
  • アン・チャールズ・ハリソン – 工部省
  • アドルフ・コッシェ – 通信大臣
  • ピエール・ルグラン – 商工大臣

出典[編集]

  •  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Fallières, Clément Armand" . Encyclopædia Britannica (in English) (11th ed.). Cambridge University Press.