フィル・プレッシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィル・プレッシー
Phil Pressey
Phil Pressey with Idaho.JPG
アイダホ・スタンピードでのプレッシー (2016年)
FCバルセロナ (バスケットボール)
ポジション PG
身長 180cm (5 ft 11 in)
体重 79kg (174 lb)
ウィングスパン 194cm  (6 ft 5 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Phillip Michael Pressey
ラテン文字 Phil Pressey
誕生日 (1991-02-17) 1991年2月17日(26歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州の旗 テキサス州ダラス
出身 ミズーリ大学
ドラフト 2013年 ドラフト外 
選手経歴
2013-2015
2015
2015-2016
2016
2016-2017
2017-
ボストン・セルティックス
フィラデルフィア・76ers
アイダホ・スタンピード (Dリーグ)
フェニックス・サンズ
サンタクルーズ・ウォリアーズ (Dリーグ)
スペインの旗 FCバルセロナ・ラッサ

フィル・プレッシー (Phillip Michael Pressey 1991年2月17日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のプロバスケットボール選手。ポジションはポイントガード

来歴[編集]

ダラスの地元の高校から2010年にミズーリ大学に進学。Big-12の3rdチームやSECの1stチームに選出されるなど、ミズーリ大学の主力選手として活躍し、2013年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明[1]したプレッシーだったが、ドラフトではどのチームからも指名を受けることは出来なかった。

プレッシーは同年夏のNBAサマーリーグボストン・セルティックスの一員として参加[2]し、同月20日にセルティックスと3年契約を締結[3]。主にレイジョン・ロンドの控え役としてプレーしたが、2015年7月15日に解雇された[4]

2015-16シーズン開幕前のシーズンキャンプにはポートランド・トレイルブレイザーズユタ・ジャズのキャンプに参加するも、いずれも解雇され、ジャズから放出された際に傘下のアイダホ・スタンピードに送られ、NBAロースター入りを目指すことになる[5]。シーズンが開幕して間もなくフィラデルフィア・76ersと契約したものの、12月4日に解雇[6]され、再びスタンピードでプレーすることになった。

2016年2月20日にフェニックス・サンズ10日間契約を締結。翌日のサンアントニオ・スパーズ戦で早速サンズでの初出場を果たし、3ブロックショットを記録[7]。2013年のネイト・ロビンソン以来の "身長183cm以下の選手が1試合3ブロックショット以上を記録した選手"となった[8]。その後2度目の契約を得たものの、シーズン終了までの契約を勝ち取ることは出来ず、3月12日にアイダホ・スタンピードに復帰した。

8月16日、ゴールデンステート・ウォリアーズとトレーニングキャンプに関する契約を結んだ[9]。10月19日、ロスター争いに敗れウォリアーズを解雇され、傘下のサンタクルーズ・ウォリアーズに送られた。

2017年7月20日、リーガACBFCバルセロナ・ラッサと契約した[10]

家族[編集]

父は元NBA選手のポール・プレッシーで、現役時代は主にミルウォーキー・バックスなどで活躍した。引退後はコーチ業に転じ、各チームでアシスタントコーチを務め、1999年にはサンアントニオ・スパーズNBAチャンピオンを経験した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]