フィリップ・ルクレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィリップ・ルクレール
Leclerc-casque.jpg
フィリップ・ルクレール
外国語 Philippe Leclerc de Hauteclocque
生誕 1902年11月22日
フランスの旗 フランス共和国 ソンム県バロイ=サン=レオナール
死没 1947年11月28日(満45歳没)
フランスの旗 フランス アルジェリア コロン=ベシャール
所属組織 フランス陸軍
自由フランス軍
軍歴 1924年 - 1947年
最終階級 陸軍大将[1]
テンプレートを表示

フィリップ・フランソワ・マリー・ド・オートクロク(Philippe François Marie de Hautecloque、1902年11月22日 - 1947年11月28日)は、フランス軍人。一般にはレジスタンス時代の変名「ジャック=フィリップ・ルクレール(Jacques-Philippe Leclerc)」で知られている。通常は「フィリップ・ルクレール・ド・オートクローク(Philippe Leclerc de Hautecloque)」と表記される事が多い。第二次世界大戦中に自由フランス軍第2機甲師団を率いてノルマンディー上陸作戦に参加し、パリ入城を果たしたことで知られる。

略歴[編集]

1902年北フランス、ピカルディ地方のバロイ=サン=レオナールの貴族の家に生まれた。現在のアミアン近郊ソンム県である。父アドリアン・ド・オートクローク伯爵、母ロマーノ伯アルノー・ジョセフ・ファン・デア・クルーズ・ド・ワジエ[2]の娘マリー・テレーゼ・ファン・デア・クルーズ・ド・ワジエの五男。オートクローク家はアルトワを発祥とし800年以上続く名家である。フィリップの名は1635年にクロアチア人との戦いで戦死した先祖の名より付けられた[3]。父アドリアンの兄と弟は騎兵将校でいずれも第1次世界大戦で戦死、またアドリアンも騎兵連隊のラッパ手として活躍した。こうした事からフィリップも騎兵への道を志すようになる。

小学校卒業後、アミアンにあるイエズス会のプロビデンス学校フランス語版[4]ヴェルサイユ聖ジェネビーブ高等学校フランス語版を経て[4]1922年サン・シール陸軍士官学校に入学して騎兵将校となり、第5胸甲騎兵連隊附としてルール占領に伴いトリーアに進駐した。しかしフィリップにとってこの任務は好ましいものではなく、間もなく植民地部隊への異動を志願した。フィリップは第3次リーフ戦争の続くモロッコタザ英語版の第8胸甲騎兵連隊附となる[5]

なお、フィリップの兄がガーガン男爵家の娘と結婚した事からオートクローク家とガーガン家は家族ぐるみの付き合いがあり、その縁で1925年8月10日、兄嫁の妹テレーゼ・ド・ガーガンとルーアン聖ジャンヌ・ダルク教会英語版にて挙式をあげ、6人の子をもうけた[6][7]

1927年、メクネスのダル・エル・ベイダ士官学校(現メクネス王立士官学校英語版)教官となる。この時、のちにフィリップの下で戦車隊指揮官として共闘することになるポール・ド・ラングラードフランス語版大尉と出会う。

1929年、グミエ指揮官となり、アトラス山脈の反乱部族との戦闘を経験した[8]。この時、2体の騎馬を倒す戦功をあげる[9]。その後ラバトのアフリカ第5胸甲騎兵連隊の予備部隊指揮官を経て内地に帰還、サン・シール陸軍士官学校の教官となる。しかし再度前線での勤務を望み、1933年、夏季休暇でアフリカへ飛ぶとアンリ・ジロー准将の元を訪れ転属を申し入れた。フィリップはグミエ部隊の連絡将校となり、峡谷での戦闘に貢献、これにより海外総軍従軍十字章英語版を受章した[10]

こうした功績にもかかわらず、モロッコ植民地部隊司令官アントワーヌ・ユレ英語版少将は彼の存在を疎ましく思い、その昇進を渋っていた。しかし彼の昇進を望む声は次第に高まり、1934年12月にようやく大尉となった[9][11]。実に中尉昇進から8年後の事である。最も、フィリップに限った話ではなく戦間期のフランス軍士官、特に騎兵は全体的に昇進が遅れており、彼の同期では1936年にやっと大尉になった人物もいた[12]

1938年、高等戦争学校フランス語版に入学[注釈 1]

対ドイツ戦[編集]

1939年第二次世界大戦が勃発した時は第4歩兵師団フランス語版の参謀だった[13]。1940年ベルギーに侵攻したドイツ軍を迎撃するため進撃したが、押し戻されリール付近で負傷した。近隣の病院に収容されていたため、ドイツ軍の捕虜となることを免れ、パリに戻ったところ、レジスタンスを呼びかけるドゴール将軍のラジオ放送を聞いた。このため自由フランス参加を決意し、ボルドーに避難していた妻子と会った後、中立国のスペイン、ポルトガル経由でロンドンに入った。この時、フランスに残留した家族を庇ってルクレールと変名したものである。

自由フランス軍[編集]

ロンドンでドゴール将軍と面会した後、熱帯アフリカチャドの鎮撫を命じられ、任務に成功、1940年11月チャド軍司令官となった。1941年チャドから出撃してイタリア領リビア南部のオアシス都市クーフラ占領に成功し、同年8月准将心得を拝命した。1942年12月、3000のチャド軍[注釈 2]を率いてリビアに侵攻、1943年1月トリポリを占領して、エジプトから来た英軍と合流した。英軍総司令官バーナード・モントゴメリー元帥の指揮下の第8軍に編入され、チュニジア侵攻作戦に参加、同年5月には少将に昇進した。

パリ解放まで[編集]

北アフリカ戦線の終結後、モロッコでフランス人とチャド人混合の自由フランス軍第2師団を編成。しかし1943年6月、ドゴールの命令によりアメリカ式機甲師団への再編成がなされ、自由フランス軍第2機甲師団となった。なおこの時チャド人兵士たちはチャド行進連隊へと抽出され現在に至る。1944年4月、イギリスのヨークシャーにてポーランド軍の第1機甲師団英語版とともに訓練を実施した[14]。ルクレールらはビバリー英語版ホザン男爵英語版邸を司令部とした[15]

1944年8月1日、ジョージ・パットン中将率いるアメリカ陸軍第3軍隷下の第14軍団英語版とともにノルマンディーのユタ・ビーチに上陸した[16]。パットン中将と軍団長のウェイド・H・ハイスリップ英語版少将はともにフランス語が流暢だったため作戦は順調に行われた[16]。その後、ファレーズ・ポケットに参加。

パリ駐屯独軍司令官コルティッツ将軍が降伏前にパリを破壊するという情報があったため、ドゴール将軍とアイゼンハワー元帥が会見してルクレール将軍率いる第2機甲師団が電撃的にパリに入城することになった。同年8月23日第2機甲師団のレイモンド・ディオンス大尉の戦車がパリ一番乗りに成功し、翌日ルクレールはコルティッツとモンパルナス駅で会見し、パリの無血引渡しに成功した。

第2機甲師団はさらに1944年11月23日、ストラスブール解放に成功、現在ストラスブールにはルクレール将軍の銅像が立っている。

極東[編集]

日本の降伏文書に署名するルクレール

1945年8月18日、太平洋地域仏軍司令官に任命されたルクレール将軍は9月2日東京湾のミズーリ艦上で行われた日本の降伏文書調印式にフランス軍代表として参列している。その後、フランス領インドシナサイゴンに入り、コーチシナを平定した後、1946年3月第2機甲師団を率いてハイフォンに上陸、ハノイ進駐を行った。当時のベトナムは日本軍降伏後、ホー・チ・ミン率いるベトミンが実権を掌握したが、フランス軍の復帰によって農村部に撤退することになる。この時、ルクレール将軍は、フランスの植民地のベトナムでは独立勢力を圧殺し、「殺戮者ルクレール」とあだ名された。

事故死[編集]

1946年7月18日北アフリカ総監に任命されて任地に赴いたが、1947年]]11月飛行機墜落事故のためアルジェリアで死亡した。遺骸はパリのオテル・デ・ザンヴァリッド地下聖堂に埋葬された。1952年8月23日には第2機甲師団のパリ解放を記念しフランス元帥の称号が贈られている[11]

年譜[編集]

  • 1924年10月1日 - 少尉任官[17][11]
  • 1925年8月8日 - ソミュール騎兵学校英語版を首席で卒業[6]
  • 1926年10月26日 - 中尉[11]
  • 1934年12月25日 - 大尉[11]
  • 1940年7月31日 - 少佐[11]
  • 1940年8月27日 - 大佐[11]
  • 1941年8月10日 - 准将心得[11]
  • 1942年4月14日 - 准将[11]
  • 1943年3月25日 - 少将[11]
  • 1945年3月25日 - 中将[11]
  • 1946年7月14日 - 大将[11]
  • 1952年8月23日 - 元帥追贈[11]

栄典[編集]

Legion Honneur GC ribbon.svg レジオンドヌール勲章グランクロワ[18]
Ruban de l'Ordre de la Libération (2).PNG 解放勲章英語版[18]
Medaille militaire ribbon.svg 軍事記念章英語版[18]
Croix de Guerre 1939-1945 ribbon.svg 八棕櫚葉付1939年乃至1945年従軍十字章英語版[18]
Croix de Guerre des Theatres d'Operations Exterieurs ribbon.svg 二棕櫚葉付海外総軍従軍十字章英語版[18]
Medaille de la Resistance avec rosette ribbon.svg 薔薇章付レジスタンス記念章英語版[18]
Medaille des Evades ribbon.svg 亡命記念章英語版[18]
Ruban de la Médaille d'Outre-Mer.PNG "モロッコ", "フェザーン", "クフラ", "トリポリタニア", "チュニジア", "極東"章付植民地記念章英語版 [18]
Medaille (Insigne) des Blesses Militaires ribbon.svg 戦傷章英語版[18]
Medaille commemorative des Services Volontaires dans la France Libre ribbon.svg 自由フランス志願兵役記念章英語版[18]
Medaille commemorative de la Guerre 1939-1945 ribbon.svg 1939年乃至1945年従軍記念章英語版[18]
Order of the Bath (ribbon).svg バス勲章コンパニオン イギリスの旗 イギリス[18]
Dso-ribbon.png 殊功勲章英語版 イギリスの旗 イギリス[18]
Silver Star ribbon.svg シルバースター アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[18]
Bronze Star ribbon.svg ブロンズスターメダル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[18]
Legion of Merit ribbon.svg レジオン・オブ・メリットコマンダー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[18]
Presidential Unit Citation ribbon.svg 殊勲部隊章英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[18]
BEL Kroonorde Grootofficier BAR.svg 棕櫚葉付王冠勲章英語版グランドオフィサーベルギーの旗 ベルギー[18]
BEL Croix de Guerre 1944 ribbon.svg 従軍十字章英語版 ベルギーの旗 ベルギー[18]
LUX Croix de Guerre ribbon.svg 従軍十字章英語版 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク[18]
LUX Order of the Oak Crown - Knight BAR.png 柏葉冠勲章英語版グランドクロス ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク[18]
POL Virtuti Militari Komandorski BAR.svg ヴィルッチ・ミリタリ勲章英語版コマンダー ポーランドの旗 ポーランド[18][19]
Czechoslovak War Cross 1939-1945 Ribbon.png 1939年乃至1945年従軍十字章英語版 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア[18]
TCH CS Vojensky Rad Bileho Lva 3st (1945) BAR.svg 三等白獅子軍事勲章英語版 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア[18]
Greek War Cross 1940 3rd class ribbon.png 一等従軍十字章英語版ギリシャの旗 ギリシャ王国[18]
Ordre du Nichan Iftikhar GO ribbon (Tunisia).svg 栄光勲章英語版 (Tunisia)[18]
MAR Order of the Ouissam Alaouite - Grand Cross (1913-1956) BAR.png アラウィー朝勲章英語版グランドクロス (Morocco)[18]
Ordre Royal du Cambodge GC ribbon.svg カンボジア王室勲章英語版グランドクロス Flag of Colonial Annam.svg フランス領インドシナ連邦[18]
LAO Order of the a Million Elephants and the White Parasol - Grand Cross BAR.png 百万象白傘蓋仏頂勲章英語版グランドクロス Flag of Colonial Annam.svg フランス領インドシナ連邦[18]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1992年まで士官学校内に存在した高級将校・参謀養成コース。現在は「戦争学校」(École de guerre)という名で軍事学校英語版の中にある
  2. ^ その多くはモロッコ人ラクダ部隊だった。参考:チャド・セネガル狙撃連隊

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フランス元帥は称号であって階級ではない。
  2. ^ Arnould Joseph Marie Louis van der CRUISSE de WAZIERS
  3. ^ Clayton 1992, p. 34.
  4. ^ a b Moore 2011, p. 20.
  5. ^ Moore 2011, p. 34.
  6. ^ a b Moore 2011, pp. 25–26.
  7. ^ Leclerc (avenue du maréchal)” (French). Dictionnaire des noms de rues. 2014年5月14日閲覧。
  8. ^ Moore 2011, pp. 27–30.
  9. ^ a b Clayton 1992, p. 36.
  10. ^ Moore 2011, pp. 36–38.
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m Leclerc De Hautecloque, Philippe François Marie” (French). Mémorial-GenWeb. 2014年5月14日閲覧。
  12. ^ Moore 2011, pp. 45–46.
  13. ^ Moore 2011, pp. 47–49.
  14. ^ Moore 2011, pp. 241.
  15. ^ Moore 2011, pp. 234–235.
  16. ^ a b Clayton 1992, pp. 55–56.
  17. ^ Moore 2011, p. 24.
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac Conseil national des communes "Compagnon de la Libération" (2011年2月7日). “Philippe Leclerc de Hauteclocque” (French). Ordre de la Libération. 2014年5月14日閲覧。
  19. ^ Puchalski 2000, p. 246.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]