ビレンドラ・ビール・ビクラム・シャハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビレンドラ・ビール・ビクラム・シャハ
Birendra Bir Bikram Shah
ネパール王
Birendra Bir Bikram Shah.jpg
ビレンドラ・ビール・ビクラム・シャハ
在位 1972年1月31日 - 2001年6月1日
戴冠 1975年2月24日
全名 वीरेन्द्र वीर बिक्रम शाहदेव
ビレンドラ・ビール・ビクラム・シャハ・デーブ
出生 (1945-12-28) 1945年12月28日
ネパールカトマンズナラヤンヒティ王宮
死去 (2001-06-01) 2001年6月1日(満55歳没)
ネパールの旗 ネパールカトマンズナラヤンヒティ宮殿
王太子 ディペンドラ
配偶者 アイシュワリヤ
子女 ディペンドラ
シュルティ
ニーラージャン
王朝 ゴルカ朝
父親 マヘンドラ
母親 インドラ
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

ビレンドラ・ビール・ビクラム・シャハ・デーブネパール語: वीरेन्द्र वीर बिक्रम शाहदेव, ラテン文字転写: Birendra Bir Bikram Shah Dev1945年12月28日 - 2001年6月1日)は、ネパール王国の第10代君主(在位:1972年1月31日 - 2001年6月1日)。第9代マヘンドラの長男。

生涯[編集]

1945年12月28日、ネパール王(当時は王太子)マヘンドラ・ビール・ビクラム・シャハの息子として生まれた[1]

1959年イギリスイートン・カレッジに入学し、1964年に卒業するまで在籍した。卒業後はネパールに戻り、国内の各地を歩いて冒険する旅に出た[2][3]

1967年には東京大学に留学し、親日家としても知られていた。大学に留学していたビレンドラに熱海の植物友の会がの種を献上し、その返礼としてヒマラヤザクラが贈られた。また、同年から翌1968年にかけてハーバード大学にも留学し、政治学を学んだ[4]

1972年、父マヘンドラ国王の死去に伴い、ビレンドラが即位した[5]

1980年5月、父マヘンドラが創設した政党制を否定するパンチャーヤト制の是非を問う国民投票が行われ、僅差で存続が決まった[6]

1990年4月、民主化を求める声が高まったのを受けて、パンチャーヤト制を廃止し、11月には複数政党制基本的人権などを認める新憲法を公布[7]。新憲法では主権在民がうたわれ、国王は「国家と国民の統合の象徴」であるとされ、ネパールは立憲君主制へ移行した[8]。これにより絶対君主制に終止符が打たれ、ビレンドラは開明的君主として、国民の厚い信頼を得た。

1991年5月、新憲法に基づく複数政党制による総選挙が行われ、ネパール会議派が第一党なり、ギリジャー・プラサード・コイララが組閣した[9]。だが、高度な報道の自由を認めた結果、政治家の腐敗が明らかとなり、政争は激化し、会議派、統一共産党、国家民主党などの短命内閣が相次いだ。

2001年6月1日ネパール王族殺害事件でアイシュワリヤ王妃、第二王子ニーラージャンらとともに射殺された[10][11]。事件の犯人とされる長男のディペンドラ王太子が意識不明のまま即位したが、3日後に死去したため、弟のギャネンドラが即位した[12]

脚注[編集]

  1. ^ Nepal 12
  2. ^ “King Birendra of Nepal”. Daily Telegraph. (2001年8月23日). http://www.telegraph.co.uk/news/obituaries/1309622/King-Birendra-of-Nepal.html 2008年7月21日閲覧。 
  3. ^ The Late King Birendra Bir Bikram Shah - Childhood Picture”. 2015年9月10日閲覧。
  4. ^ “Birendra: Nepal's monarch of change”. BBC. (2001年6月2日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/1365485.stm 2015年9月10日閲覧。 
  5. ^ Nepal 12
  6. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.658
  7. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、pp.667-668
  8. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.668
  9. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、pp.670-680
  10. ^ Nepal 12
  11. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.678
  12. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.679

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]