ビエネッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビエネッタ(少量サイズのもの)

ビエネッタ[注釈 1]VienettaViennetta)とは、オランダのユニリーバ社が製造し、世界各国で販売している[注釈 2]、長方形のケーキを模したアイスクリーム(アイスケーキ)である。

日本では森永乳業と提携し、スーパーマーケット等で森永ブランドの製品として販売されている。

概要[編集]

“ビエネッタ”(Vienetta / Viennetta)とは英語もしくはラテン語系の言語でオーストリアの首都であるウィーンを意味する"Vienna"に基づいた造語で、「ウィーン風」「ウィーンのような」というような意味だが、あくまでも商品としてのイメージとしてのもので[1]、菓子としての発祥や由来がオーストリアやウィーンにあるわけではない。

“ケーキのようなアイスクリーム”というのがセールスポイントで、直方体ケーキのような見た目が特徴的である。アイスクリームに薄いチョコレートを被せたものが層になっており、いちばん上の層は波模様を形成している。アイスクリームの柔らかい舌触りと冷たいチョコレートの固めの歯触りの対比が特徴である。

アイスクリームではあるが、上述の製品形態から切り分けて食べるのが通例である。ただし、製品サイズに関しては大型のブロック状ではなく少量で売られているものや、プラスチックカップに入れられた形態の製品もある。

なお、過去には販売国によっては“ビエネッタ(Vienetta/Viennetta)”以外の商品名で販売されており、イスラエル向け製品は以前は“ファンタジア”(Fantasia(פנטסיה‎)[2][3]の商品名で[注釈 3]、また、スペインでは商標に関する法律上の問題から1990年代までは“コンテッサ”(Comtessa)[5]の商品名で販売されていた。

歴史[編集]

ビエネッタの拡大画像。アイスクリームがひだ状になっているのが分かる。

ビエネッタは1982年ユニリーバ社の子会社であるイギリスウォールズ・アイスクリームグロスター工場の開発部長ケヴィン・ヒルマン(Kevin Hillman)とイアン・ブッチャー(Ian Butcher)によって開発された[6][7]

製品の特徴である独特の階層構造は、ベルトコンベアに載ったトレーにバニラアイスクリームをリボン状に絞り出すと同時にチョコレートの層を薄く吹き付けることによって作られ[8]、アイスクリームを絞り出す速度がベルトコンベアの進行速度よりも速いためにアイスクリームがひだ状になる。また、層ごとにアイスクリームを絞り出す速度を変えてひだの厚みに変化をつけている。

ユニリーバ社の工場で生産された同名の商品が欧米各国で発売されており、海外では地域別に日本には無いフレーバー(チョコミントピスタチオキャラメルビスケットバニラココアクランチ等)の製品もあり、アイスの層の模様が日本のものと異なる場合もある。

日本での販売[編集]

日本においては森永乳業により1983年に初めて発売された[9]。発売当初のキャッチコピーは「ウィーン風銘菓」であった。幾度かの商品ラインナップの変更やパッケージリニューアルを経て、2020年現在でも森永乳業が販売している。

発売された頃は「第三の男」テーマ音楽がCMのBGMに使われていた。

1990年代には、ユニリーバの日本法人である日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン)単独で「イグロ」ブランドで販売していた時期があった[10][11]。その後、販売元は森永乳業との提携ブランドである「エスキモー」ブランドに落ち着いたが、2010年に森永乳業がエスキモーブランドを廃止したことに伴い、同年10月以降順次森永ブランドに置き換わっている。

2020年現在はバニラティラミスの2種類がある。サイズはこれまでのパーティサイズ[注釈 4](530ml)に加え、ハーフサイズ(265ml)が存在したが、これに替わって2011年5月からはカップサイズ(184ml)が発売されている。また、1987年と1999年にはパーティサイズを個食サイズ(120ml)に縮小した「ミニビエネッタ」も発売された[13][14]。「イグロ」ブランドでの発売時には、更に小さなサイズ(36ml)のものを複数個入りのパッケージにした製品である「ビエネッタ ペティート」も存在した[10]

日本におけるラインナップ[編集]

※2020年12月現在
  • ビエネッタ バニラ
  • ビエネッタ ティラミス
  • ビエネッタカップ バニラ
かつて存在した製品
ビエネッタ
  • チョコバニラ
  • チョコアーモンド
  • チョコレート
  • ストロベリー
  • キャラメル
  • カプチーノ
1995年9月発売[15]
  • カフェラテ
2004年10月発売[16]
ビエネッタ カップ
  • フロマージュ
2011年12月に季節限定フレーバーとして発売[12]
  • ティラミス
2012年4月に季節限定フレーバーとして発売[17]
  • ストロベリークリーム
2012年12月に季節限定フレーバーとして発売[18]
  • カフェモカ
2015年11月に季節限定フレーバーとして発売[19]
ビエネッタ ハーフ
  • バニラ
  • チョコレート
  • ストロベリー
ミニビエネッタ
1987年[13] / 1999年発売[14]
  • チョコバニラ(後のラインナップ表記では「バニラ」)フレーバーのみ発売。1987年の初発売時には“ひとり占めサイズ”の副商品名で発売され、1999年の発売時には一箱2個入りのパッケージで販売された 。
「イグロ」ブランドでの販売ラインナップ
1990年3月より、日本リーバ「イグロ ビエネッタ」の製品シリーズ名で販売[10][注釈 5]
イグロ ビエネッタ レギュラー(540ml)
  • バニラ
  • チョコレート 
イグロ ビエネッタ ミニ(120ml)
  • バニラ
  • チョコレート 
イグロ ビエネッタ ペティート
1992年発売[10]。一口サイズ(36ml)に個包装されたもの8個を一つの箱に収めた“マルチパック”方式で販売。

栄養成分[編集]

下記に2020年における、森永乳業販売のビエネッタ(バニラ)の栄養成分を示す[20]

栄養成分 (1個当たり)
エネルギー 887kcal
タンパク質 14.4g
脂質 60.7g
炭水化物 70.7g
食塩相当量 0.34g

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本語におけるアルファベットカタカナ表記においては"v"は“”と表記されることがあるが、当製品の日本における名称表記では用いられず、「エネッタ」が正式な商品名となる。
    なお、“エ”も正式な商品名としては小書き文字(小文字)とはならない。
  2. ^ 北米には生産拠点およびライセンスを所得した製造会社が存在せず、カナダでは販売されておらず、アメリカ合衆国においては限定的にしか販売されていない。
  3. ^ 2020年現在ではオリジナルと同じ"Viennetta"の商品名で販売されている[4]
  4. ^ 公式の名称としては「ホールタイプ」の名称も用いられている[12]
  5. ^ リニューアル後は製品名は「イグロ ニュービエネッタ」となり、パッケージが黒基調のデザインから白基調のものに変更された。

出典[編集]

  1. ^ Precious.jp| 2019.9.12|パリパリが懐かしい!高級アイスケーキ「ビエネッタ」の最新事情を探る|「特別な日」のご褒美!ビエネッタはこうして生まれた ※2020年12月25日閲覧
  2. ^ Streets.com>Viennetta ※2020年12月25日現在リンク切れ
  3. ^ Fantasia Chocolate Vanilla Log Parve (Vegan Viennetta) ※2020年12月25日閲覧
  4. ^ streetsicecream.com>Products>Viennetta ※2020年12月25日閲覧
  5. ^ Unilever's brand unifying strategy” (Spanish). El Mundo. 2020年12月24日閲覧。
  6. ^ Viennetta”. Walls.co.uk. 2020年12月24日閲覧。
  7. ^ Espacenet - Bibliographic data”. worldwide.espacenet.com. 2020年12月24日閲覧。
  8. ^ 製造工程を撮影した動画(How Vienetta Is Made - YouTube) ※2020年12月24日閲覧
  9. ^ 森永乳業公式サイト>ICE CREAM STORY 1983【アイスクリームケーキ人気を牽引】ビエネッタ発売
  10. ^ a b c d 日本食糧新聞|1992.08.03 7411号 5面|リプトンリーバ、9月からケーキタイプのアイスクリーム「イグロビエネッタペティート」発売 ※2020年12月24日閲覧
  11. ^ 日本食糧新聞|1993.08.11 7578号 8面|リプトンリーバ、9月中旬から「イグロ・ニュービエネッタ・チョコレート」などを新発売 ※2020年12月24日閲覧
  12. ^ a b 森永乳業公式サイト>ニュースリリース>2011年11月29日 世界各国で愛されるブランド「ビエネッタ」のカップタイプに期間限定フレーバーが登場! 「ビエネッタカップ フロマージュ」 ※2020年12月24日閲覧
  13. ^ a b 富士森永乳業株式会社>沿革 ※2020年12月24日閲覧
  14. ^ a b 日本食糧新聞|1999.01.25 8481号 12面|食べやすい個装「ミニビエネッタ」アイスクリーム発売(森永乳業) ※2020年12月24日閲覧
  15. ^ 日本食糧新聞|1995.09.29 7933号 24面|森永乳業、「ビエネッタ カプチーノ」などラインアップ強化 ※2020年12月24日閲覧
  16. ^ 日本食糧新聞|2004.11.01 9406号 13面|「エスキモー ビエネッタ カフェラテ」発売(森永乳業) ※2020年12月24日閲覧
  17. ^ 森永乳業公式サイト>ニュースリリース>2012年4月12日 世界各国で愛されるブランド「ビエネッタ」のカップタイプに新フレーバーが登場!「ビエネッタカップ ティラミス」 ※2020年12月24日閲覧
  18. ^ 森永乳業公式サイト>ニュースリリース>2012年11月28日 世界各国で愛されるブランド「ビエネッタ」のカップタイプからいちごを使用した新フレーバーが登場! ビエネッタカップ ストロベリークリーム ※2020年12月24日閲覧
  19. ^ 森永乳業公式サイト>ニュースリリース>2015年10月28日 見た目の美しさと独特の食感を楽しめる「ビエネッタ」のカップタイプから新フレーバー「カフェモカ」が新登!「ビエネッタカップ カフェモカ」 ※2020年12月24日閲覧
  20. ^ ビエネッタ バニラ 栄養成分 (1本当たり)”. 森永乳業. 2020年12月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

動画