ヒドラ (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒドラ
Hydra
Hydra imaged by LORRI from 231 000 kilometres.jpg
2015年7月14日に無人探査機ニュー・ホライズンズが撮影したヒドラ
仮符号・別名 P III, P 3
S/2005 P 1
分類 冥王星型天体の衛星
発見
発見日 2005年5月15日
発見者 ハッブル宇宙望遠鏡
冥王星衛星探査チーム
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 64,780 ± 88 km
離心率 (e) 0.0052 ± 0.0011
公転周期 (P) 38.2065 ± 0.0014 日
軌道傾斜角 (i) 0.25 ± 0.11
(冥王星の赤道に対する)
冥王星の衛星
物理的性質
直径 約45km
質量 < 5 ×1018 kg
冥王星との相対質量 < 3.8 ×104
アルベド(反射能) 0.35(推定)
表面温度 33 - 55 K
色指数 (B-V) 0.64 ± 0.12
■Project ■Template
2005年に撮影された冥王星(Pluto)とカロン(Charon)、二クス(Nix)、ヒドラ(Hydra)の画像
ヒドラから見た冥王星とカロンの想像図

ヒドラ ((134340) Pluto III Hydra) は、冥王星衛星の一つ。発見時の仮符号は S/2005 P 1[1][2]

概要[編集]

2005年5月にハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された画像から見つかった衛星のうちの一つである。

2015年、ハッブル宇宙望遠鏡の観測により、ヒドラがニクスと共に楕円形であること、アルベドが高いこと、そしてカオス自転をしていることが判明した[3]


探査機ニュー・ホライズンズが冥王星をフライバイした際に測定したヒドラの大きさは45kmである[4]

名称[編集]

ヒドラという名はギリシア神話の地下を守る怪物ヒュドラから付けられた[5]

また、冥王星の名前が探索支援者のパーシバル・ローウェルの頭文字P・Lに、カロンの名前が発見者ジェームズ・クリスティーの妻シャーリーンに因んだ(らしい)との例に漏れず、ニクスと共にニュー・ホライズンズ計画の頭文字N・Hに因んで名付けられている。

画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ IAU Circular No. 8625 describing the discovery
  2. ^ IAU Circular No. 8723 naming the moons
  3. ^ 冥王星の衛星「ニクス」と「ヒドラ」、予測不可能な不規則自転”. AstroArts (2015年6月9日). 2015年6月12日閲覧。
  4. ^ 従来より「大きくなった」冥王星”. AstroArts (2015年7月14日). 2015年7月29日閲覧。
  5. ^ Planet and Satellite Names and Discoverers”. IAU. 2015年7月29日閲覧。

外部リンク[編集]

冥王星と3つ衛星の軌道、内側からカロン、ニクス、ヒドラ。