ヒサカキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒサカキ
ヒサカキ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: ツツジ目 Ericales
: モッコク科 Pentaphylacaceae
: ヒサカキ属 Eurya
: ヒサカキ E. japonica
学名
Eurya japonica Thunb. var. japonica[1]
シノニム

ヒサカキ(姫榊[3]学名: Eurya japonica var. japonica)は、モッコク科ヒサカキ属[注 1]の常緑小高木である。

特徴[編集]

常緑広葉樹小高木で、サカキよりやや小型で[3]、普通は樹高が4 - 7メートル (m) 程度になる。葉は互生し、やや倒卵状楕円形で、丸い鋸歯がある。葉は厚みがある革質で、表面はつやが強い。葉の先端は、ほんの少しくぼみがあることが多い。枝は横向きに出て、葉が左右交互にでて、平面を作る傾向がある。

花期は3月から4月、枝の下側に短くぶら下がるように径5ミリメートル (mm) ほどの花が下向きに多数咲く[3]。花は淡黄色で壺状の5弁花で、インスタントラーメンの粉末スープや都市ガスのような独特の強い芳香を放つ[3]。果期は10 - 12月[3]

分布・生育地[編集]

日本本州(岩手県、秋田県以西)、四国九州沖縄と、日本国外では、朝鮮半島南部に分布する[3]。目立たないが非常に数が多く照葉樹林ではどこの森にも生えている。低木層にでるが、直射光にも強く、伐採時などにもよく残る。また、栽培されていることも多い。

この植物の性的なシステムについては実はよくわかっていない。雌雄異株と図鑑に記されていることがあるが、実際には雄花と雌花の他に両性花があり、個々の株ではこのどれかだけをつけるものは多くないらしい。現時点ではその現象そのものが把握できておらず、仕組みなどは未だに不明。

文化[編集]

ホソバヒサカキの別名のほか[2]、ビシャコ、ビシャ、ヘンダラ、ササキ、シャシャキなどの地方名がある。

仏壇へのお供え仏さん柴)や玉串などとして、神仏へ捧げるため宗教的な利用が多い[3]。これは、「サカキ」が手に入らない関東地方以北において、サカキの代用としている[3]。名前も榊でないから非榊であるとか、一回り小さいので姫榊がなまったとかの説がある。

花言葉は、「神を尊ぶ」である[3]

近縁種[編集]

ハマヒサカキ

ヒサカキ属にはこのほかに日本に8種(変種を含む)が知られる。多くは南方離島産のものであるが、ハマヒサカキ(Eurya emarginata (Thunb.) Makino )は海岸林に普通な小高木で、潮風や乾燥に強いことから街路樹として用いられることがある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 新しいAPG体系ではモッコク科であるが、古い新エングラー体系クロンキスト体系ではツバキ科としていた[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Eurya japonica Thunb. var. japonica” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年1月14日閲覧。
  2. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Eurya japonica Thunb. f. angustifolia (Koidz.) H.Hara” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年1月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 田中潔 2011, p. 17.

参考文献[編集]

  • 田中潔 『知っておきたい100の木:日本の暮らしを支える樹木たち』主婦の友社〈主婦の友ベストBOOKS〉、2011年7月31日、17頁。ISBN 978-4-07-278497-6 

関連項目[編集]