ヒオドシチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヒオドシチョウ
Nymphalis xanthomelas.jpg
ヒオドシチョウの標本
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目 Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: タテハチョウ科 Nymphalidae
亜科 : タテハチョウ亜科 Nymphalinae
: タテハチョウ族 Nymphalini
: タテハチョウ属 Nymphalis
: ヒオドシチョウ N. xanthomelas
学名
Nymphalis xanthomelas
(Esper, 1781)
和名
ヒオドシチョウ
英名
scarce tortoiseshell
yellow-legged Tortoisehell
large tortoiseshell
亜種
  • N. x. xanthomelas
  • N. x. hazara
  • N. x. modesta
  • N. x. mongolica
  • N. x. japonica
  • N. x. formosana
  • N. x. anna
  • N. x. fervescens

ヒオドシチョウ(緋縅蝶・学名Nymphalis xanthomelas)は、チョウタテハチョウ科タテハチョウ亜科に属するチョウの一つ。

特徴[編集]

翅表はくすんだオレンジ色。和名「ヒオドシチョウ」の名は、戦国時代の武具「緋縅」から付けられた。
翅の裏はルリタテハキベリタテハ同様かなり地味で、雑木林や落ち葉の山で翅を閉じると目立たない。
翅表の模様が似ているが前翅後縁が丸く欠けないことなど、同種はエルタテハとともにキタテハ類と進化上近縁な種である。

分布[編集]

ユーラシア大陸の温帯冷帯のうち、東ヨーロッパから東アジアにかけて広く分布する。

日本では亜種N. x. japonicaが全国に生息する。平地から山地まで至る所で見られる。

生活史[編集]

日本では主にエノキを食樹とする。他地域の亜種はヤナギ属カイノキ属の植物も食べる。年1回、初夏のみ発生する。タテハチョウ科の他の種と同様、この種も成虫として過ごす期間が長く、初夏に発生した個体が同年のを越して次のまで生きのび、その個体が産卵した卵から孵化した幼虫が成長して次世代の成虫が初夏に発生するというサイクルである。
市街地でもエノキがあれば飛来することがある。樹液・獣糞・腐果を好む傾向が強く、花にはほとんど集まらない。

種の保全状況評価[編集]

日本の以下の都道府県で、以下のレッドリストの指定を受けている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本のレッドデータ検索システム(ヒオドシチョウ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年4月22日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]