タテハチョウ亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タテハチョウ亜科 Nymphalinae
Polygonia c-aureum in Higashiyama Zoo and Botanical Gardens.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: タテハチョウ科 Nymphalidae
亜科 : タテハチョウ亜科 Nymphalinae
学名
Nymphalinae
(Swainson, 1827)

タテハチョウ亜科(タテハチョウあか、Nymphalinae)は、アゲハチョウ上科タテハチョウ科を分類する亜科の1つである。

場合によっては、イチモンジチョウ亜科(Limenitidinae)とカバタテハ亜科(Biblidinae)が下位のとしてここに含まれるが、ヒョウモンモドキ族(Melitaeini)はときどき別個の亜科と見なされる。

分類[編集]

タテハチョウ亜科に認識されている族は、次のリストのとおり。[1]

incertae sedis(分類が定まっていないもの):

これらに加えて、Crenidomimas属が時々ここに配置されるが、イチモンジチョウ亜科AdoliadiniEuryphura属に属している可能性がある。

後期始新世化石Lithodryas属がここに属している可能性があるが、一般的にはシジミチョウ科に割り当てられている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Nymphalinae. Funet. Retrieved 2020-SEP-22.