パン・ソニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パン・ソニック
092306 Pansonic14 - original.jpg
基本情報
出身地 フィンランド
ジャンル IDM
エレクトロニカ
活動期間 1993年 - 2010年
レーベル ミュート・レコード
旧メンバー ミカ・ヴァイニオ
イルポ・ヴァイサネン
サミ・サロ

パンソニック(PAN SONIC)はフィンランドを拠点に活動した、IDMエレクトロニカといったジャンルに属するグループである。

経歴[編集]

1993年に結成。初期はミカ・ヴァイニオ (Mika Vainio) とイルポ・ヴァイサネン (Ilpo Väisänen) の2人のメンバーにて構成されていた。1994年に同じくフィンランド人のサミ・サロ (Sami Salo) が加わり3人での活動を始めるが、1996年に兵役のためサミ・サロが去り、2010年の解散まで2人で活動を行った。

音楽的なルーツはスロッビング・グリッスルアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンなどのインダストリアルダブレゲエなど多岐に渡る。彼らの生み出す、緩急自在に変化するビートと電子音を自由自在に加工し歪ませたノイズは、リスナーを激しい音の嵐と静寂が行き交う荒涼とした空間へと誘う。

当初はPanasonicという名前であったが、既にブランド名として使っていたパナソニック(松下電器産業)からのクレームにより現在の名に変更されている。その「抜かさざるを得なかったAの文字」は、1999年のアルバム名に生き残っている。

ファッションショーでの音楽担当を含め複数の来日歴があり、2007年2月にも来日したが、直前になりイルポ・ヴァイサネンがインフルエンザを発病し来日が遅れ、山口市で予定されていたライヴは急遽ミカ・ヴァイニオと灰野敬二との共演となった。パン・ソニックの二人は灰野に対して敬意を表しており、思いがけないところで共演が実現したことになる(なお、のちにヴァイサネンも加わった形で改めて共演し、ライブアルバムを残している。)

なお、解散後2016年にサウンドトラックを発表している。ヴァイニオ、ヴァイサネンの両者は独自に音楽活動を継続し、 今後Vainio/Väisänenとして作品を発表することもありうるとしていた。しかし、2017年5月13日、ミカ・ヴァイニオが急逝したため実現はおそらく不可能となった。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Vakio(1995年)
  • Kulma(1997年)
  • Endless(1998年) ('Vainio Väisänen Vega'名義。スーサイドのアラン・ヴェガ(Alan Vega)との共作)
  • A(1999年)
  • Aaltopiiri(2001年)
  • V(2003年) (カナダで行われたメルツバウとの競演を収めたライブアルバム)
  • Kesto(2004年)
  • Recurrection River(2005年) ('Vega/Vainio/Väisänen(VVV)'名義。アラン・ヴェガとの共作)
  • Nine Suggestions(2005年) ('Duncan/Vainio/Väisänen'名義。ジョン・ダンカン(John Duncan)との共作)
  • Katodivaihe(2007年)
  • Shall I download A Blackhole And Offer It To You (2009年) (灰野敬二との競演を収めたライブアルバム)
  • Gravitoni(2010年)
  • Oksastus(2014年)(ライブアルバム)
  • Atomin Paluu(2016年)(同名の映画のサウンドトラック。公式的にはこれがパン・ソニックとしての「最後」のアルバム)

EP/シングル[編集]

外部リンク[編集]