パリの散歩道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パリの散歩道
ゲイリー・ムーアシングル
収録アルバム バック・オン・ザ・ストリーツ
B面 狂信的なファシスト
リリース 1979年
規格 7インチ・シングル
録音 ロンドン モーガン・スタジオ
ジャンル ハードロックブルースロック
レーベル MCAレコード
作詞・作曲 ゲイリー・ムーア、フィル・ライノット
プロデュース クリス・タンガリーディス、ゲイリー・ムーア
チャート最高順位
  • 5位(アイルランド[1]
  • 8位(イギリス[2]
ゲイリー・ムーア シングル 年表
バック・オン・ザ・ストリーツ
(1978年)
パリの散歩道
(1979年)
スパニッシュ・ギター
(1979年)
テンプレートを表示
パリの散歩道
ゲイリー・ムーアシングル
収録アルバム ブルース・アライヴ
B面 スティル・ゴット・ザ・ブルーズ(ライヴ)
リリース 1993年
規格 7インチ・シングル
12インチ・シングル
CDシングル
録音 1992年10月 ロンドン ロイヤル・アルバート・ホール[3]
ジャンル ハードロックブルースロック
レーベル ヴァージン・レコード
作詞・作曲 ゲイリー・ムーア、フィル・ライノット
プロデュース ゲイリー・ムーア
チャート最高順位
  • 9位(フランス[4]
  • 32位(イギリス[2]
ゲイリー・ムーア シングル 年表
セパレイト・ウェイズ
(1992年)
パリの散歩道
(1993年)
ワン・デイ
(1994年)
テンプレートを表示

パリの散歩道」(原題:Parisienne Walkways)は、北アイルランドギタリストゲイリー・ムーア1978年のアルバム『バック・オン・ザ・ストリーツ』で発表した楽曲。1979年にはシングル・カットされている。また、1993年には、この曲のライヴ・ヴァージョンがライヴ・アルバム『ブルース・アライヴ』からの先行シングルとしてリリースされている。

シン・リジィフィル・ライノットと共作した曲で、共同プロデューサーのクリス・タンガリーディスによれば、ムーアからカセットのデモ録音を聴かされた時点で既に「Parisienne Walkways」というタイトルが付いており、その後ライノットが歌詞を完成させたという[5]。レコーディングにはムーア(ギター)、ライノット(ボーカル&ベース)、ブライアン・ダウニー(ドラムス)が参加した。ムーアはピーター・グリーンから譲り受けた1959年製のギブソン・レスポール・スタンダードを使用している[5]

全英シングルチャートでは11週チャート圏内に入り、最高8位に達した[2]。この曲は、ムーアの生涯において全英トップ10入りした2曲のうちの一つ(もう1曲は1985年の「アウト・イン・ザ・フィールズ」)である[2]

ライヴにおける演奏[編集]

「パリの散歩道」は、ムーアのライヴにおいて頻繁に演奏された。1980年11月にインストゥルメンタルとして演奏されたライヴ音源は、アルバム『ライヴ・アット・ザ・マーキー』(1993年)に収録されている[6]。1981年11月5日にグレッグ・レイクと共演した際のライヴ音源は、レイク名義のアルバム『King Biscuit Flower Hour Presents Greg Lake in Concert』(1995年)に収録された[7]

1993年のライヴ・アルバム『ブルース・アライヴ』からの先行シングルとしてリリースされたライヴ・ヴァージョンは、イギリスやフランスでナショナル・チャート入りしており、フランスでは15週連続でトップ40入りして最高9位を記録した[4]。2003年5月22日のライヴ音源は、アルバム『ライヴ・アット・モンスターズ・オブ・ロック』(2003年)に収録された[8]。2010年7月6日にモントルー・ジャズ・フェスティバルに出演した際のライヴ音源は、アルバム『ライヴ・アット・モントルー2010』(2011年)に収録された[9]

大衆文化における使用例[編集]

1996年公開の映画『The Last of the High Kings』のサウンドトラック(監督:デヴィッド・キーティング)で使用された[10]。また、フィギュアスケート選手の羽生結弦が、『ライヴ・アット・ザ・マーキー』に収録されたヴァージョンを編集したものを2012-2013シーズン、2013-2014シーズンにわたりショート・プログラムで使用した[6]

カヴァー[編集]

脚注[編集]