パシフィカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
パシフィカス
欧字表記 Pacificus
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1981年5月29日
死没 1999年5月4日(18歳没)
ノーザンダンサー
パシフィックプリンセス
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 エドワード・P・テイラー
競走成績
生涯成績 11戦2勝
テンプレートを表示

パシフィカス (Pacificus) はイギリス競走馬。競走馬としては活躍できなかったが、繁殖牝馬として日本に輸出されてからは現地で大成功を収め、GI競走3勝を挙げたビワハヤヒデ、史上5頭目のクラシック三冠馬ナリタブライアンなどを産んだ。

ノーザンダンサー20世紀を代表する種牡馬である。同馬の項を参照。母パシフィックプリンセスはG1競走デラウェアオークス優勝馬で近親には活躍馬多数、JRAGI3勝のファレノプシスに、日本ダービー優勝馬のキズナにあたる。

パシフィカスは早田光一郎1989年12月イギリス・ニューマーケット(Newmarket)で開かれたディセンバーセールで購入した繁殖牝馬である。ノーザンダンサー血統も悪くなく8歳と若かったが、パシフィカス自身および産駒の競走成績が芳しくなかったこと、セールの際に無名種牡馬シャルードの仔(のちのビワハヤヒデ)を受胎していたことから、3万1000ギニー(約520万円)の安値で購入された。

日本へ輸入されたのちはビワハヤヒデ、ナリタブライアンと相次いで活躍馬を輩出、その後ビワタケヒデも兄2頭には及ばないもののラジオたんぱ賞に勝つなど活躍した。その他の産駒にビワカレン、ビワビーナス、ビワタイテイ、スペリオルパール、ビワパシフィカスがいる。1999年5月4日ビワパシフィカスを産んだ際に子宮破裂を起こし死亡。死後は土葬が行われた。

繁殖成績[編集]

※日本輸入後のみを記す

生年 馬名 戦績 主な勝利競走
1990 ビワハヤヒデ シャルード 16戦10勝
1991 ナリタブライアン ブライアンズタイム 21戦12勝
1993 ビワカレン フェアジャッジメント 3戦0勝
1994 ビワビーナス トニービン 25戦3勝
1995 ビワタケヒデ ブライアンズタイム 11戦3勝
1997 ビワタイテイ ブライアンズタイム 13戦1勝
1998 スペリオルパール ティンバーカントリー 不出走
1999 ビワパシフィカス ブライアンズタイム 4戦0勝

血統表[編集]

パシフィカス血統ノーザンダンサー系 / Nearco4x5=9.38%) (血統表の出典)
父系

Northern Dancer 1961
父の父
Nearctic 1954
Nearco 1935 Pharos 1920
Nogara 1928
Lady Angela 1944 Hyperion 1930
Sister Sarah 1930
父の母
Natalma 1957
Native Dancer 1950 Polynesian 1942
Geisha 1943
Almahmoud 1947 Mahmoud 1933
Arbitrator 1937

Pacific Princess 1973
Damascus 1964 Sword Dancer 1956 Sunglow 1947
Highland Fling 1950
Kerala 1958 My Babu 1945
Blade of Time 1938
母の母
Fiji 1960
Acropolis 1952 Donatello 1934
Aurora 1936
Rififi 1952 Mossborough 1947
Khanum 1944 F-No.13-a
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]