バッド・レピュテイション〜悪名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バッド・レピュテイション〜悪名
シン・リジィスタジオ・アルバム
リリース
録音 1977年
ジャンル ハードロック
時間
レーベル ヴァーティゴイギリスの旗
マーキュリー・レコードアメリカ合衆国の旗
プロデュース シン・リジィ、トニー・ヴィスコンティ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 4位(イギリス)[1]
  • 9位(スウェーデン)[2]
  • 13位(ノルウェー)[3]
  • 39位(アメリカ)
シン・リジィ 年表
サギ師ジョニー
(1976年)
バッド・レピュテイション〜悪名
(1977年)
ライヴ・アンド・デンジャラス
(1978年)
テンプレートを表示

バッド・レピュテイション〜悪名』(原題:Bad Reputation)は、アイルランド出身のハードロックバンドシン・リジィ1977年に発表した8作目のアルバム。

解説[編集]

バンドが不安定な状況で制作された作品で、大半の楽曲では、ギター・パートはスコット・ゴーハム1人のオーバー・ダビングにより録音された。ブライアン・ロバートソンは、クレジットによれば3曲にしか参加しておらず[4]、ジャケットもロバートソンを除いた3人の写真が使用された。

全英アルバムチャートでは4位に達し、バンドにとって2度目のトップ10入りを果たした[1]。本作からのシングル「ダンシング・イン・ザ・ムーンライト」は、全英14位に達した[1]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はフィル・ライノット作。

  1. ソルジャー・オブ・フォーチュン - "Soldier of Fortune" - 5:18
  2. バッド・レピュテイション - "Bad Reputation" (Brian Downey, Scott Gorham, Phil Lynott) - 3:09
  3. オピウム・トレイル - "Opium Trail" (B. Downey, S. Gorham, P. Lynott) - 3:58
  4. サウスバウンド - "Southbound" - 4:27
  5. ダンシング・イン・ザ・ムーンライト - "Dancing in the Moonlight (It's Caught Me in Its Spotlight)" - 3:26
  6. 理由なき暗殺者 - "Killer Without a Cause" (S. Gorham, P. Lynott) - 3:33
  7. ダウンタウン・サンダウン - "Downtown Sundown" - 4:08
  8. 性悪女 - "That Woman's Gonna Break Your Heart" - 3:25
  9. ディア・ロード - "Dear Lord" (S. Gorham, P. Lynott) - 4:26

カヴァー[編集]

参加ミュージシャン[編集]

ゲスト・ミュージシャン

脚注[編集]