ハンヌ・ティヒネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハンヌ・ティヒネン Football pictogram.svg
Hannu Tihinen.jpg
名前
ラテン文字 Hannu Tihinen
基本情報
国籍  フィンランド
生年月日 (1976-07-01) 1976年7月1日(41歳)
出身地 ラッピ県ケミンマー
身長 190cm
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1996 フィンランドの旗 PSケミ 77 (12)
1997-2000 フィンランドの旗 HJK 65 (8)
2000-2002 ノルウェーの旗 バイキング 71 (8)
2001 イングランドの旗 ウェストハム (loan) 8 (0)
2002-2006 ベルギーの旗 アンデルレヒト 101 (14)
2006-2010 スイスの旗 チューリッヒ 116 (9)
代表歴
1997-2010 フィンランドの旗 フィンランド 76 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ハンヌ・ティヒネンHannu Tihinen, 1976年7月1日 - )は、フィンランドケミンマー出身の元同国代表の元サッカー選手

ティヒネンは、フィンランド, ノルウェー, イングランド, ベルギー, スイスのクラブでプレーしてきた。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ティヒネンは、1997年にヴェイッカウスリーガHJKヘルシンキへ移籍する前に下部リーグのパロセウラ・ケミ・キングスでキャリアを開始した。HJKでは、1度リーグ優勝とフィンランドカップ優勝の2冠を達成し、UEFAチャンピオンズリーグ 1998-99を経験した。その後、2000年にエリテセリエンバイキングFKへ移籍した。バイキングで2年半過ごした中、プレミアリーグウェストハム・ユナイテッドFCで短期間レンタルを経験した。ウェストハムでは、2000-01シーズンのFAカップマンチェスター・ユナイテッドFCに1-0と大金星を挙げた試合でプレーしていた。[1]2002年にジュピラーリーグの名門RSCアンデルレヒトへ移籍した。ベルギーでは4年過ごし、2度リーグ優勝をした。チームとの契約が満了した2006年夏に、FCチューリッヒと3年契約を結んだ。ティヒネンは、そこでキャプテンを務め2006-07, 2008-09シーズンと2度リーグ優勝をした。

2009年9月30日に、UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10のグループリーグCのACミラン戦で試合開始10分にミラン・ガイッチ英語版のCKからヒールでゴールを決めた。これが決勝ゴールとなり、チームは大金星を挙げた。[2]

2010年5月7日に、ティヒネンは主に頭部負傷の理由から2009-10シーズン終了後に引退することを発表した。2010年5月16日に、ヌーシャテル・ザマックスとアウェーで3-3で引き分けた試合が最後になった。[3]引退後は助監督としてチームに残ることとなった。[4]

クラブレベルで数々のタイトルを獲得してきたこと、代表レベルでは76キャップを記録し、UEFA欧州選手権予選とFIFAワールドカップ予選を戦ってきたことが讃えられて2011年1月11日に、特別賞が授与された。[5]2012年2月9日には、選手協会の新会長になった。[6]

2012年にフィンランドサッカー協会の会長を務めていたサウリ・ニーニスト同国大統領に就任しポストが空いたため、35歳になったティヒネンは、2012年4月13日にフィンランドサッカー協会の会長戦に立候補をすることを表明した。[7][8]

代表[編集]

1999年6月5日のトルコ代表戦でフィンランド代表デビューをし、その試合でゴールを決めた。2000年代の殆どをサミ・ヒーピアとCBのコンビを組んでいた。

代表での得点[編集]

スコア欄はフィンランドの得点を左側に記している
# 日付 場所 相手 スコア 結果 大会
1. 1999年6月5日 ヘルシンキ  トルコ 2–4 敗北 UEFA EURO 2000予選
2. 2001年8月15日 ヘルシンキ  ベルギー 4–1 勝利 親善試合
3. 2002年10月12日 ヘルシンキ  アゼルバイジャン 3–0 勝利 UEFA EURO 2004予選
4. 2005年9月7日 タンペレ  マケドニア 5–1 勝利 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
5. 2009年9月5日 ランカラン  アゼルバイジャン 2–1 勝利 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選

ヘルメット[編集]

ティヒネンは、キャリアの間に何度も頭を負傷した。そのせいで最後のシーズンはヘルメットを着用してプレーした[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ "Di Canio sinks Man Utd"
  2. ^ ミラン、ティヒネンの一発にまさかの黒星
  3. ^ "Hannu Tihinen hyvästeli viheriöt"
  4. ^ "Hannu Tihinen lopettaa peliuransa - siirtyy johtoportaaseen"
  5. ^ "Hannu Tihiselle erikoispalkinto"
  6. ^ "Hannu Tihisestä jalkapallon Pelaajayhdistyksen uusi puheenjohtaja"
  7. ^ "Hannu Tihinen mukaan Palloliiton puheenjohtajakisaan"
  8. ^ "Hannu Tihinen pyrkii Palloliiton johtoon"

外部リンク[編集]