ハマド・タウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハマド・タウン
Madīnat Ḥamad مدينة حمد
Hamad Town
—    —
ハマド・タウンの位置(バーレーン内)
ハマド・タウン
ハマド・タウン
ハマド・タウンの位置
座標: 北緯26度6分46秒 東経50度30分50秒 / 北緯26.11278度 東経50.51389度 / 26.11278; 50.51389
バーレーン
北部県
設置 1984年
人口 (2012年)
 - 計 133,550人

ハマド・タウンアラビア語: مدينة حمدMadīnat Ḥamad英語: Hamad Town)は、バーレーン北部県の都市。 現在在位中のハマド・ビン・イーサ・アール・ハリーファ国王に因む。 シーア派スンニ派を含めて文化的多様性が高い。 多数派民族の存在しない現在のバーレーンの縮図になっている。

1991年、リファー及び南部区アラビア語版英語版より離れて単独の地方自治体を形成したが、2002年に北部県へ編入されて、現在に至っている。

歴史[編集]

1984年、ハマド・タウンは高騰する家賃に対応出来ない国民の為に「住宅都市」として設置された。また、政府庁舎が設置された。

1990年、バーレーンは湾岸戦争で難民になったクウェート人を受け入れた。難民はハマド・タウンで無料の住宅や学校教育等を与えられた。

1991年初頭、戦争終結に伴って、クウェート人は住宅を返却し帰国した。

2001年、無料の公営住宅が設置された。

地理[編集]

ハマド・タウンは首都マナーマから18km、バーレーン国際空港から19km離れている。 中東最大のF1競技場のバーレーン・インターナショナル・サーキットが位置するサキール地区が近い。 サキール地区にはバーレーン大学が有る。 22の環状交差点を持ち、住所は最寄りの環状交差点に基づいて割り振られる。

経済[編集]

首都マナーマで勤務する住民が多い。 殆どが居住地区である。

脚注[編集]