中部県 (バーレーン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
المحافظة الوسطى
Al-Muḥāfaẓat al-Wusṭā
中部県
バーレーンの旗 バーレーン
2002年 - 2014年

中部県の旗

ロゴ

中部県の位置
知事 Mubarak Bin Ahmed Al Fadel
歴史
 - 設置 2002年7月3日
 - 廃止 2014年9月25日
面積
 - 2010年 85 km2 (33 sq mi)
人口
 - 2010年 326,305 
     人口密度 3,838.9 /km2  (9,942.7 /sq mi)

中部県アラビア語: المحافظة الوسطى‎ ラテン文字転写:Al-Muḥāfaẓat al-Wusṭā、英語: Central Governorate)は、バーレーンにかつて存在した県である[1]。バーレーン島東部の中央付近に位置していた。主な都市はリファーイーサ・タウンシトラである。2010年国勢調査時の人口は32万人で、同国で最も人口が多い首都県(36万人)に匹敵するほどであった。

2002年の行政区画再編時にイーサ・タウンシトラ英語版リファー及び南部区英語版(一部)の3行政区(基礎自治体)より成立する。だが2014年に行われた新選挙区の策定時に、中部県と接していた首都県、北部県南部県の3県に分割・編入される形で消滅した[2]

脚注[編集]

  1. ^ Statoids.com/Governorates of Bahrain (英語)
  2. ^ Gulf Daily News/Central Governorate dissolved (英語)