ムハッラク県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ムハッラク県
Muḥāfaẓat al-Muḥarraq محافظة المحرق
—    —
県証
ムハッラク県の位置
バーレーン
行政
 - 県知事 サルマーン・ビン・イーサー・ビン・ヒンディー(Salman bin Isa bin Hindi[1] / سلمان بن عيسى بن هندي[2])
等時帯 アラビア標準時 (UTC+3)

ムハッラク県(むはっらくけん、アラビア語: محافظة المحرقMuḥāfaẓat al-Muḥarraq英語: Muharraq Governorate)はバーレーンの県。 2014年の人口は約21.6万人だった。 面積は57km2。 ムハッラクムハッラク島から成る。 ムハッラク中心部には王国最古の居住地が有り、バーレーン人地主に使役される労働者が住んでいた。 シャイフ・イーサー・ビン・アリー・ハウス[3]バードギールアラード要塞アラビア語版英語版[4]が有名である。 政府はこれらの歴史遺産の修復に十分な予算を割り当てていないと責められている。 地域相談員のマジード・カリーミーは2005年にイスラム国際会議に出席した。 アル・ウェファーク(en:Al Wefaq)は「この地域での離婚率が上がっている事への対策」として、「下着を着たマネキン人形を禁止」する事を決定した。 アル・メンベル・アル・ワタニー・アル・イスラーミー・ソサエティーアラビア語版英語版[5]地域相談員のサーレフ・アル・ジョウデルは、2006年の選挙で議席を得た。 ムハッラク島にはバーレーン国際空港が有る。

脚注[編集]

  1. ^ Muharraq Governor stresses keenness to optimise services | DT News Bahrain (英語) - 2016年4月2日
  2. ^ محافظ المحرق يشيد بالعلاقات البحرينية الباكستانية | وكالة أنباء البحرين (アラビア語) - 2016年4月23日
  3. ^ バーレーン文化遺産局の公式ウェブサイトبيت الشيخ عيسى بن علي (アラビア語)Sheikh Isa Bin Ali House (英語)より、アラビア語の長母音を残しつつ英文名称に基いてカナ表記。
  4. ^ バーレーン王国大使館 : 観光スポットのカナ表記に基く。
  5. ^ 公式ウェブサイトجمعية المنبر الوطني الإسلامي – جمعية سياسية – مملكة البحرين (アラビア語)の右上のロゴより、アラビア語の長母音を残しつつ英文名称に基いてカナ表記。

座標: 北緯26度15分 東経50度37分 / 北緯26.250度 東経50.617度 / 26.250; 50.617